You Belong To The City / ユー・ビロング・トゥ・ザ・シティ (Glenn Frey / グレン・フライ)1985



The sun goes down, the night rolls in
You can feel it starting all over again
The moon comes up and the music calls
You're gettin' tired
of starin' at the same four walls

陽が沈み 夜のとばりが降りる
何もかもがまた始まったと感じるんだ
月が昇り 音楽が呼んでいる
いつもの四方の壁に囲まれてばかりで
おまえは飽き飽きし始めてる

You're out of your room and down on the street
Movin' through the crowd and the midnight heat
The traffic crawls, the sirens scream
You look at the faces,
it's just like a dream

部屋から抜け出し街路に向かう
人ごみと真夜中の熱気のなかをさまよっていく
車は渋滞 サイレンが鳴り響く
おまえは人々の顔を見ても
まるで夢のなかのよう

Nobody knows where you're goin'
Nobody cares where you've been

誰もおまえの行先を知らないし
どこから来たのかも気にかけない

'Cause you belong to the city
You belong to the night
Livin' in a river of darkness
Beneath the neon lights

You were born in the city
Concrete under your feet
It's in your moves,
It's in your blood
You're a man of the street

だっておまえは都会の一部
夜に支配され生きている男
暗闇の川のなかに住み
ネオンの真下で生きてるのさ

都会で生まれたおまえ
足の下には堅いコンクリート
それがおまえのやり方
それがおまえに流れる血
ストリートを知り尽くした男

When you said goodbye, you were on the run
Tryin' to get away
from the things you've done
Now you're back again
and you're feeling strange
So much has happened
but nothing has changed

おまえは別れを告げて
自分の過去から逃れようと
逃げ回ってきたんだ
いまおまえは戻ってきて
奇妙な感覚でいる
沢山のことが起きたけど
何一つ変わっちゃいない

You still don't know where you're goin'
You're still just a face in the crowd

いまだ どこに向かうのかもわからずに
群衆のなかの一つの顔にすぎない…

You belong to the city
You belong to the night
Livin' in a river of darkness
Beneath the neon lights

You were born in the city
Concrete under your feet
It's in your blood,
It's in your moves
You're a man of the street

おまえはもう都会の一部
夜に支配され生きているんだ
暗闇の川のなかに住み
ネオンにの真下で生きている

都会で生まれたおまえ
足の下には堅いコンクリート
それがおまえのやり方
それがおまえに流れる血
ストリートを知り尽くした男

You can feel it,
You can taste it
You can see it
You can face it

感じるだろう
味わってみろよ
目に入るだろう
向かい合うんだ

You can hear it,
hey, you're getting near it, hey
You wanna make it,
'cause you can take it

聞こえるだろう
なあ 近づいてるんだ
そうありたいって思うのさ
だって おまえは手に入れられる

You belong to the city,
You belong to the night
You belong to the city,
You belong to the night

都会のなかで生まれ
夜の世界にまみれ
都会のなかで育ち
夜の世界で生きている

You belong
You belong

おまえが生きる場所...
おまえは都会から離れられない...

Songwriters FREY, GLENN LEWIS / TEMPCHIN, JACK
Lyrics c Warner/Chappell Music, Inc., Red Cloud Music

crawl=〔場所などが〕いっぱいになる
beneath=~の真下、~より身分がより低くて、~の支配下に
on the run=走り回って、逃げ回って、逃亡して

Released in 1985
US Billboard Hot100#2
From The Album"Miami Vice soundtrack"

You belong city

今年の1月18日にグレンが天に召されて約半年が経ちます。決して「夏の歌」というわけではないのですが、夏の夜になると思い出すのがグレンの「Heat Is On」とこの曲「You Belong To The City」です。

◆この曲はTVシリーズ「マイアミ・バイス」で使われたんですね。ちなみに「マイアミ・バイス」とは何かを知らない方はこちらの動画(テレビのオープニング場面)をご覧あれ。
↓↓↓↓↓


日本では「特捜刑事マイアミ・バイス」というタイトルだったんですね。米国では1984年から1989年まで放映され大ヒットした刑事ドラマです。シーズン5まで製作され、計111回放送。日本の「太陽にほえろ」ほどではないが、大作です(^▽^;)。(「太陽にほえろ」は1972年から1986年までの全718回だそうです。)

