You Can't Do That / ユー・キャント・ドゥ・ザット (The Beatles / ビートルズ) 1964



I got something to say
that might cause you pain
If I catch you talking to that boy again
I'm gonna let you down
And leave you flat
Because I told you before, oh
You can't do that

おまえを傷つけるかもしれないことを
言わせてもらうよ
もしまたアイツと話してるところを見たら
おまえを泣かせるかもしれないけど
俺はアパートを出て行くぜ
だって前にも言ったよな
そんなことするんじゃないって

Well, it's the second time
I've caught you talking to him
Do I have to tell you one more time,
I think it's a sin
I think I'll let you down
(Let you down)
Leave you flat
(Gonna let you down and leave you flat)
Because I've told you before, oh
You can't do that

そう これで2回目だろう
アイツと話してるのを見かけたのは
もう一度言わなきゃならないって
そんなの罪深いことだぜ
おまえを悲しませることになるけど
俺はもう出て行くよ
だって前に言っておいただろ
そんなことさせないってさ

Everybody's green
Cos I'm the one who won your love
But if they'd seen
You're talking that way
they'd laugh in my face

みんな羨んでるんだ
おまえの愛をゲットしたのは俺だから
でももし みんなが
おまえがあんな風に話してるのを見たら
俺は笑いものだよ

So please listen to me,
if you wanna stay mine
I can't help my feelings,
I'll go out of my mind
I'm gonna let you down
(Let you down)
And leave you flat
(Gonna let you down and leave you flat)
Because I've told you before, oh
You can't do that, oh

だからよく聞くがいい
おまえが俺のものでいたいなら
俺は気持ちを抑えられないよ
頭がおかしくなりそうだ
おまえにゃ悪いけど
俺はもう出て行くぜ
だって前にも言っておいたよな
そんなことしちゃダメだって

You can't do that
You can't do that
You can't do that
You can't do that
You can't do that

Everybody's green
Cos I'm the one who won your love
But if they'd seen
You're talking that way
they'd laugh in my face

みんな妬いているんだ
俺がおまえの愛をゲットしたからね
でももし あんな風にしゃべってる
おまえを見たら
みんな俺の顔を見て笑うだろう

So please listen to me,
if you wanna stay mine
I can't help my feelings,
I'll go out of my mind
I'm gonna let you down
(Let you down)
And leave you flat
(Gonna let you down and leave you flat)
Because I've told you before, oh
You can't do that

だからよく聞いてくれ
俺のものでいたいんならね
気持ちが押さえられないのさ
頭がおかしくなりそうだ
おまえを悲しませるだろうけど
俺はアパートを出て行くぜ
だって前にも言ったことだろ
そんなことやめてくれってな

(Lennon / McCartney)

leave flat=フラット[アパート]を出る
green=(嫉妬しっとなどで)青ざめた,嫉妬深い

Released in 1964
From The Album"A Hard Day's Night"

harddaysnight.jpg

アルバム"A Hard Day's Night"のB面の最後から2曲目。ジョンの飛びっきりカッコいい曲が位置していました。"前にも言ったろ!おまえはそんなことすんな!って"...と付き合っている相手に対して…強気のジョンです(^▽^;)。

◆この曲は「きみ」「僕」じゃなくて、やっぱり「おまえ」「俺」が合う。
だれもが"Green"って最初意味がわからなかったのですが、辞書をひくと"Green"には"嫉妬深い""ねたむ"の意味があり、これが次の"seen"とコーラスで韻を踏んでます。
また"Leave you flat"の"flat"は、イギリスでは"アパート"のこと。"おまえのアパートを出て行くぜ"。
彼女はアイツとどんな風におしゃべりしていたのかな。楽しそうに、キャッキャッと媚を売るような笑い声でもしていたのでしょうかね。それならまあわからんでもないけど、ただ話しているのを見かけた、というだけで「おまえと別れる」なんて言うんじゃ、現代の男女関係においてはあまりにも束縛しすぎ、ではないでしょうか(^▽^;)。
まあ、一度くらい、そんな風に言ってみたいものですが…はい、独り言なので聞き逃してくださいな。
歌詞に見合って、演奏も強気な感じです。間奏のジョンのリードギターもカッコいい!

