City Lights / シティ・ライツ (Livingston Taylor & James Taylor / リヴィングストン・テイラー&ジェイムス・テイラー)1988



(LIV)
Rosie crossed the Rio Grande
In the middle of the night she swam
With all she could carry
In a plain cloth sack
Heading for the promised land
Never coming back

ロージーはリオ・グランデを渡った
真夜中に彼女は泳いだのさ
質素な布袋に持てるだけすべて荷物を入れて
約束の地を目指して旅立った
決して戻ることはない

(James)
Friends and family stayed behind
To haul the crops at harvest time
They think about Rosie
And all those nights
She spent thinking of
Her city lights

友だちや家族は後に残った
収穫期には作物を引っこ抜くんだ
彼らはロージーのことを思う
そしてそんな夜には
彼女は故郷の街灯りのことを
想い出して過ごすんだ

(LIV & James)
City lights shining in her eyes
Spreading out like Christmas lights
Under California skies
When the sun goes down
And those dreams begin to fade
She's got those city lights
To help her find her way

彼女の瞳に輝く街灯り
カリフォルニアの空の下
クリスマスの灯りのように広がっていく
陽が沈んで
色々な夢がしぼみ始めると
彼女は街灯りを見るんだ
自分の進む道を探そうとして

(LIV)
Times were hard and the jobs were few
City lights were so brand new
(James)
Down in the barrio
Good times were hard to find
So Rosie packs her cares
And up the hill she climbs
To see those

厳しい時代さ 仕事もわずかだけ
街の灯りは真新しかったけど
スペイン語の居住区では
いい話がほとんどない
だからロージーは心配事はひとつにして
丘を登っていったんだ
街灯りを見下ろそうと

(LIV & James)
City lights shining in her eyes
Spreading out like Christmas lights
Under California skies
When the sun goes down
And those dreams begin to fade
She's got those city lights
To help her find her way

彼女の瞳に輝く街灯り
カリフォルニアの空の下
クリスマスの灯りのように広がっていく
陽が沈んで
色々な夢がしぼみ始めると
彼女は街灯を見るんだ
自分の進む道を探そうとして

(LIV)
Rosie never wants
Those dreams to fade away
(James)
Never wants to let the rain
Spoil a sunny day
(LIV & James)
So when the sun goes down
And those dreams begin to fade
She's go those city lights
To help her find her way

ロージーは決して望まなかった
数々の夢が消えていってしまうことを
雨で台無しにはしたくなかったんだ
太陽が輝く日を
だから太陽が沈んで
数々の夢がかすみはじめたら
彼女は街灯りを見る
自分の進む道を探そうとして

(LIV & James)
City lights shining in her eyes
Spreading out like Christmas lights
Under California skies
When the sun goes down
And those dreams begin to fade
She's got those city lights
To help her find her way

彼女の瞳に輝く街灯り
カリフォルニアの空の下
クリスマスの灯りのように広がっていく
陽が沈んで
色々な夢がしぼみ始めると
彼女は街灯りを見る
自分の進む道を探そうとして...

Songwriters:Pat Alger
lyrics © Sony/ATV Music Publishing LLC, Universal Music Publishing Group

haul=〔重い物を何とか〕引っ張る、引きずる
crops=作物
barrio=バリオ、スペイン語を話す人の居住区

Released in 1988
From The Album"Life Is Good"

d0041508_1812476.jpg

この曲は当初は知らなかったのですが、"LIV"の予習をしている際に出会いました!
なかなか素敵な曲。そして、なんと"LIV"とお兄さんの"James Taylor"とのデュエット曲なんです。

Citylightsliv.jpg

◆"Taylor"ファミリーの兄弟関係を改めて調べてみると、全員が音楽一家!なんですね。
お父さん(アイザック)、お母さん(トゥルーディ)もミュージシャン。ジェイムスは次男、リヴィングストンは三男です。
誕生日を調べてみると兄弟全員ミュージシャンで「ほぼ年子」。スゲー(゚Д゚)ノ ジェイムスとリヴは2つ違いなんですね。

Alex(1947年2月)
James(1948年3月)
Kate(1949年8月)
Livingston(1950年11月)
Hugh(??)

◆故郷を後にしたロージー。"リオ・グランデを渡った"とありましたが、リオ・グランデ川という川が、アメリカのコロラド州にあります。コロラド州から流れ出しメキシコ湾に注いでいる川ですが、この川を渡った?のかな。それとも、リオ・グランデとは"大きな川"という意味なので、特定のリオ・グランデではないのかもしれません。また"barrioじゃいい話がほとんどない"という歌詞から、彼女は"barrio"(スペイン語を話す居住区)に住んでいるということや、見下ろす街の灯りは「カリフォルニアの空の下」。
ん~、こうしたことから彼女のかつて住んでいた町(村?)と今住んでいる町がどこか...ちょっと野暮なので止めておきましょう。
彼女は自分の進む道に悩んだときに…シティ・ライツを見るのです。みんな頑張っているのよ、私も…!って気持ちを新たにするのかな。

リヴもジェイムスもそれぞれもともとが優しい歌声。この曲で二人の声が絡み合うのも…なお優しい感じがしますよね。
冒頭のライヴビデオいいなあ。途中画面が切れたりするのが残念だけど、とても貴重です。

◆ちなみにこの曲はリヴのオリジナルではありません。作者はカントリー音楽のソングライターであるパット・アルジャー。彼が"アーティ・トラウム&パット・アルジャー(Artie Traum & Pat Alger"のデュオで1980年にリリースしたアルバム"From the Heart"に収録されています。パット・アルジャーは知らなかったのですが、Peter, Paul and Mary, Dolly Parton, Brenda Lee, Crystal Gayleなど、その道では著名な方ばかり!

R-3839903-13960367492292jpeg.jpg

◆Billboard Live のWebサイトに、リヴのインタビューが載っています。お読みください。

topLIVINGSTON.jpg

リヴィングストン・テイラー来日記念特集&インタビュー~アメリカ・ポップス界の良心

LIV1.jpg

LIV2.jpg

◆兄ジェイムスとの共演。歌ってる二人も気持ちよさそうだな。
↓↓↓↓↓


◆アルバム「Life Is Good」からスタジオ盤。
↓↓↓↓↓


◆テイラー兄弟勢揃い!ジェイムズの"Shower The People"をアレックス、ケイト、リヴィングストン、ヒュー・テイラーが歌います。

↓↓↓↓↓


(この曲を購入)amazon.co.jp
Life Is Good Import
リヴィングストン・テイラー

7314110.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント