I Want To Be Your Man / ウォナ・ビー・ユア・マン (Roger / ロジャー) 1988



Hey, lady, let me tell you why
I can't live my life without you (Oh, baby)
Every time I see you walkin' by,
I get a thrill
You don't understand, but in time you will
I must make you understand

ヘイ レディ 教えてあげる
僕はきみなしで生きてはいられないんだ
きみが横を通り過ぎるのを見るたび
僕はドキドキしちゃうんだ
きみはわかってないけど いずれわかる
僕がきみにわからせなくちゃ

I want to be your man
 (I want to be your man)
I want to be your man
 (Yes, I do, baby)
I want to be your man
 (I want to be your man)
I want to be your man
 (I want to be your man)

きみの彼氏になりたいんだ
(きみの男になりたいよ)
きみの彼氏になりたいんだ
(ああそうさ ベイビー)
きみの彼氏になりたいんだ
(きみの男になりたいよ)
きみの彼氏になりたいんだ
(きみの男になりたいよ)

Better not pass me by
'Cause if you do
you'll lose a good thing (Oh, baby)
'Cause what I've got to say
Is sealed with a kiss
and a wedding ring (Wedding ring)

知らずに通り過ぎない方がいいよ
だってそうしたらきみは
せっかくのいいものを見過ごすことになる
俺が言いたいことはキッスで封印
結婚指輪もおあずけさ

My mind is blind,
at times I can't see anyone but you
Those other girls don't matter,
no, they can't spoil my view
I must make you understand

見えなくなっちゃうんだ
ときどき きみ以外 誰も見えない
他の女のコたちなんてどうでもいいのさ
いや 目障りってことはないけどね
僕がきみにわからせなくっちゃ

I want to be your man
 (I want to be your man)
I want to be your man
 (Yes, I do, baby)
I want to be your man
 (I want to be your man)
I want to be your man
 (I want to be your man)

きみの彼氏になりたいんだ
(きみの男になりたいよ)
きみの彼氏になりたいんだ
(ああそうさ ベイビー)
きみの彼氏になりたいんだ
(きみの男になりたいよ)
きみの彼氏になりたいんだ
(きみの男になりたいよ)

Words can never say what I feel
It's too intense
I tried, I tired, I tried,
I tried to tell you how I feel
But I get mixed up (So mixed up)

この気持ち 言葉じゃ言い表せない
とても激しい気持ちなんだ
それでも何度も試みたよ
きみに気持ちを伝えようとしたけど
頭が混乱してしまうんだ(ぐちゃぐちゃに)

My mind is blind,
at times I can't see anyone but you
Those other girls don't matter,
no, they can't spoil my view
I must make you understand

見えなくなっちゃうんだ
ときどき きみ以外 誰も見えない
他の女のコたちなんてどうでもいいのさ
いや 目障りってことはないけどね
僕がきみにわからせなくっちゃ

I want to be your man
 (I want to be your man)
I want to be your man
 (Yes, I do, baby)
I want to be your man
 (I want to be your man)
I want to be your man
 (I want to be your man)

きみの彼氏になりたいんだ
きみの男になりたいのさ…

Songwriters
TROUTMAN, ROGER / TROUTMAN, LARRY
Lyrics © Sony/ATV Music Publishing LLC

in time=いつかは、そのうちに、やがて、
at times=時々, たまに.
spoil the view=目障りになる
intense=強烈な、激しい、非常に強い
get mixed up=頭が混乱する

Released in 1987
US Billboard Hot100#3
From The Album"Unlimited!"

wannabe your

機械が歌う声!?"ア~ア~ウォナビヨ~マン♪"が印象的な曲でしたね。

◆僕が初めてこの機械=トーク・ボックス(トーキング・モジュレーター)を使っているのを見たり聞いたりしたのは、ピーター・フランプトンの「Show Me The Way」でした。いや、もしかしたらチャーの「逆光線」、いやエアロの「やりたい気持ち」だったかも…(^▽^;)←いいカゲンですね。

人間の歌声を機械音に変える仕組みとしては"ボコーダー(Vocoder)"もありますね。E.L.Oが"Sweet Talkin’Woman"、E.W&Fが"Let'S Groove"で使っています。

この2つは同じように混同されることも多いようですが、しくみも全く別物ですね(詳しくはこちら トーキング・モジュレーターのwikipediaにて

300px-Peter_Framptons_Talk_Box.jpg


◆ただし僕が聴いてきたトーク・ボックスを使用する曲は、そのほとんどがイントロなどでギタリストがギターのエフェクトとして使っている場合がほとんどで、この曲のように主たるメロディに載せて、歌声をエフェクトを入れるような曲はありませんでした。その意味でのロジャーの功績は大きいですね!

