Damn I Wish I Was Your Lover / アイ・ウィッシュ・アイ・ワズ・ユア・ラヴァー (Sophie B. Hawkins / ソフィー・B.ホーキンス)1992



That old dog has chained you up, alright
Give you everything you need to
live inside a twisted cage
Sleep beside an empty rage

I had a dream I was your hero

あの年上の「犬」野郎は
上手にあなたを鎖で縛り上げ
ねじれたオリのなかで暮らさせるために
なんでも必要なものは与えたのよ
そしてあなたは空ろな怒りに包まれて眠る

アタシは
あなたのヒーローになった夢を見たわ

Damn!
I wish I was your lover
I'd rock you 'til the daylight comes
Made sure you are smiling and warm
I am everything,
tonight, I'll be your mother
I'll do such things to ease your pain
Free your mind, and you won't feel ashamed

ちきしょう!
アタシがあなたの恋人だったなら
朝日がさしてくるまであなたに寄り添って
あなたを絶対に笑顔であたたかく包んであげる
アタシはあなたのすべて 今夜
母親にだってなる
あなたの心を癒してあげるから
恥ずかしがらなくたっていいのよ

Open up on the inside
Gonna fill you up,
Gonna make you cry

心の内側を開いてよ
あなたを満たせてあげるから
そしてあなたを
嬉しさで泣かせてあげたいの

This monkey can't stand
to see you black and blue
I give you something sweet
each time you come inside my jungle book
Or is it just too good?
Don't say you'll stay,
'cause then you go away

アタシは「猿」で あなたの体に
青黒いアザができるのが耐えられない
アタシのジャングル・ブックに入ってくれば
いつでも甘い気持ちを味あわせてあげる
それともそれじゃ 上手く行き過ぎ?
いつまでもそこにいるって言わないで
だってそしたら
あなたは消えてなくなっちゃうわ

Damn, I wish I was your lover
I'd rock you 'til the daylight comes
Made sure you are smiling and warm
I am everything, tonight,
I'll be your mother
I'll do such things to ease your pain
Free your mind,
and you won't feel ashamed

ちきしょう!
アタシがあなたの恋人だったなら
朝日がさしてくるまであなたに寄り添って
あなたを絶対に笑顔であたたかく包んであげる
あなたのすべてになるわ 今夜
母親にだってなる
あなたの心を癒してあげるから
そしたら恥ずかしさもなくなるわ

Shucks,
for me there is no other
You're the only shoe that fits
I can't imagine I'll grow out of it
Damn, I wish I was your lover (oh, yeah)

ああ、もう!
アタシには他に誰もいないの
あなたはアタシにピッタリの靴
サイズが合わなくなるなんて想像できない
腹たつわ!
アタシがあなたの恋人だったらよかった...

If I was your girl, believe me
I'd turn on the Rolling Stones
We could groove along and feel much better
(guess what)
Come, let me in, mm
I could do it forever and ever and ever and ever
Give me an hour to kiss you
Walk through Heaven's door I'm sure
We don't need no doctor to feel much better
Let me in, oh
Forever and ever and ever and ever and ever

アタシがあなたの彼女だったら 信じてね
BGMにはストーンズの曲をかけ
二人ゆっくりくつろいで いい気分になるの
そうよ アタシを受け入れて
アタシは永遠のようにゆっくりと時間をかけて
1時間かけてあなたにキスするの
天国のドアを開けて入っていくのよ
もっと気持ちよくなるのに医者なんていらない
アタシを受け入れて
永遠にね ずっとずっとずっと…

I sat on a mountainside with peace of mind
And I lay by the ocean making love to her
with visions clear
Walked for days with no one near
And I return as chained and bound to you

山の斜面に腰掛けたの 穏やかな気持ちでね
海辺で体を横たえて
はっきりとした思いであのコを愛したわ
何日もの間歩いたの 誰とも会わずに
そしてアタシは戻ってきたわ
鎖につながれて
あなたに縛られてしまったかのように

Damn, I wish I was your lover
I'd rock you 'til the daylight comes
Made sure you are smiling and warm
Damn, I wish I was your lover
I wanna open up,
I'm gonna come inside
I wanna fill you up,
I wanna make you cry

ああんもう!
アタシがあなたの恋人だったなら!
陽がさしてくるまであなたをロックして
絶対にあなたを笑顔にして温かくしてあげる
悔しいわ! あなたの恋人じゃないなんて
心を開いてよ
アタシを迎え入れて
あなたを満たしてあげて
あなたに嬉し涙を流させたいの

