Then Came You / 愛のめぐり逢い (Dionne Warwick & The Spinners / ディオンヌ・ワーウィック&スピナーズ) 1974



Ever since I met ya,
Seems I can't forgetcha
The thought of you
keeps runnin' through the back of my mind

あなたと出会ってから
忘れることができないみたい
あなたへの想いが
私の心の奥で走りまわってるの

Every time I'm near ya,
I get that urge to feel ya
Just touchin' you and lovin' you
makes ev'rything right

あなたのそばに行くたびに
あなたを感じたくてたまらない
あなたにふれて あなたを愛すること
そしたらすべてがうまくいくわ

(Tell me how ya feel, baby)
(どう感じてるんだい ベイビー)

I never knew love before (oh no)
then came you, you,
then came you
I never knew love before,
then came you
then came you
You

愛なんて全然わからなかったの
そしたらあなたが来てくれた
あなたがやってきたの!
人を愛したこともなかったの
そしたらあなたに会えたのよ
あなたがやってきたの!
そうあなたよ

Now that I've found ya,
how did I live without ya?
(I don't know, baby)
It's plain to see
you're all I need to satisfy me

あなたと出会えたいま 思う
あなたなしでどうして生きてこれたかって
(僕はわからないよ ベイビー)
それははっきりしているわ
私を満たしてくれるのはあなたしかいない

I'm so darned proud of ya,
I wanna sing about ya
(Sing it, sing it, sing it, baby)
You oughta know you made love grow,
by touching my hand

私はすごく誇りに思ってる
あなたとの出会いを歌いたいの
(歌ってくれよ ベイビー)
あなたは知らなきゃダメよ
愛は あなたの触れあいが
育ててくれるものなんだってことを

Oh, uh, oh I never knew love before,
then came you (you),
then came you, ooh
I never knew love before,
then came you (ooh, ooh, ooh),
then came you
Hey, hey, hey, then came you

ああ ああ 愛なんて知らなかったの
そのときあなたがやってきた
そのときあなたと出会ったの
人を愛したことはなかったの
そのときあなたが現れた
そのときあなたが来てくれた
Hey hey hey そのとき あなたが

Whoa, oh, uh, oh, oh, oh
I never knew love before,
then came you, then came you
I never knew love before,
then came you (you, ooh, ooh)
then came you

Whoa, oh, uh, oh, oh, oh
I never knew love before,
then came you (hey, hey)
then came you, you
I never knew love before
(hey) then came you
(With your lovin' touch)
you-ooh-ooh then came (yeah)(hey, hey)

ああ ああ
愛なんて知らなかったわ
そのとき あなたが来てくれた
そのとき あなたと逢えたのよ
愛なんてわからなかった
そのとき あなたが来てくれた
そのとき あなたと出逢えたの
(優しい愛のふれあいで)
ああ そのとき 来てくれたの

Oh, uh, no I never knew love before
(I got to hand it to you, baby)
then came you

ああ 愛なんて知らなかったの
(きみのおかげだよ ベイビー)
そのとき あなたが来てくれた!

Writer(s)
Sherman Marshall: Philip Pugh

get the urge to ~したい衝動にかられる、~したくなる【
darn=(スラング的な表現)=よい意味でも、悪い意味でも強調の表現
cf.I have to hand it to you.=お前には恐れ入るよ(人に褒め言葉を贈る)

Released in 1974
US Billboard Hot100#1(1)
From The Album"Then Came You"

images42FFSIY5.jpg

ディオンヌ、そしてスピナーズの初の全米No1ヒットがこの曲"Then Came You"。
邦題は"愛"だったか"恋"だったかちょっと迷った末に"愛のめぐり逢い"だったっけなと思い出します(^▽^;)。なぜかというと、ディオンヌの1979年のヒット"Deja Vu"に"恋にめぐり逢い"というタイトルを日本のレコード会社が付けたからです。

◆"Then Came You"はディオンヌのボーカルとスピナーズの男性コーラスの絡みが楽しく、愛を知った女性の歓びがあふれた素敵な曲ですよね。和訳する前は「女⇒男」への一方的なラブラブ攻撃の歌かなと思っていたのですが、最後の最後に男の方が「I got to hand it to you, baby」と歌います。これは相手への褒め言葉、"いやいやきみのおかげさ"、って入ってるのが今回の発見です。彼の方も"人を初めて愛するって知った"のは彼女のおかげだったのかも…!

