The Power Of Gold / パワー・オブ・ゴールド (Dan Fogelberg & Tim Wiesberg / ダン・フォーゲルバーグ&ティム・ワイズバーグ)1978



The story is told of the power of gold
And its lure on the unsuspecting
It glitters and shines,
it badgers and blinds
And constantly needs protecting

"黄金が持つ力"が語られる
そいつの魅力は疑いもないんだ
キラキラと輝いて
人を苦しめて 盲目にする
いつだって欠かさず守られてるのさ

Balance the cost of the soul you lost
With the dreams you lightly sold
Are you under the power of gold?

きみが失った魂の代償と
簡単に売り飛ばした夢とを比べてみてみろよ
きみは「黄金の力」に縛られてるのかい?

The letters and calls
got you climbing the walls
And everyone wants a favor
They beg to remind you of times left behind you
But you know the past is a loser

手紙や電話がかかってくると
きみはイライラするのさ
誰もが優しくしてほしくて
過去に置いてきた年月を
想い出してほしいと懇願するけど
わかるだろ 過去にすがるのは負け犬だって

The face you're wearing is different now
And the days run hot and cold
Are you under the power of gold?
The power of gold

今はきみも顔つきが変わってしまい
コロコロ変わる毎日を送ってる
きみの心は...
「黄金の力」に支配されているのかい?

You're a creature of habit,
run like a rabbit
Scared of a fear you can't name
You own paranoia is looming before you
But nobody thinks that it's a game

きみは習慣から抜け出せず
ウサギのように走りまわってる
何と言っていいかわからない恐怖に怯え
自分の妄想が目の前に現れて
行く手をふさいでしまう
誰もそれがゲームだとは思わないんだ

Balance the cost of the soul you lost
With the dreams you lightly sold
Then tell me that
you're free of the power of gold
The power of gold

比較してみてごらん
きみが失った魂の「コスト」と
簡単に売り飛ばした「夢」とをね
そして 僕に言ってほしいんだ
きみは「黄金の力」から解放されたんだって
「黄金の力」にね

The women are lovely,
The wine is superb
But there's something about the song
that disturbs you

The women are lovely,
The wine is superb
But there's something about the song
that disturbs you

女たちはきれいだし
ワインは至極上等さ
でも そんな最高の思いの邪魔をする歌には
何かがあるんだよ…

女たちはきれいだし
ワインは至極上等さ
でも そんな最高の思いの邪魔をする歌には
何かがあるんだよ…

Writer/s: Fogelberg, Dan
Publisher: Sony/ATV Music Publishing LLC

lure=魅力、餌
unsuspecting=疑うことを知らない、怪しまない
badger=(人)をしつこく苦しめる
balance (A) with (B)= (A)と(B)のバランスを取る
climb the wall=アタマにきてる・怒っている・かっとなる
favor=好意,親切.親切な行為
run hot and cold=波がある、コロコロ気が変わる
creature of habit=習慣から抜け出せない人、惰性で行動する人
paranoia=偏執病,妄想症
loom=不気味に現れる、巨大な姿を現す
superb=素晴らしい、最高の
there's something about =~に引き付けられる
何となくだけれど~(と思う[という気がする])

Released in 1978
US Billboard Hot100#24
From The Album"Twin Sons Of Different Mothers"

img461.jpg

 僕がダン・フォーゲルバーグの名前を「全米トップ40」で初めて聴いたのはこの曲でした。
ダンは1975年にアルバム"Souvenirs"から「Part Of The Plan」を全米31位にしているので、そのときから番組を聴いていた方なら「おおッ復活か~!」と思われたかもしれませんね。