437988.jpg

◆主人公は"ジェームズ・ソニー・クロケット"刑事Uドン・ジョンソン)と“リコ”リカルド・タブス刑事(フィリップ・マイケル・トーマス)。この"バディ(相棒)"を軸にした刑事ものは日本でも「トミーとマツ」や「あぶない刑事」などに影響しましたね。
沢山のゲストも出演したようで、なんとグレンも出演しています。グレンが出演した回のタイトルが"Smuggler's Blues"(この曲もいつか和訳しないとね)。

7049760963_ea6b7cb739.jpg

◆ちなみに「マイアミ・バイス」のサウンドトラックはアメリカだけで300万枚を超える大ヒットとなりました。ヤン・ハマーが手掛けたテーマソングは、全米No1を記録(1985年11月9日付)。80年代のインストゥルメンタルによるNo1ヒットは、この曲と、ヴァンゲリスの「Chariots Of Fire」(映画「炎のランナー」のテーマ)の2曲しかないらしい。その後は、2013年初頭にBaauer(バウアー)の「Harlem Shake」がNo1に輝くまで、およそ28年近くインストゥルメンタルによるNo1ヒットは出なかったとのことです!

◆「Belong to…」は受験英語にもよく出るイディオム。「...に属す」ですね。"You Belong to the city"は「おまえは都会に属してる」。「生まれた」「住んでいる」ということに加えて、もう「都会の一部なんだ」(関係を切りたくても離れられないんだ…)というような意味を考えました。都会に住む人々…都会に人は沢山いたとしても、なんて孤独な場所なんだろう…。

*この曲はグレンとジャック・テンプチンの共作。今年1月のジャックの来日公演ではグレンを偲んで共作曲を演奏しました。この曲も歌ってくれたようですね…。

Jack-Tempchin-4-with-Eagles-Glenn-Frey.jpg

◆“You belong to the city”が最高位2位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles For The Week Ending November 16, 1985

グレンも4位から2位にジャンプしましたが、それ以上に5位から大ジャンプで首位に立ったのがスターシップ。「We Built This City」は邦題「シスコはロックシティ」。同じ「シティ」=都会を扱った曲ですが、グレンの「暗」に対してスターシップは「陽」。そのあたりが命運を分けたのでしょうか?スターシップは翌週も1位、グレンは2位をキープしましたが、その後はこの週6位の「Separate Lives」が1位になり、同時にグレンも力尽きてダウンします。「Separate Lives」はスティーヴン・ビショップの作、映画「ホワイト・ナイツ」の主題歌です。

-1 5 WE BUILT THIS CITY ??? Starship
-2 4 YOU BELONG TO THE CITY ??? Glenn Frey
-3 1 MIAMI VICE THEME ??? Jan Hammer
-4 3 HEAD OVER HEELS ??? Tears For Fears
-5 2 PART TIME LOVER ??? Stevie Wonder
-6 7 SEPARATE LIVES ??? Phil Collins & Marilyn Martin
-7 11 BROKEN WINGS ??? Mr. Mister
-8 12 NEVER ??? Heart
-9 9 BE NEAR ME ??? ABC
10 10 LAY YOUR HANDS ON ME ??? Thompson Twins

◆オープニングのサックスがかなりフューチャーされたライヴ映像です。ギターは元イーグルスのドン・フェルダー(今度Billboard Liveで11月に再来日しますね)
↓↓↓↓↓


◆こちら"Miami Vice Theme".ヤン・ハマーです。(1985年11月9日付全米NO1)
↓↓↓↓↓


◆「マイアミ・バイス」にグレンがちょい役で出演した映像。タイトルは「Smuggler's Blues」
↓↓↓↓↓


◆「あなたが知らなかったグレン・フレイについての10のこと」
↓↓↓↓↓



(この曲を購入)amazon.co.jp
Universal Masters Collection CD, Import
グレン・フライ

61mcuPpnRmL_SX425_.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント

マイアミ・バイス懐かしいですね~

めったさんの仰る通り、夏の夜、しかも深夜を想像してしまいます。
グレンに「大人の男の色気」を感じてたやはり馬鹿な高校生でした。
イーグルス後追い世代としては、やはり全米2位になった2曲は欠かせませんね。
(後はCMで使われてたSexy Girl…)ご冥福をお祈りします・・・。

ところでマイアミ・バイスのサントラと言えば、ジョン・アンダーソンと何かやってたヤン・ハマーとか
ドラマにやはりチョイ役で出てたフィル・コリンズとかいましたが、マイアミ・バイス2に入ってる
アンディ・テイラーのWhen The Rain Comes DownがアンディのオリジナルやマイアミバイスBESTに収められてなくて、Book Offを何件か梯子する羽目になったんですよね。当時の権利関係って結構面倒くさかったんですね・

