【祝! 来日決定】 Victim Of Love / 暗黙の日々 (Eagles / イーグルス)1976



What kind of love have you got?
You should be home, but you're not
A room full of noise and dangerous boys
still makes you thirsty and hot

きみが手に入れた愛ってどんな愛?
家にいるべきなのに いないきみ
騒音でいっぱいな部屋と危険な男たち
きみの喉を渇かせて熱くさせるんだ

I heard about you and that man
There's just one thing I don't understand
You say he's a liar
and he put out your fire
How come
you still got his gun in your hand?

きみとアイツとの話は聞いたけど
ひとつ理解できないことがある
きみはアイツが嘘つきで
アイツへの火は消えたって言うけど
それならどうしてまだ
アイツの銃を手に握ってるの?

Victim of love
I see a broken heart
You got your stories to tell

Victim of love
it's such an easy part
and you know how to play it so well

愛の犠牲者
僕には傷ついた心が見える
きみも言いたいことがあったのに

愛の犠牲者
たやすく演じられる役回りさ
きみは上手な演じ方をわかってるんだ

Some people never come clean
I think you know what I mean
You're walkin' the wire, pain and desire
Looking for love in between

本当のことを話さない人もいる
きみは僕の言いたいことがわかるよね
きみは綱渡りをしてるんだ 苦痛と欲望の
その間にある愛を探してるんだ

Tell me your secrets, I'll tell you mine
This ain't no time to be cool
And tell all your girlfriends,
you "been around the world" friends
that talk is for losers and fools

きみの秘密を教えてよ 僕も教えるから
カッコ良く振る舞ってる場合じゃない
きみの女友だちみんなに伝えることさ
"世界を見て回ってきた"っていう友だち達さ
負け組と愚か者たちへのお話になるね

Victim of love,
I see a broken heart
I could be wrong, but I'm no

Victim of love,
we're not so far apart
Show me,
what kind of love have you got?

愛の犠牲者
傷ついた心は隠せない
間違ってるかもしれないけど
僕はそんなことはしないよ

愛の犠牲者
僕たちはそんなに違ってないさ
教えてくれよ
きみの手にした愛ってどんな愛なの?

Victim of love,
you're just a victim of love
I could be wrong , but I'm not

Victim of love,
now you're a victim of love
What kind of love have you got?
What kind of love have you got?
What kind of love have you got?

愛の犠牲者
きみは愛の犠牲者なんだ
僕は間違ってるかもしれないけど
犠牲者なんかじゃないよ

愛の犠牲者
ああ きみは愛の犠牲なんだ
きみの愛ってどんな愛なの?
きみの愛ってどんな愛なの?
きみの愛って…

(Felder, Henley, Frey, Souther)

put out a fire=消火する, 火事を消す
come clean=真実を話す, 白状する, 泥を吐く

Released in 1976
From The Album"Hotel California"

Hotelcalifornia.jpg

元イーグルスのドン・フェルダーが11月に来日します!(Billboard Live
ドン・フェルダーの顔、イーグルスのときはずっとヒゲ面でしたから、なんかこの顔、慣れないなあ(^▽^;)。

Donfelder 2016
(東京)11/ 7、11 /8
(大阪)11/10、11/12

最近のドンのセットリストを見ると…イーグルスのヒット曲が目白押し!"呪われた夜"も"ホテル・カリフォルニア"も!(この6月にカリフォルニアで行われたステージのセットリストです) *ネタばれ注意


◆ドン・フェルダーはイーグルスのアルバム"On The Border"のセッションの途中でバンドに迎え入れられました。当初は「呪われた夜」の後にバンドを脱退するバーニー・レドンと知り合いだったようですね。イーグルスがカントリーミュージックの方向から厚みのあるヘヴィなバンドサウンドの方向に舵を切る役割を果たしました。
 アルバム「呪われた夜」では、表題曲のギターの音に魅かれましたね~。また収録曲「Visions」ではリード・ボーカルを取っています(イーグルスの曲でドン・フェルダーが歌っている曲はこの一曲だけ、です)
 でも何と言ってもドン・フェルダーと言えば「ホテル・カリフォルニア」でしょう!歌詞はドン・ヘンリーが書いているものの、作曲、コード進行、ギター・ソロ、アレンジなどはドン・フェルダーの手掛けたもの、ってことが今では明らかになっています。

