Stronger Than Me / ストロンガー・ザン・ミー (Amy Winehouse / エイミー・ワインハウス)2003



You should be stronger than me
You've been here seven years longer than me
Don't you know you supposed to be the man?
Not pale in comparison to
who you think I am

アンタはアタシより強くなきゃダメ
アタシより7つも長く生きてるんだから
男らしくなって!って期待されてるのよ
アンタの考えてるアタシと比べて
負けてなんかない

You always want to talk it through,
I don't care
I always have to comfort you
when I'm there
But that's what I need you to do,
stroke my hair
'Cause I've forgotten all of young love's joy
Feel like a lady,
and you my lady boy

アンタはいつでも話して納得したがるのね
アタシは気にやしない
アタシはいつもそばにいて
アンタを慰めてあげなきゃならないの
でもそれはアンタにしてほしいことなのよ
髪をなでるとか…
だってアタシ 若者の恋の喜びなんて忘れちゃった
自分は大人の女のつもり
アンタは大人の女性の可愛いボーイ

You should be stronger than me
But instead you're longer than frozen turkey
Why'd you always put me in control
All I need is for my man
to live up to his role

アンタはアタシより強くならなきゃダメ
それよりむしろ
アンタは冷凍ターキーより面倒
どうしていつもアタシに主導権を握らせるの?
アタシは男には
男の役割を担ってほしいだけなのに

You always want to talk it through
I'm okay
I always have to comfort you every day

But that's what I need you to do
Are you gay?
'Cause I've forgotten all of young love's joy
Feel like a lady,
and you my lady boy

アンタはいつでも話して納得したがるのね
アタシはどうだっていいのに
いつも毎日アンタを慰めなきゃならない

でもそれはアンタにしてほしいことなのよ
アンタはゲイなの?
若者らしい恋の喜びなんて忘れたわ
アタシは大人の女のつもりよ
アンタは大人の女性の可愛いボーイだわ

He said
"the respect I made you earn
Thought you had so many lessons to learn"

I said
"You don't know what love is get a grip"
Sound as if you're reading
from some other tired script

アイツは言ったの
"おまえが得た尊敬は俺があげたもの
おまは沢山のことを
学ばなきゃならないと思ったからさ"

アタシは言ったわ
"アンタはわからないのね
愛は自分の感情を抑えなきゃならないのよ"
...どっかの三文小説のようなセリフだけどね

I'm not gonna meet your mother anytime
I just want to grip your body over mine
Please tell me why you think that's a crime

I've forgotten all of young love's joy
Feel like a lady,
and you my lady boy

アタシはアンタのママに
いつも会うなんてしないわ
アタシはアンタの身体をアタシの身体に
しっかり重ねていたいだけなの
頼むから教えてよ
どうしてそれが罪だって思うの?

若者らしい恋の喜びなんて忘れたの
アタシは大人の女
アンタは大人の女性の可愛いボーイ

You should be stronger than me
You should be stronger than me
You should be stronger than me
You should be stronger than me

アンタには
アタシより強くなってほしいのに...

Songwriters
AMY WINEHOUSE, SALAAM REMI
Lyrics c EMI Music Publishing, Sony/ATV Music Publishing LLC

in comparison to=~と比べると
cf.pale in comparison to others
=他人に負けている[より劣っている]
stroke. . .hair=髪を撫でる
long=時間のかかる 長ったらしい 退屈な
in control =管理して、支配して、主導権を持って
live up to= 〔期待など〕に沿う[応えて生活する]
get a grip=手綱を引く、落ち着く、気持ちを入れ替える

Released in 2003
UK Single Chart#71
From The Album"Frank"

51gkc-_bhk_SX425_.jpg

 エイミー・ワインハウスのデビュー曲「ストロンガー・ザン・ミー」です(2003年10月)。
このジャージーでけだるいけど魅力あるボーカルのエイミーは、この時まだ若干20歳!エイミーはこのリードシングルと、この曲の収録されたアルバム「フランク」を引っ提げて、キャンペーンツアーに出ました。(「フランク」とは敬愛する"フランク・シナトラ"の名前のようです) この頃のエイミーは冒頭のYoutube動画でも健康的でしたね。ステージではギターを肩から下げて歌うエイミーの姿も見られました。(映画のなかでもありましたね)

220px-Amy_Winehouse_-_Stronger_Than_Me.jpg

◆この曲のPVでは、酒に呑まれてしまう彼氏にあきれるエイミーが映っています。(ただし酒の強い・弱いじゃなく、明らかに「呑みすぎ」です!)この頃のエイミーのマネージャーはニック・シマンスキー(Nick Shymansky)。2人はティーンのときに出会い、単なるマネージャーだけの関係ではなく、交際相手だったようですね。歌詞にある、7つ年上かどうかでいうと、残念ながら3つ上でした(笑)。でも、おそらく「アタシより強くなって」と歌われた相手はニックなんじゃないかな。(映画のなかで言っていたような気もする)

amyandmanager.png
‘Connected’: Amy Winehouse with Nick Shymansky.

 ちなみにニックはアルコール依存症になったエイミーに「リハブに行ったほうがいい」「リハブに行くべきだ」と忠告した人物でもあります。そのこともウルサく思われたのか、エイミーは2005年の12月にマネージャーをレイ・コズバートに変えます...。

ニックは今はアイランド・レコードのシニア・マネージャーをしています。エイミーの死後、そして映画「AMY エイミー」の完成(2015)にあたって、色々なインタビューを受けているようです。やっぱりこの映画を最初は観るのが辛かった…等、話しています。興味がある方はこちらの記事をどうぞ。(英語のサイトです


エイミーの曲は今後も取り上げていきたいと思っています。R.I.P…。

◆この曲のPVです。そりゃ呑みすぎだ!こんな呑み方はしてはいけません。
↓↓↓↓↓


◆Amy Winehouse - Stronger Than Me Acoustic feat. Femi Temowo 2004
↓↓↓↓↓


◆映画「AMY エイミー」の1シーン。"ハッピー・バースデー"を歌うのも...この娘は、やっぱり歌が上手いよ!
↓↓↓↓↓


(この曲を購入)amazon.co.jp
フランク
エイミー・ワインハウス

Amy_Winehouse_-_Frank.png

関連記事

コメント

非公開コメント

No title

ライブで一切歌わないシーンがありましたが、あれだけ歌がうまいのに、あれだけの観客の前でも歌う気になれなかったものかと、すごく印象的でした。

翻って、これだけ日本中で期待されているのに25周年記念ライブをやるどころか、あっけなく解散を決めてしまったSMAPと、心情的には同じなのかな…と時事ネタをブッコんでおきます(笑)。

エイミーはただの、、、

グラミー受賞の歌手エイミーがこんなに早く、ここまで脆くなってしまうとは、マネージャーと父親も思わなかったでしょう。映画の終盤のエイミーは表現活動をするアーチストではなく、まさに操り人形でした。それでも数回のステージはすでに契約のことだから、やってもらわないと困る、という状況だったのでしょう。酒の力も借りて、、、でしたが、エイミーの人間としての本能的な抵抗のような気がしました。彼女はプロフェッショナルなプライドのあるシンガーではなく、ただの小娘でしたかなかったのだろうと思いました。