Miami Vice 2

グレン…R.I.P

マイアミ・バイス2のサントラの情報などありがとうございました。アンディのこの曲は最高42位でトップ40入りを逃していましたね。サントラにはフィルコリンズの"Take Me Home"や、ジャクソン・ブラウンの"Lives In The Balance"など、アーチストの既発の作品は問題なくそのアーチストのベストなどにも載っていますが、サントラの新曲となると、版権がアーチスト側じゃなく、サントラを発売するレコード会社側になるんですかね。もしくはアンディ自身がこの曲を気に入ってなくて自分のアルバムのボーナストラックにもしないのか…?
でもYouTubeなどで見てみましたが、さすがアンディ、ギターサウンドのゴキゲンなロックですよね。(パワーステーションの活動のちょっと前ですよね)
(PS)「雨」のつく曲集合…のコンテンツにも加えさせていただきました(^^)/

No title

 マイアミ・バイスに関しては、ジーナが好きで放送終了後によく彼女の夢を見ました。
You belong~に関しては、私は逆に冬のイメージしかありませんでした。
New yorkの街並みのあのPVのせいかも知れませんが。
グレン・フライを初めて見たのは、1ST soloを出して直ぐにきた来日公演でしたが、あの時の演奏も良かった。
ドラムは、ツイン 🎸もグレンの他2人 キーボードも2~3人 +🎷など。
彼の悲報が届いた日の朝、私の町は、うっすらと雪が積もっていました。
The One You Love のPVの様に。


No title

僕が真夏の蒸し暑い夜を思い出すのは、あまりPVを見た印象がないからかな。グレンが亡くなってから彼やイーグルスのビデオを見る機会が逆に増えてしまいましたが、改めてグレンが真ん中にいるのが彼らのフォーメーションなんだよなーと思いました。棒の木〜のペンネームを見て、タツノコプロのアニメの樫の木モックを思い出しました!

No title

 めったさん、名前を付けるって難しいですよね。
~の木と書いた時点で、昔聞いた音と似た単語を知らないうちに使っていたのかも。 

地味JAM尊さん、 CMでSexy Girl が使われていたとは、知りませんでした。                         まさかの下着CM?ですか。  

グレンが亡くなったこの年の秋、私の父も召されました。
父も音楽が好きで、時々ラジオから流れてくる50~70~80年代の洋楽を聴きながら
こりゃあいい曲だなあ・・・(イーグルスやエリック・クラプトン サイモン&ガーファンクルなど)なんて言っていました。

No title

洋楽を聞かれるようになったのはお父様の影響なんですかね?うちの父親は洋楽は聞かない人でしたが、息子が好きなのを知っていて、ある時帰省したら、テレビで生中継されてた“ライヴエイド”のステージをビデオを録画してくれてました。当時は一人暮らしがビデオデッキをもってるなんてなかったからなあ。嬉しかったです。

No title

 私の父も洋楽は、自分から進んで聞く人ではなかったですが、エルビスのバラードぽい曲を聴いた時(曲名は、失念)など
こう言う歌も歌うんだ。っと言って関心してましたし、何故かビートルズの事をビートルスと発音していました。
ピーター・バラカンさんが、イーグルスをイーグルズと発音するように。父の影響も多少は有ると思います。
昔はよく、ベース音を入れながらハーモニカを吹いてましたし、父の弟さんは警察の音楽隊にいたことがありましたら
めったさんのお父さんは、優しい人ですね。その頃私の家には、ビデオデッキが無くファームエイドは、ラジカセで録音しながら観ました。私の両親は、農業をしていたのでファーム エイドのきっかけや、原発事故後に、ノーニュークス コンサートの話した時などは、
「アメリカは、たいしたもんだな。」なんて言ってましたね。 

No title

なんかお互いのオヤジの話になってしまいましたね!
僕もライブエイドのビデオの話は久しぶりに思い出しました。ついでに"Do They Know It's Christmas"の輸入盤のビデオをなぜかベータマックスで買ってしまって、この再生も実家に帰らないと再生機がないので普段は観られない…なんてこともあったのを思い出しました!

No title

あの頃は、ベネフィット コンサート 絶世期でしたからね。
今から考えると凄いものでしたよ。
カンボジア難民救済コンサート ロニー レーンのアームズコンサート Farm Aidなど
私などは、ギリギリ90年代初頭シェリル クロウ迄がいいところ。 
後は、全然しりましぇん。  

No title

ごめんなさい。誰ですかね?ペンネームで構わないのでお名前をお願いします。