◆詳しい意味はわからなかったけど、"パワー・オブ・ゴ~(ルド)!"と気合い入れた曲だったので、そのあとダンがアルバム"フェニックス"からきれいな曲「ロンガー」や「ハート・ホテルズ」などを歌ったときには、「えっ同じ人なの?」と思ったものです。
はい、当時はダン・フォーゲルバーグのライヴ映像も見たことがなかったので、なんとなく「ピアノで歌う人」もしくはアコースティックギターで…というイメージがあったのですが、この曲のライヴはダンもギターソロをなかなか聴かせたりしていますよね。彼のデビュー時期の曲から聴いていくと、この作品がロックしてたんですね。

katzstudio.jpg

◆共演のティム・ワイズバーグが何をしている人かわからなかったので、コーラスをしてる人かな?と勝手に思っていたのですが、コーラスはイーグルスのドン・ヘンリー!当時は気が付きませんでしたが、そうやって聴いてみると…やっぱりドンの声です(笑)。ティムはフルート奏者なんですね。下記の動画ではフルートとギターが絡む「パワー・オブ・ゴールド」が聴けます。ライヴで聴きたかった曲だなあ。
アルバム"ツイン・サンズ"は購入しませんでしたが、二人の演奏のインスト曲が大半でダンのボーカルが入っている曲は3曲とのこと。たぶん、当時購入していたら若かった僕は「なんだ~、ほとんどインストで騙された~」と言っていたかもしれませんが、いまyoutubeで収録曲を聴いてみると…なかなかいいです。ジャズ、ボサノバ、等々BGMにも。
 このアルバムタイトル「別の母親から生まれた双子」ということですよね。うん、似てはいる。確かに当時は当初、名前も「~バーグ」で似てるデュエットだよな~と思ってました。でもそっくりか?と言えば...そうでもないかな。写真によってはクリソツというのもあります。

ちなみにダンとティムは1995年にも共演アルバムを出しています。こちらタイトルはアルバム"No Resemblance whatsoever"。前の共演アルバムが"Twin Sons Of Different Mothers"だったので、今回のタイトルは"ちっとも似てないよね" というタイトル(^▽^;)。アートワークも前作を意識してます(笑)。

41HGD6ZF4HL.jpg

◆歌詞ですが、出だしの"The story is told of the power of gold"は元の文が"The story of the power of gold is told"で、英語は主語が長くなるのを嫌うので「倒置」になっているという風に解釈しました。

・「黄金の力」と訳しましたが、やっぱり「お金が人を変える」って歌なんだろうな。

・また"balance (A) with (B)"は「(A)と(B)のバランスを取る」という意味ですので、(A)=(the cost of the soul you lost)で、(B)=(the dreams you lightly sold)になります。「きみが失った魂のコスト」と 「簡単に売り飛ばした夢」の比較だとよくわからないので、"「コスト」と「夢」を比較してみろよ"としました。

◆ちなみに、ダンはもうこの世にはいませんが、ティムはまだコンサート活動を続けて頑張ってます!
オフィシャルサイト

another-byte-cover-500.jpg

◆"The Power Of Gold"が最高位24位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles Week Ending 9th December, 1978

上位はシックとバーブラ&ニール連合軍との戦国時代!? 4位~10位までみんないい歌だったよ!"The Power Of Gold"は翌週24位で足踏み。次の週になるとトップ40圏外に(52位)(*_*)。

-1 4 LE FREAK ??? Chic
-2 2 MacARTHUR PARK ??? Donna Summer
-3 1 YOU DON’T BRING ME FLOWERS ??? Barbra Streisand & Neil Diamond
-4 5 I JUST WANNA STOP ??? Gino Vannelli
-5 3 HOW MUCH I FEEL ??? Ambrosia
-6 7 I LOVE THE NIGHTLIFE (Disco ‘Round) ??? Alicia Bridges
-7 8 TIME PASSAGES ??? Al Stewart
-8 9 MY LIFE ??? Billy Joel
-9 10 SHARING THE NIGHT TOGETHER ??? Dr. Hook
10 11 (Our Love) DON’T THROW IT ALL AWAY ??? Andy Gibb