◆ドン・フェルダーはイーグルス解散後、ソロで活動していましたが、1994年の再結成の際も参加しました。しかし2000年に解雇になりました。(当時は、グレン・フレイから「バンドに貢献していない。」と解雇を言い渡されたということになっていましたが、実際の理由は音楽的なことではなく、バンド内の関係で、グレンとドン・ヘンリーの横暴にたいしてドン・フェルダーが不満をもらし続けたことに業を煮やしたグレイの決断でだったと言います)。そして…裁判沙汰に(-_-;)。 2010年には「ドン・フェルダー自伝 天国と地獄 イーグルスという人生」(Heaven and Hell: My Life in The Eagles) 、いわゆる暴露本も発表されました。僕は怖くて読んでいません…(^▽^;)。

71383b8d8cb276d0d0405fb71aa5e429.jpg

◆この曲"Victim Of Love"はドン・フェルダーがメインで曲を書きました。ドン・フェルダーは自分で歌いたかったようですね。しかし、イーグルスのマネージャーが「ドン・ヘンリーに歌わせろ」と指示。ドン・フェルダーもヘンリーの方がボーカリストとしての実力があるのが明らかだ、ということから、身を引いたようですね。最終的には、作者クレジットは「ドン・ヘンリー、グレン、J.Dサウザー」を加えた4人の共作とされています。

"Victim Of Love"って歌詞などではよく出てくる言葉。"愛の犠牲(者)"ってことだけど、このまんま邦題にするのは避けたかったのかな。でもなぜに邦題が「暗黙の日々」…歌詞の物語で言えば、"愛の犠牲になっている彼女。そのことが暗黙になっている日々"を歌った歌ってことなんだろうけど…遠まわしすぎ!

9bee019b5505a7da4ab388a1337452f3.jpg

この曲もギターがいいですよね。"ホテル・カリフォルニア"から加入したジョー・ウォルシュとの"ギター・バトル"もイーグルスのライヴの見どころになりました。ドン・フェルダーがメインのギターで、ジョーがボトルネックでスライド奏法などで絡み合うのはなかなか見もの、聴きモノです。(ところでジョーも来日するんじゃないか!11/11に両国国技館での"The Classic Rock Award 2016"です。ジョーが東京で姿を見せる日は、ドン・フェルダーは大阪公演だな)

...ちょっとこの秋のライヴ観戦は、いろんなアーチストのチケットを頑張って入手(その分、頑張って働いて…)しているので、後で決まったこの来日は参戦できません。日程的にもちょっと用事があるんですよね(-_-;)。
ライヴに行ける人はぜひイーグルスの楽曲など、彼のギターとボーカルに酔いしれてください!

◆1995年の再結成時のライヴ映像ですね。
↓↓↓↓↓

The Eagles - Victim Of Love (1995-New Zealand) 投稿者 olatoniggg

◆ドンのソロ・アルバムから"Girls In Black" 2015年のミルウォーキーでのライヴから。
↓↓↓↓↓


◆こちらも同ミルウォーキーでのライヴから。イントロのギターが!イーグルスの曲"魔女のささやき(Witch Woman)"。
↓↓↓↓↓


◆そしてこちらも…"ホテル・カリフォルニア"だ!ギターソロ、この音なんだよな~。
↓↓↓↓↓


(この曲を購入)amazon.co.jp
ベスト・コレクション <2CDベスト 1800> Limited Edition
イーグルス

7161ev2OrhLSL1315_.jpg
関連記事

コメント

非公開コメント