◆ロジャー・トラウトマンは、オハイオ州ハミルトンで生まれました。兄弟等とファンク・バンド"ザップ(Zapp)"を結成。ザップは1980年代に有望バンドとして注目を浴びるようになりました。ロジャーがトーク・ボックスを使って歌うスタイルはこれまでにない独特のもので、彼の才能も知れ渡りました。

Zapp_band_with_Roger_Troutman.jpg

「ジェームス・ブラウンやPファンクの後継者はプリンスとロジャーである」などと目されたロジャーでしたが、1990年にはバンドで稼いだ資金をもとに建設会社を創業。しかしこの会社は多額の負債を抱えて倒産し、兄弟間に亀裂が入り始めたそうです。バンドの活動も、アフリカン・アメリカンのポピュラー音楽の主流がヒップホップに移っていったことで、1980年代ほどの勢いを継続できなくなってきました。
 1990年代も後半になるとサンプラーの普及により、1980年代のザップの作品が若い世代にまた注目され始めます。しかし、そんななか…悲劇が訪れます。

 1999年の4月、ロジャーは射殺体で発見されます。新聞では兄弟のラリー・トラウトマンによって殺害されたと伝えられています (ラリーは現場から数ブロック先に停めてあった車の車内で死亡しているのが発見された。ロジャー殺害後に自殺を図ったと見られている)。金銭上のトラブルが理由?だという話です…。(享年48歳、ロジャー R.I.P)

 ザップはロジャー亡き後、テリーがロジャー譲りのトーク・ボックスをプレイして、ZAPP名義での通算6作目の「ZAPP VI」をリリース。現在も精力的にライブを中心に活動しています…。

rogeriwanna.jpg

◆歌詞はとくに難解なものはなく"きみの彼氏(男)になりたいんだ"というストレートなものですね。
でも1箇所、ちょっとムムっと思ったのは、

Those other girls don't matter, no, they can't spoil my view

の部分です。"spoil the view"は"視界を損なう"=目障り、という意味ですね。"あの他の女のコ達は関係ないよ。いや、僕の視界を損なう=目障りなんてことはないけどね"って感じで、熱烈なラヴソングではありつつも、ここの部分だけは"きみ一筋だけど、女のコを見るのは嫌いじゃないな、テヘッ(^▽^;)"っておちゃらけてる、もしくは、ここだけロジャーの女のコ好き?をポロッと出しているのかな?なんて思いました。

◆"I Want To Be Your Man"が最高位3位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles For The Week Ending February 13, 1988

ティファニーのバラードが1位。エクスポゼが2位に迫ります(翌週1位)。
ロジャーはこの週の3位が最高位で翌週にはダウンしてしまいます。4位のエリックと10位のパトリック・スウェイジが映画「ダーティ・ダンシング」からのヒットです。

-1 1 COULD’VE BEEN –•– Tiffany
-2 4 SEASONS CHANGE –•– Expose
-3 5 I WANT TO BE YOUR MAN –•– Roger
-4 6 HUNGRY EYES –•– Eric Carmen
-5 7 WHAT HAVE I DONE TO DESERVE THIS? –•– Pet Shop Boys & Dusty Springfield
-6 3 NEED YOU TONIGHT –•– INXS
-7 2 HAZY SHADE OF WINTER –•– The Bangles
-8 8 SAY YOU WILL –•– Foreigner
-9 11 DON’T SHED A TEAR –•– Paul Carrack
10 15 SHE’S LIKE THE WIND –•– Patrick Swayze

◆Zapp And Roger - I Wanna Be Your Man (LIVE)
↓↓↓↓↓


◆トーク・ボックス使用ソング その1 「ショー・ミー・ザ・ウェイ」(ピーター・フランプトン)*めった和訳はこちら
↓↓↓↓↓


◆トーク・ボックス使用ソング その2 「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」(ボン・ジョヴィ)*めった和訳はこちら
↓↓↓↓↓


◆トーク・ボックス使用ソング その3 「やりたい気持ち(Sweet Emotion)」(エアロスミス)
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia ザップ
・Wikipedia ロジャー・トラウトマン
・Wikipedia トーキング・モジュレーター

(この曲を購入)amazon.co.jp

All the Greatest Hits Import
Roger & Zapp ザップ

91rbTSB-yoLSL1500_.jpg

めったPOPS Facebookはこちら
https://www.facebook.com/mettapops/
関連記事

コメント

非公開コメント