24 25 THE POWER OF GOLD ??? Dan Fogelberg / Tim Weisberg



◆ライヴで歌う"The Power Of Gold"、ダンのギターソロも圧巻。フルートのティム・ワイズバーグも大活躍。力が入ってます。
↓↓↓↓↓


◆アルバム"Twin Sons Of Different Mothers"より「GUITAR ETUDE NO.3」。ボサノバ風のインストナンバーです。ギターとティム・ワイズバーグのフルートが絡み合うのがいいなあ…。
↓↓↓↓↓


◆1995年にも二人は共演します。DanとTimのコラボアルバムから - Sunlight です。
↓↓↓↓↓


(この曲を購入)amazon.co.jp
Essential Dan Fogelberg Original recording remastered, Import
ダン・フォーゲルバーグ

71zfIn_9MILSL1500_.jpg

(Dan Fogelberg)
Longer / ロンガー 1980
Same Old Lang Syne / 懐かしき恋人の歌 1981
Hard To Say / 風に呼ばれた恋 1981
Leader Of The Band / バンド・リーダーの贈り物 1981
The Language Of Love / ランゲージ・オブ・ラヴ 1984
Sweet Magnolia / スウィート・マグノリア 1984
The First Christmas Morning / ザ・ファースト・クリスマス・モーニング 1999
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

ダンフォーゲルバーグのファン(懐かしき恋人達の歌がやはり最高に好きです)としてはツインサンズ「パワーオブゴールド」で復活してくれた時は嬉しかったですね~!若くして亡くなり本当に残念でした。彼はまさに永遠の吟遊詩人です。
(PS)バットベネター記事を掲載しましたのでまた遊びに来られて下さい。

Twin Sons

懐かしい。このアルバム買いましたよ。
やっぱり若かったぼくは、ああ、インストゥメンタル多いな~ってあんまり聴かなかったです(笑)
フェニックスのクレジットなんか見ると、「ああ、この人1人でなんでもやる人なのね」と思いました。
山下達郎みたいですね。

異母双子

Dan Fogelberg & Tim Weisbergの"The Power Of Gold"、いや~この曲、名曲だったですよ。
ダン・フォーゲルバーグは素晴らしい曲を沢山持っていますが、この曲はその中でも異色の名曲で、よく聴きました。なぜ24位どまりで大したヒットにならなかったのでしょうか?80年代に入ってから発表したらもっと大ヒットになったかもしれませんね。
アルバムもインストルメンタルばかりで最初は面食らいましたが全編聞くと素晴らしいアルバムで感動したのを覚えています。

No title

RWさん、"Power Of Gold"は"Longer"や"Same Old Lang Syne"、"Run For The Roses"などで見せる"優しい"ダンではなく、力強いダンの姿が見えますね。このテイストの曲でもう1曲ヒットを出してほしかったなあ。きっと生きていたら実現してたのではと思うと残念です…。

No title

demaさんは「Twin Sons」買ったのですね。やっぱり若いときに買ってもインストが多いと聞きませんでしたか(笑)
でも、今なら…聞いてみたい気もする…。ダンの年を越えた今であれば…。

No title

星船さんもアルバム購入されたんですね。トップ40で色んな曲を聴いていたから若くしてすでに「聴く耳」ができてたんですね!懐かしいですよね。このあと"Longer"そして"Heart Hotels"、2枚組アルバムから"Same Old Lang Syne"、そして"Hard To Say"。グレン・フライのバックボーカルが良かったです。そして"Leader Of The Band""Run For The Roses"。グレイテストヒッツから"Missing You""Make Love Stay"…。そして"Windows And Walls"。僕はそのあとの"High Country Snow"までは買ったなあ。それぞれの曲がラジオから流れてくると、"ダンも頑張ってるんだなあ"と思いつつ、そんなにチャート的にもジャンプアップしないだろうと思っている自分がいました。そんなアーチストだからこそ、応援する人は日本でも多かったんじゃないかと思います。ダン、R.I.P。