Damn, I wish I was your lover
Gettin' on a subway,
and I'm comin' uptown

ちくしょう!
あなたの恋人だったらよかったのに
地下鉄に乗って
アタシは住宅地に向かってる

Damn, I wish I was your lover
Standing on the street corner,
waiting for my love to change

ちきしょう!
アタシがあなたの恋人だったなら...
アタシは街角に立ち
あなたが変わってくれるのを待ってるの

Damn, I wish I was your lover
And I'm feelin' like a school boy,
too shy and too young, oh

ちきしょう!
アタシがあなたの恋人だったらなあ!
まるでアタシはスクールボーイ
恥かしがりやで若過ぎるのよ…

Writer(s)
Sophie B. Hawkins (lyricist and composer)

rage=激怒,憤怒
black and blue=〔人・体の部分が〕あざだらけである
just too good=上出来である
shucks= [不快・失望・じれったさなどを表わして] 《米口語》 ちぇっ!, くそ!, あーあ!, くだらん!
mountainside=山腹
uptown=住宅地区に(商業地区の downtown と対比した語で,主として都心部から離れた所をいう)

Released in 1992
US Billboard Hot100#5
From The Album"Tongues and Tails"

511C3J1gUOLSX425_.jpg

ソフィー・B・ホーキンスのこの曲、1992年当時、なかなか印象的な女性シンガーが登場してきたなあと思いました。全米トップ40ヒットはこの曲と1995年の「As I Lay Me Down」の2曲ですが、

◆邦題は「アイ・ウィッシュ・アイ・ワズ・ユア・ラヴァー」ですが、原題はその前に"Damn,"がつきます。

この"Damn"の意味はというと、"カラオケ"?...違いますね。それは「DAM」。
そう、こんちくしょう、しまった!、くそっ!、弱ったな 等々、「怒り」「不満」「嫌悪」「罵倒」などを表す"ののしり言葉"ですね。

default_a58ffaf18af92ebe022246c4feea819c.jpg

はい、それです。(友情出演:小梅太夫さん)

◆続きまして英文法の時間です。今日のお題は「I wish + 仮定法過去」です。

例文: I wish I was your lover.

この文の「事実」について言い換えてみましょう。

I'm sorry(that)I'm not your lover. ですね。
(あなたの恋人じゃなくて残念に思うわ)

「仮定法」は「現在の事実」の逆のことを言うので、I wishの後ろは「過去形」を使うんですね。
また「I wish+仮定法過去」でbe動詞の過去形は「was」でなく「were」を使うことが多いようです。「was」を使うのは口語(話し言葉)のとき。
"I wish I was your Lover"は主人公のつぶやき(口語)なので"was"を使っているということですな。

◆ソフィーはニューヨークの女性ポップシンガー。80年代はブライアン・フェリーのバンドのパーカッショニストを務めていたようですね。1992年にアルバム"Tongues and Tails」ででヴュー。このアルバムから"Damn I Wish I Was Your Lover"が大ヒットとなります。その後もソニーから3枚のアルバム「Whaler (1994)」「Timbre (1999)」をリリースし音楽活動を続けます。サードアルバム「Timbre」のリリースはセカンドから5年かかりましたが、これは製作の際に、ソニー側がバンジョーの入った曲をアルバムから抜くようにソフィーに指示しましたがソフィーは拒否したので、ソニーが対抗し、発売を遅らせたうえにプロモーションを一切行わなかったようですね(^▽^;)。
 その結果、ソフィーは自身のレーベル"Trumpet Swan Productions"を作ることになりました。2004年にこのレーベルから初のアルバム「Wilderness」をリリース。だいぶ間隔が空きましたが、2012年には5枚目のアルバム"The Crossing"をリリースしています。

 これは知らなかったなあ。2012年にはジャニス・ジョップリンを主人公にしたミュージカルのジャニス役を演じて、絶賛を博したようです!

Sopie Janis



◆この曲の歌詞の物語。こんな設定の歌は初めてでした。女性の主人公とその女性友だち。友だちには付き合っている彼がいて、そいつは彼女の身体にアザをつけるようなDV野郎。そんなヤツじゃなくて、アタシがあなたの恋人だったらよかったのに…!ちきしょう!と歌う歌です(^▽^;)。
 "Damn!"って"ちきしょう!"なんだけど、女の人は"ちきしょう!"って言うのかなと思って、僕のかみさんに聞いてみたところ…『口では言わないけど心のなかで"ちきしょう"って思うことはよくある』と言っていましたので、"ちきしょう"と訳しました。
 ほかにいい言葉があれば誰か教えてください…(^▽^;)