◆"You Can't Do That"はシングル"Can't Buy Me Love"のB面。それじゃあ沢山の人がシングルを買っただろうから、B面のこの曲を聞いただろうな。シングル盤っていうのはそういう楽しさがありますね。

..."A Hard Day's Night"で3カ月費やしました。さあ、月イチ・ビートルズ企画、来月はどうなる?乞うご期待!(^^)/

◆ポールがこの曲を紹介をする、っていうのがなんかいいな。
↓↓↓↓↓


beatles-cant-buy-me-love.jpg

imagesQ989Q2L9.jpg

761157.jpg



関連記事

コメント

非公開コメント

No title

ビートルズ特集来ましたネ~!9月22日映画『ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years』の全国公開、楽しみです!キャバーン・クラブで活動を始めた1961~62年頃の英国内での姿、1963年ヨーロッパ、1964年米国席巻のワールドツアー、懐かしき時代の熱狂が映像が再現されるんですから!リンゴスターも10月来日予定、実に楽しみです。

(PS)ゴジラ映画特集を公開いたしました~!もし興味があるようでしたら覗いてみてください。

頑張って!

いつも助かります!ありがとうございます!

No title

映画はTrailerだけ見ても、スゴさが伝わってきます!楽しみですねー!
ゴジラの記事、すごいボリュームで圧倒されます!映画は僕の住んでる地域もゴジラとの「決戦場」となってしまったので。複雑な思いで観てました(^_^;)。

No title

いえす、さん、「励まし」ありがとうございます!がんばります!(^^)/

No title

たびたび投稿してすみません。また、気になる曲が…

ビートルズへのインタビューをLPにしてしまったThe Beatles' Storyの第2面のオープニングがこのYou Can't Do Thatでした。途中でフェードアウトしてしまうのですが、オリジナルと異なる派手めのミキシングがされていて、かっこよさ倍増です。もし聞かれたことがなければ是非。第3面のオープニングにもA Hard Days Nightが短めに編集されて入っています。

そういえば、シンガーソングライターの鈴木祥子がライブ番組でこの曲を披露していたのも思い出しました。こちらも個人的にはかっこよかったです。YouTubeにあります。

情報ありがとうございます!

ryoさん、情報ありがとうございます。ビートルズのインタビューレコード派昔売ってたのは知ってましたが、聴いたことはなかったですねー。鈴木祥子さんのバージョンも今度聴いてみます!

情報ありがとうございます!

ryoさん、情報ありがとうございます。ビートルズのインタビューレコードは昔売ってたのは知ってましたが、聴いたことはなかったですねー。鈴木祥子さんのバージョンも今度聴いてみます!

You Can’t Do That

こんにちわ、
お邪魔します、 
三つのヴァース、最後の行は同じで、「You Can’t Do That」ですね。
それが、タイトルにもなっているのですけれど。 
思うのですが、これは、それまでの行の話者とは別なのでは? 
たぶん、言われた側の返事なのではないかと思うのです。 
男が、「他の男と話してるところを見たぞ、今度やったら、ぶん殴る」と言うのに、
女が「そんなことする人じゃないでしょ、ね、」と。 
で、これが何度も繰り返されるのです。 
男は「そんなことする人じゃないでしょ、ね」と言われて、それ以上何も出来ないと言う。 
惨めな感じもするし、コミカルな感じもする歌なのだと思います。 
それと、leave you flat は、アパートに置いて出て行く、かも知れないのですが、 
冠詞も前置詞もないので、形容詞と取って、お前をペッチャンコにしたままにしてやる、の意味かも。 

No title

ノエルカエルさん、おおっこれは目からウロコが落ちるかのようなご指摘、ありがとうございます!実は少々“You Can't do that”の前に入る“オー”が気になっていました。でもこれが、相手の女性のセリフだとすると、ピタッときますね。やっぱりそうなのかな~。leave You flat もflatに前置詞などがないので、アパートではないのかもしれません(^_^;)。こちらもご指摘がただしいのかとも!?勉強になりますな~!