_Then_Came_You__Dionne_Warwick_Spinners.jpg

◆"Then Came You"は正しい並べ方をすれば、"Then you came"でしょうね。"あなたが来てくれた!"の"came"を強調したい「倒置」が行われた文ですね。なおかつ"そのとき"の"Then"も文頭についてるので"そのとき来てくれた!あなたが"ってことでしょうね。
「私からあなたに会いに行った」のではなく「あなたが来てくれた」ことを強調してるってことは、自分から人と会ったりすることなどしないインドアな性格だったのでしょうね。和訳もそのあたりを大切にして訳したつもりです。

◆この大ヒット曲の仕掛け人はトム・ベル。ソングライターとしてもプロデューサーとしても実力のある人物。フィリー・ソウルのブームを作った一人ですね。曲では例えば、スタイリステックスの"You Make Me Feel Brand New(誓い)"などは彼の手によるものです。
 ディオンヌはバート・バカラック&ハル・デヴィッドの作品を歌い、1970年代最初の頃にはトップ10ヒットを8枚出しました。でも、その後レコード会社をワーナーに移してからはヒットが出ず苦しんでいたところでした。
 トムはアトランティックレコードスピナーズのプロデュースをしていました。スピナーズはモータウンではヒットがない2級線のアーチストとして扱われていたので、トムはスピナーズの名前も売ろうとディオンヌに共演の話を持ちかけたところ、ディオンヌ側もちょうどよかったのかもしれません。ディオンヌは5週間に渡るサマー・シアター・ツアーの前座にスピナーズを指名し、スピナーズはラスヴェガスのステージにて立つことができました。
 この曲"Then Came You"は2つのアーチストの個性が生きた曲だなと思っていましたが、その黒幕!にトム・ベルがいたのを知って「なるほど!」と思わされましたね。

◆こちらこの曲の収録されたディオンヌのアルバム「Then Came You」のジャケット。"ゴリ子さん"って感じのイラスト、…ディオンヌ、この絵は自分であると認めたのか…書き直しさせなかったのか。(苦笑)

659deliom.jpg

◆"Then Came You"が1位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles Week Ending 26th October, 1974

先週1位のビリー・プレストン「Nothing From Nothing」は15位へ超高速で落下!ディオンヌ&スピナーズの初No1ヒットは1週のみの天下。翌週はこの週2位のスティービーの「悪夢」が首位に立ちます。3位バックマン・ターナー・オーヴァードライヴ「恋のめまい」。ベベベベイビ~好きだな~。5位はエルトン「あばずれさんのお帰り」。9位マック・デイヴィス"Stop And Smell The Roses"のタイトル。直訳は「止まって、バラの匂いを嗅いでみよう」ですが、"あくせくしないで身近な物の美を味わおう"=人生は一度しかないので、楽しく生きていこう!って意味らしい。10位オズモンズ「愛ある世界を求めて」。

-1 2 THEN CAME YOU –•– Dionne Warwick and the Spinners
-2 3 YOU HAVEN'T DONE NOTHIN’ –•– Stevie Wonder
-3 17 YOU AIN'T SEEN NOTHING YET –•– Bachman-Turner Overdrive
-4 5 JAZZMAN –•– Carole King
-5 6 THE BITCH IS BACK –•– Elton John
-6 8 CAN'T GET ENOUGH –•– Bad Company
-7 9 STEPPIN' OUT (Gonna Boogie Tonight) –•– Tony Orlando and Dawn
-8 15 SWEET HOME ALABAMA –•– Lynyrd Skynyrd
-9 11 STOP AND SMELL THE ROSES –•– Mac Davis
10 10 LOVE ME FOR A REASON –•– The Osmonds

◆ディオンヌとスピナーズが"Solid Gold"で共演!(1985)*ちょっと音が小さいです。
↓↓↓↓↓


◆スピナーズと共演するのはテイラー・デイン!("Love Will Lead You Back"の全米No1ヒットがある実力派シンガーです)
↓↓↓↓↓


◆これはディオンヌの日本公演(1987)からかな。なんかやっぱディオンヌには男性コーラスと一緒に歌って欲しい感じです(^▽^;)
↓↓↓↓↓


◆研ナオコさんじゃありませんよ。ディオンヌの1979年のヒット"Deja Vu"。この曲の邦題はなんと"恋にめぐり逢い"。"愛の"と"恋に"の違い。紛らわしいわ!(-_-)
↓↓↓↓↓


(この曲を購入)amazon.co.jp
グレイテスト・ヒッツ1962-1987
ディオンヌ・ワーウィック

418KKWBRK8L.jpg


The Very Best of Spinners Import
スピナーズ

51FSWSR2GCLX425_.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント