I Just Wanna Stop / アイ・ジャスト・ワナ・ストップ (Gino Vannelli / ジノ・ヴァネリ)1978



For your love

きみの愛のために…

When I think about those nights in montreal
I get the sweetest thoughts of you and me

モントリオールで過ごした
幾夜のことを想い出すと
きみと僕の一番の甘い想い出が
浮かんでくる

Memories of love above the city lights
Ooh, I tried so hard to take it
But oh lord my heart won't make it

街の灯りに浮かぶ恋の記憶
ああ その記憶を忘れようとしたって
僕の心がそれを決してさせないのさ

I just wanna stop
And tell you what I feel about you babe
I just wanna stop
I never wanna live without you babe
I just gotta stop
For your love

この気持ちをただ止めたいのさ
きみに気持ちを伝えたいんだ
もう止めないとダメなんだ
きみなしじゃ生きていたくないんだ
やっぱり止めるんだ
きみの愛のために

For your love
きみの愛のために…

When I think about the way the world must turn
I get the saddest thoughts for you and me

世界が進んでいく向きを考えると
きみと僕の一番の悲しい想い出が甦る

Memories of life and times go on and on
Ooh, I've tried hard to forget it
But of lord my mind won't let it

人生の想い出の時が過ぎていくのさ
ああ 忘れようとしたけれど
僕の心が受け入れてくれないんだ

I just wanna stop
And tell you what I feel about you babe
I just wanna stop
The world ain't right without you babe
I just gotta stop
For your love

もう止めてほしいんだ
きみへの気持ちが押さえられないから
この辛い気持ちをただ止めたくて
きみのいない世界は嘘っぱちなんだ
止めなくちゃならないよ
きみの愛が大切だから

Ooo, I've tried so hard to take it
But oh lord my heart won't make it

ああ 想いを取り払おうとしたけど
神様
僕の心がそれを許してくれないのです

I just wanna stop
And tell you what I feel about you babe
I just wanna stop
The world ain't right without you babe
I just wanna stop
For your love

この気持ちを押さえることができない
僕の本当の気持ちをきみに伝えるんだ
ちょっとだけ立ち止まらせてよ
きみのいない世界なんてまやかしだから
もう気持ちを偽るのはおしまいにしたい
きみの愛のために生きたいんだ

I just wanna stop…

心を偽るのはもう終わりさ…

Writer(s)
Ross Vannelli

Released in 1978
US Billboard Hot100#4
From The Album“Brother To Brother”

51kTXkh46qL__SX355_.jpg

 この曲が流行してたとき詳しい歌詞の中身はわからなかったけど“Stop!”というと演奏もすべてブレイクしてストップしてから“フォーヨーラ~ブ♪”って箇所がカッコいいなあと思いました。ヒヤリングも鍛えられてなかったので、しばらくして“モントリオールの夜”を歌ってたなんてあとで知ってビックりです。

◆以下、ジノ・ヴァネリ(Gino Vannelli)のプロフィールです(Wikipediaをさらに短縮)
:ジノはイタリア系カナダ人。生まれはモントリオール。父親がビッグバンドのミュージシャンという音楽一家の環境で育つ。高校卒業後、カナダで最も権威のあるマギル大学で音楽を専攻し、その後ロサンゼルスに移り、A&Mレコードと契約。1973年にアルバム「クレイジー・ライフ」でデビューする。

gino2.jpg

 ジノの情熱的でソウルフルなボーカルと、キーボーディスト兼アレンジャーの兄・ジョー・ヴァネリが作るボサノヴァ、フュージョン色が濃いサウンドとの取り合わせは独特の世界観を持ち、時にはプログレッシブ・ロック的なコンセプト・アルバムも発表した。歌唱力に加え、サウンド・クリエイト能力を合わせ持ち、"ミュージシャンズ・ミュージシャン"と賞される程の評価を得る一方、セールス的にはあまり恵まれなかった。しかし、1978年に『ブラザー・トゥ・ブラザー』を発表し、「アイ・ジャスト・ワナ・ストップ」が全米4位、アリスタ・レコード移籍後の『ナイト・ウォーカー』からは「リビング・インサイド・マイセルフ」が全米6位を記録している。1981年の「ナイト・ウォーカー」発表以降はジャズよりの音楽を探求し始め、現在でも精力的に活動を続けている。

◆この曲を作ったのはジノの弟“ロス・ヴァネリ”。三人兄弟で音楽活動をやっていたんですね。ですから三人の故郷モントリオールを舞台にした恋の曲をジノに歌わせたかったのかな。それで大ヒットになったんだからよかったっすね。

◆なぜに彼は“ただストップしたい”と思っているのか?
・きみのことを考えるのがツラいので“ストップ”したい。
・きみのことを考えるのを止めなきゃと思うのを“ストップ”したい。
・あまりにもきみを想いすぎてしまう焦る気持ちを“ストップ”したい。
・・・
僕はこのまま行ってしまっていいのか?それとも立ち止まって考えるべきか?
想い出を振り払えずに葛藤する男の気持ちがよく表現されてるなあと思います。そんななか彼の出した結論は、“For your love”きみとの愛に生きること!なんでしょう。

gino1.jpg

◆「I Just Wanna Stop」が最高位4位を記録した週のチャートです。
US Top 40 Singles 9th December, 1978

シックとバーブラ&ニールの1位の奪い合いが始まります。そんななかで僕の好きなアンブロージアが3位から力尽きてダウン(泣)。ジノには期待したのですが4位止まりでした。アリシア、ビリー、ドクター・フックも好きな曲でした。アンディの「愛を捨てないで」はちょっと軟すぎたか。

-1 4 LE FREAK –•– Chic
-2 2 MacARTHUR PARK –•– Donna Summer
-3 1 YOU DON’T BRING ME FLOWERS –•– Barbra and Neil
-4 5 I JUST WANNA STOP –•– Gino Vannelli
-5 3 HOW MUCH I FEEL –•– Ambrosia
-6 7 I LOVE THE NIGHT LIFE (Disco ‘Round) –•– Alicia Bridges
-8 9 MY LIFE –•– Billy Joel
-9 10 SHARING THE NIGHT TOGETHER –•– Dr. Hook
10 11 (Our Love) DON’T THROW IT ALL AWAY –•– Andy Gibb


(この記事で参考にしたページ)
・Gino Vanelli Official Website
・Wikipedia ジノ・ヴァネリ
ジャケット写真もここからいただきました。

(この曲を購入!)Amazon.co.jp
Brother to Brother [Import]
ジノ・ヴァネリ ¥1,432
220px-Brother_to_Brother_(Gino_Vannelli_album).jpg


関連記事

コメント

非公開コメント