Endless Summer NIghts / エンドレス・サマー・ナイツ (Richard Marx / リチャード・マークス)1988



Summer came and left without a warning
All at once I looked and you were gone
And now you're looking back at me
Searching for a way that we can be
Like we were before

夏は来て そしていきなり去ってしまった
突然 僕の前から君は行ってしまった
そして今 君は僕を思い出してるんだろう
かつて二人がしていたように
何ができるのかってことを

Now I'm back to what I knew before you
Somehow the city doesn't look the same
I'd give my life for one more night
Of having you here to hold me tight;
Oh please
Take me there again
Oh, oh

今 僕は君と会う前の僕に戻ったのさ
なぜか街も昔と同じには見えない
もう一晩 頑張ってみるよ
君をもう一度抱きしめるために
ああお願いだよ
もう一度僕を連れて行ってほしい

And I remember how you loved me
Time was all we had
until the day we said goodbye
I remember every moment
Of those endless summer nights

どんなに君が愛してくれたか思い出せる
時間だけは沢山あったのさ
僕らがサヨナラを言うまでの間はね
僕は二人の時をすべて思い出せる
あの永遠に続く夏の夜を...

I still recall the walks along the beaches
And the way your hair
would glisten in the sun
Rising in the afternoon
Making love to you under the moon;
Oh-uh-oh

浜辺を一緒に歩いたことを思い出すよ
太陽に君の髪がキラキラ輝いてたよ
お昼すぎに起きて
お月さまの下で抱き合ったのさ
ああ 思い出すよ

Do you remember all the nights
we spent in silence
Every single breath you took was mine
We can have it all again
Say that you'll be with me
when the sun brings your heart to mine
Oh, oh

二人じっと静かに過ごした
いくつもの夜を覚えてるかい
君の吐息ひとつひとつが僕のものだった
僕らは全部取り戻せるさ
僕と一緒にいられると言ってくれ
太陽が君のハートを僕のもとに
連れ戻してくれたなら ああ

And I remember how you loved me
Time was all we had
until the day we said goodbye
And I remember every moment
Of those endless summer nights

どんなに君が愛してくれたか思い出せる
時間だけは沢山あったのさ
僕らがサヨナラを言うまでの間はね
僕は二人の時をすべて思い出せる
あの永遠に続く夏の夜を...

There's only so much I can say
So please don't run away
From what we have together
It's only you and me tonight

So let's stay lost in flight
Oh, won't you please surrender

僕が言えるのはこれだけなんだ
お願いだ 逃げないでほしい
僕たちが分かち合ってた愛から

今夜は君と僕と二人きり
だからこのまま一緒に旅立とう
ああお願いだ うなずいてほしい

And I remember how you loved me
Time was all we had
until the day we said goodbye
And I remember every moment
Of those endless summer nights

どんなに君が愛してくれたか思い出せる
時間だけは沢山あったのさ
僕らがサヨナラを言うまでの間はね
僕は二人の時をすべて思い出せる
あの永遠に続く夏の夜を...

Songwriters: MARX, RICHARD
lyrics c Warner/Chappell Music, Inc.

without a warning=いきなり 突然に
all at once =たちまち 突然に
look back=回顧する 振り返ってみる
so much=まったくの
lost in=夢中になって
flight=~からの逃亡 脱出

Released in 1988
US Billboard Hot100#2
From The Album“Richard Marx”

Marxmarx.jpg

*「夏」曲特集です。過去に掲載した記事のリバイバルです。

2012年10月のビルボードライブでは1曲目がこの曲。残念ながらビルボードチャートは2位にとどまった(阻止したのはマイケルのMan In The Mirror!)が、イントロのサックスも印象的な“夏の名曲”です。
 この曲が作られた背景がWikipediaに若干紹介されています。

「Endless Summer Nightsはリチャードのオリジナル・デモテープからアルバムに収録された。歌詞はリチャードがハワイ旅行に行った際にひらめいたものだ(そのときのガールフレンドのシンシア・ローズと~後に二人は結婚する)。"リチャードによると夏の恋...秋になって別な道を歩くことになった恋人同士の続くことのできなかった恋を歌ってるそうだ。」

 歌詞を見る段階では、この二人、もう一度頑張るのかな、と思いましたが、作者リチャードは、“the song as a theme to the summer love that does not last ”と言っている!つまらん。

オリビア&トラボルタの「Summer Nights」の記事でもふれたが、この曲もビルボードチャートの「Top 30 Summer Songs」(2013年5月集計)の6位に入賞!

10 Summer Nights(John Travolta and Olivia Newton-John)1978
9 Hot Fun In The Summertime(Sly &The Family Stone)1969
8 Surfin' U.S.A.(The Beach Boys)1963
7 Summertime(DJ Jazzy Jeff & The Fresh Prince)1991
6 Endless Summer Nights(Richard Marx)1988
5 Surf City(Jan & Dean)1963
4 Itsy Bitsy Teenie Weenie Yellow Polkadot Bikini(Bryan Hyland)1960
3 Wipe Out(The Surfaris)1962
2 Summer In The City(The Lovin' Spoonful )1966
1 California Gurls(Katy Perry feat. Snoop Dogg )2010

ギター1本で歌うEndless Summer Nights! (Living Room Sessions)
3回に渡って、とぼけた友達?が右側から顔を出すのが笑える!
↓↓↓↓


2011年 サンパウロでのライブ。アコースティックバージョン。2012年のビルボードライブと同じだ。
↓↓↓↓


(この記事は以下を参考にしました)
・Wikipedia Richard Marx
・Wikipedia Endless Summer NIghts
ジャケット写真もここからいただきました。
関連記事

コメント

非公開コメント

あれれ・・・does not last な summer love ですか

won't you please surrender ってどんなシチュエーションで誰に語り掛けてるんでしょうね?
目の前にやり直したい恋人がいると思って聞いてたのに・・・

リチャマーが、聞いてる人が妄想するように仕掛けたのかな?
まあ彼女とのハワイ旅行中に「昔の女とよりを戻す歌」なんか作ったら殺されるでしょうしね・・・。

個人的にはリチャマー作品では一番好きな曲です。

No title

リチャードマークスといえば「Right Here Waiting」ですが、「endless summer nights」も忘れがたき曲ですね。彼のバラードは皆いい曲ばかり、いつか特集をしなきゃと思いつつ1970年洋楽ばかりが優先してしまい未だ取り上げたことがないままに来ました。反省・・

楽しみにしてます!

RWさんの「リチャマル」特集、楽しみにしてます!