220px-Sophiebhawkins-damniwish1.jpg

さて、この曲の歌詞なのですが、読んでみると…ソフィーってひょっとしてレズビアン?かとも思いました。が、彼女は自分自身を"オムニセクシャル(omnisexual)"であると言っているようです(僕は知らなかったけど)。"オムニセクシャル"とは「全性愛(ぜんせいあい)」。男性/女性の性の分類に適合しない人々も含め、あらゆる人々に恋をしたり、性的願望を抱いたりすること、を言うそうです。

ソフィーは音楽も演技もすごいけど、さらに絵も描くんですね。彼女のWebサイトで作品を見ることができますよ。

◆"Damn, I wish I was your lover"が最高位5位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles For The Week Ending July 11, 1992

この週7位のクリス・クロスが8週のNo1、マライア"I'll Be There"が2週のNo1、サー・ミックス・ア・ロットが5週のNo1など、No1が長くてあまり変わらないと、毎週チェックするのが萎えてきてし、まうんですよね…。特に好きな曲じゃないと(-_-;)。このトップ10だとやっぱり3位のレッチリと5位のソフィー・B・ホーキンスが気に入ってました!ソフィーは残念ながら翌週は12位にダウン。最高位は5位でした。

-1 1 BABY GOT BACK ??? Sir Mix-A-Lot
-2 2 I’LL BE THERE ??? Mariah Carey
-3 3 UNDER THE BRIDGE ??? Red Hot Chili Peppers
-4 5 IF YOU ASKED ME TO ??? Celine Dion
-5 6 DAMN I WISH I WAS YOUR LOVER ??? Sophie B. Hawkins
-6 7 ACHY BREAKY HEART ??? Billy Ray Cyrus
-7 4 JUMP ??? Kris Kross
-8 9 TENNESSEE ??? Arrested Development
-9 8 MY LOVIN’ (YOU’RE NEVER GONNA GET IT) ??? En Vogue ? 10 10 WISHING ON A STAR ??? Cover Girls

◆最初に作成されたこの曲のPV。ちょっと性的に過激?ということでMTVでは流せなくなったようですね…。(それで冒頭のPVが作られたという話です)
↓↓↓↓↓


◆1stアルバムに収録、ボブ・ディランの"I Want You"カバーです。チャート的にはUKで49位の成績でした。それでも1992年に行われたボブ・ディランの30周年 Madison Square Garden concert honoring Dylan's 30th
↓↓↓↓↓


◆セカンドアルバム「Whaler」からのシングル"As I Lay Me Down"。1995年に全米6位になりました。
↓↓↓↓↓


(この曲を購入)amazon.co.jp
Best of Import
Sophie B. Hawkins

b0580611ebcfb100a1c0832ba4a648ea.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント

No title

私がポップスを聴いていない時期にめずらしく買ったアルバムです。印象的な音づくりと妙なタイトルに惹かれたのだと思います。ご本人はあまりヒットを飛ばせなかった、という話は初めて知りました。歌詞をまじまじ見てみましたが、やっぱりわかりません ^^;  深刻な経験がありそう…

おじさんなので近頃のチャート曲にはまったくついていけず、まだ旧来の音楽の形が残っているこの時代はいいなぁと思っています。

No title

ryoさん、コメントありがとうございます!この曲がヒットしたのは90年代ではありますが、まだ80年代の聴かせるボーカル曲って感じでしたね。“ちきしょー”って歌う歌詞も印象的でした。
僕もおじさんなんで最近の曲、特にアーチスト名が覚えられません。ÀフューチャリングBっていうのが、ごっちゃになってしまいます。i podやWALKMANに入れても、Àと別アーチストとして認識されて、アーチストで選択して曲を聴くと出てこない!のも腹立ちますなあ!

そうそう!

ご返事ありがとうございます。
私も "featuring ~ ” ていうのがさっぱりだめです。アーチスト別リストにそういう影響がでるとは気がつきませんでした。(近頃の曲はiPodに入れていないので、そのことを知りません ^^;)

「ちきしょー」の訳出、なかなか踏み切りにくいところがありますよね。しかも、言葉って時代によって変わるから、日本でも当時の女の子の話し言葉は今とだいぶ違うよなぁ、と変なことに気がつきました。翻訳って大変ですよね。これからもがんばってください。

No title

言葉は時代で変わりますよね。
“ヤバイ”も、かっこいい、すごい、とかいい意味になってますよね。
この曲の主人公の気持ちも、
ああ、もう!
じれったい!
って気持ちであるのは間違いないのですが、いい日本語(口語体)が浮かびません(^_^;)。