Randezvous / ランデヴー (Bruce Springsteen / ブルース・スプリングスティーン) 1988



I had a dream
My love would last forever
I had a dream
Tonight my dream come true
And if you'll hold me tight
We'll be riders on the night
Oohh, rendez-vous,
I want a rendez-vous

夢を見た
俺の愛が永遠に続く夢を
夢を見た
今夜 俺の夢は実現するんだ
おまえが俺をぎゅっと抱きしめてくれたら
俺たちは夜を駆けていけるんだ
ああ ランデヴー
俺が欲しいのはランデヴー

Haven't I told you, girl,
How much I liked you
I got a feeling that you liked me, too
And if you'll hold me tight
We'll be riders on the night
Oohh, rendez-vous,
I want a rendez-vous

おまえに言ったかな
どれだけおまえが好きかって
おまえも俺が好きだって感じてるよ
俺をぎゅっと抱きしめてくれ
そしたら俺たちは夜を駆けていける
ああ ランデヴー
俺が欲しいのはランデヴー

You deserve so much more than this, girl
'Cause I'm running on the power
And living on the promise
In your last kiss

おまえには これよりもっといいものをやれる
だって俺には力がみなぎってるし
約束を果たすために生きてるのさ
おまえのさっきのキスのおかげでね

Because I had a dream
My love would last forever
I had a dream
Tonight my dream come true
And if you'll hold me tight
We'll be riders on the night
Oohh, rendez-vous,
I want a rendez-vous

だって夢を見たんだ
俺の愛が永遠に続く夢
俺の見た夢
今夜 その夢が実現するんだ
おまえが俺をぎゅっと抱きしめてくれたら
俺たちは夜を駆けていける
ああ ランデヴー
俺が欲しいのはランデヴー

(Bruce Springsteen)

Released in 1988
From The Album"Tracks"

brucetracks.jpg

 10月の月イチ・ブルースは"ランデヴー"。
ボスのライヴではおなじみのこの曲はずっとレコード化(CD化)されてきませんでした。元は「Darkness On The Edge Of Town(闇に吠える街)」のセッションにて作られた曲です。CDには1998年のレアトラックを集めた4枚組セット「Tracks」で初めて収録されました。

8b55268f.jpg

とは言うものの、CD化されたのはライヴテイク(1980年12月31日のもの)。スタジオでのバージョンはその後、2011年の「The Promise~The Lost Sessions」の発売まで待たされました…。

◆歌詞はとてもシンプル。"おまえとのランデヴーが待ち遠しいよ"っていう想い。
"ランデヴー"って、待ち合わせ、会合、デート、会談の意味のフランス語ですね。
ふだん働き尽くめだからこそ、みんな"ランデヴー"を夢見て頑張ってるんだ。

You deserve so much more than this, girl
'Cause I'm running on the power
And living on the promise
In your last kiss

おまえには これよりもっといいものをやれる
だって俺には力がみなぎってるし
約束を果たすために生きてるのさ
おまえのさっきのキスのおかげでね


月並みですが"おまえを幸せにしてやる"っていう約束。
そしてこの間の"おまえとのキス"...力が湧いて出てくるオレ(^▽^;) 単純で、愛らしいですね!

確かにここまで楽天的な曲はアルバム"闇に吠える街"には合わないな。だから"The River"に収録…とするとB面"Out In The Street"や"Crush On You"あたりなら,,,と思いますが、同じような感じの曲ばかりになっちゃうので外した…って感じかな。
"Born To Run"から"Darkness On The Egge Of Town"、そして"The River"。この頃のボスの曲づくりのエネルギー、パワーは尽きるモノがないですね。まだまだいい曲沢山あります。

bs-chapterverse-640x640.jpg

◆ブルースが自身の半生を初めて自ら綴った自伝「ボーン・トゥ・ラン ブルース・スプリングスティーン自伝(原題:Born To Run)」の発表に合わせて、自らの歴史の中で重要作を選んだ自叙伝的なアルバム『Chapter & Verse』が67歳の誕生日となる9月23日に発売されました(自伝は9月27日に全世界同時発売)
↓↓↓↓↓


◆こちらが"ランデヴー"スタジオヴァージョン。やっぱり疾走感がなくなってこじんまりまとまっちゃった感じだな。
↓↓↓↓↓


◆ゲイリー・US・ボンズもカバーしています。
↓↓↓↓↓


◆アルバム"Tracks"より"Where The Bands Are"。このほとばしる熱気!
↓↓↓↓↓


(この曲を購入)amazon.co.jp
18TRACKS~The Best of"TRACKS"
ブルース・スプリングスティーン

41Pz9xkl7AL.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント