Footloose / フットルース~メインテーマ (Kenny Loggins / ケニー・ロギンス)1984


(Live Aidのステージから)

Been working so hard
I'm punching my card
Eight hours for what
Oh, tell me what I got

すごく働いてるんだ
タイムカードを押して
何のために8時間も?
ああ いったい何を得たっていうんだい?

I've got this feeling
That times are holding me down
I'll hit the ceiling
Or else I'll tear up this town

無駄な時間を費やしてると
自分がダメになる気がするよ
もう限界 行くとこまできちゃったのさ
さもなくば
この町をぶち壊しちゃうところだよ

Tonight I gotta cut loose, footloose
Kick off your Sunday shoes
Please, Louise,
pull me off of my knees
Jack, get back,
come on before we crack
Lose your blues,
Everybody cut footloose

今夜 自由に振る舞うのさ 気ままにね!
おまえのよそ行きの靴は脱ぎ捨てろ
ねえ ルイーズ 
自分の足で立ちたいんだ
ジャック 戻って来いよ
壊れちまうまえにさ
ユーウツなんて捨てちまえ
みんなで自由に騒ぐんだ

You're playing so cool
Obeying every rule
Deep way down in your heart
You're burning yearning for some

とてもイイ子ぶってるおまえ
あらゆる規則に縛られてるのさ
でもおまえの心のなかでは
何かが燃えて何かに焦がれてるんだ

Somebody to tell you
That life ain't passing you by
I'm trying to tell you
It will if you don't even try

誰かがおまえに言うんだ
"人生は通り過ぎたりはしない"って
俺がお前に教えてやるよ
"何もしなけりゃ人生おしまいだ"って

You can fly
if you'd only cut loose,
Footloose
Kick off your Sunday shoes
Oo-wee, Marie,
shake it, shake it for me
Whoa, Milo,
come on, come on let's go
Lose your blues,
everybody cut footloose

おまえも飛べるんだ
繋がれた鎖を切り離せば
それで自由なんだ
よそゆきの靴なんか蹴り飛ばせ
いいよ マリー
腰を振って 俺と踊ろう
そうさ マイロ
さあ 一緒に行こうぜ
暗い気持ちを吹き飛ばし
みんな自由にはじけよう!

Yeah, ooooh-oh-oh
(Cut footloose)
Yeah, ooooh-oh-oh
(Cut footloose)
Yeah, ooooh-oh-oh
(Cut footloose)
Oooooooooh

(First!)
 You've got to turn me around
(Second!)
And put your feet on the ground
(Third!)
Now take the hold of all

I'm turning it loose!

(まず最初は!)
俺をその気にさせてくれ
(次には!)
おまえが自分でやるのさ
(そしたら!)
もう全部俺たちのものさ

もうハメをはずしちまったよ!

Footloose,
Kick off your Sunday shoes
Please, Louise,
pull me off of my knees
Jack, get back,
come on before we crack
Lose your blues
Everybody cut footloose

自由にやろう
おまえのよそ行きの靴は脱ぎ捨てろ
さあ ルイーズ 
 俺は自分の足で立つんだよ
ジャック 戻って来い
 イカレれちまうまえにさ
ユーウツなんて捨てちまえ
みんなで自由に騒ぐのさ

(Footloose) footloose
Kick off your Sunday shoes
Please, Louise, pull me off of my knees
Jack, get back, come on before we crack
Lose your blues,
Everybody cut, everybody cut

自由にやろう
おまえのよそ行きの靴は脱ぎ捨てろ
さあ ルイーズ 
 俺は自分の足で立つんだよ
ジャック 戻って来い
 イカレれちまうまえにさ
ユーウツなんて捨てちまえ
みんなで自由に騒ぐのさ

Everybody cut, everybody cut
Everybody cut, everybody cut
(Everybody)
everybody cut Footloose!

みんなで自由に騒ごうぜ!

Writer(s)
Kenny Loggins, Dean Pitchford

hit the ceiling=天井をつく、頭打ちになる、
footloose=足のおもむくままの、気ままな
cut=(口)~を行う
kick off=蹴飛ばす、〔靴を〕蹴って脱ぐ
Sunday shoes 《one's ~》よそ行きの靴
cut loose =綱を切って放つ、切り離す

Released in 1984
US Billboard Hot100#1(3)
From The Album"Footloose"

フットルース

当時の映画を観に行きました!思わず踊りだしてしまうようなこの曲。覚えてますよ!

◆映画「フットルース」の物語はこんな感じ(all cinema onlineより)

 ケヴィン・ベーコン主演の青春ドラマ。ロックもダンスパーティも禁じられているアメリカ中西部のある小さな町に、都会から一人の青年が転校してくる。彼は自分たちの自由を取り戻すべく、仲間を集めて大人たちへの逆襲を開始するが……。青春映画というジャンルを考慮に入れても、実にあっけらかんとした内容の作品。日本で言えばアイドル映画といった感じで、話の展開に何の説得力のない凡作。また、ケニー・ロギンスの歌う主題歌が大ヒットするなど、「フラッシュダンス」やこの作品あたりから映画のBGMが作品に関係なく一人歩きしてゆくといった風潮が生まれた。


◆"話の展開に何の説得力のない凡作"(^▽^;)かどうかは置いといて…音楽はなかなかのものでした。サントラも買いましたよ。沢山のヒットが出てお得な一枚でした!特に僕にとっては大好きなエリック・カルメン作の「3.」が入っていたのが嬉しかった。ケニーの曲が「1」「6」の2曲。日本でも「4」を麻倉未稀さん(TV「スクール☆ウォーズ」主題歌)、「9」をピンクレディのMIEさんがカバーしましたね。(この記事を調べてて知ったのですが、渡辺美里さんのデビュー曲は「6」のケニーの"I'm Free"だったんですね。ビックリ)

-1.フットルース~メイン・テーマ(Kenny Loggins)
-2.レッツ・ヒア・イット・フォー・ザ・ボーイ(Deniece Williams)
-3.パラダイス~愛のテーマ (Mike Reno And Ann Wilson)
-4.ヒーロー(Bonnie Tyler)
-5.ダンシン・イン・ザ・シーツ(Shalamar)
-6.アイム・フリー(Kenny Loggins)
-7.誰かの愛が…(Karla Bonoff)
-8.危険なガール(Sammy Hager)
-9.ネヴァー(Moving Pictures)

*1985年の15thアニヴァーサリーコレクターエディションではQuiet Liot、John Cougar Mellencamp、Foreignerの曲が追加されています。

◆映画"フットルース"とケニーの歌うメイン・テーマはほんとマッチしていましたよね。それもそのはず。ケニーはこの映画を作る過程から参加していました。脚本担当のディーン・ピッチフォードは次のように話しています。

ケニーは僕にとって、アメリカという国の声そのものなんだ。しわがれていて、陽気な声。彼の声には希望が満ちているように思えたんだ。ケニーは脚本の段階からぼくと一緒にやり通してくれた。彼はゲラ刷りも読んでくれた。彼が曲を書き、そして2人で登場人物について話し合う、といった具合だった。全部が出来上がるまで彼はとても一生懸命だったよ。


139700_01.jpg

なるほど、"Footloose"という"自由な足元"=足のおもむくまま、気楽に、なんていう意味ですね。歌詞で"Cut footloose"と歌われている意味が最初はわからなかったのですが、これは"cut loose"=鎖を切って自由になる、って言葉の"cut"を組み合わせて歌ってるんでしょうね。"cut footloose"も"cut loose"も同じ意味かなと思います。
自由ほとばしるエネルギーを持ったケニーのこの曲。これからも聴かれ続けていく!と思います。
ケニーはこのあと、このような「元気なメインテーマを歌うサントラ歌手」として活躍していきました。映画「トップガン」では「Danger Zone」、映画「キャディシャック」では「ノーバディーズ・フール」など。でもケニーは人気が大衆的になっていった半面、Loggins & Messinaやソロでの数枚のアルバムが好きだったファンの方は、ケニーが違った方向に行ってしまったのでは…と離れてしまったかもしれませんね。

◆"Footloose"が1位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles For The Week Ending March 31, 1984

ヴァン・ヘイレンに代わって4位から首位に立ちます。ロックウェルは2位止まりで残念。7位フィルもサントラ曲。9位ホール&オーツは、ベストアルバムに入っていた新曲ですね。

-1 4 FOOTLOOSE –•– Kenny Loggins
-2 2 SOMEBODY'S WATCHING ME –•– Rockwell
-3 1 JUMP –•– Van Halen
-4 5 HERE COMES THE RAIN AGAIN –•– Eurythmics
-5 3 GIRLS JUST WANT TO HAVE FUN –•– Cyndi Lauper
-6 6 I WANT A NEW DRUG –•– Huey Lewis & The News
-7 12 AGAINST ALL ODDS –•– Phil Collins
-8 8 AUTOMATIC –•– The Pointer Sisters
-9 9 ADULT EDUCATION –•– Daryl Hall & John Oates
10 14 MISS ME BLIND –•– Culture Club

◆こちらがPVかな。ケニーとダンスシーンの編集。イマイチ?の出来だな。Footlooseだけに「足元」のステップを映します。
↓↓↓↓↓


◆映画「フットルース」のシーン満載のPVビデオです。
↓↓↓↓↓


◆アメリカン・アイドル2015にケニーが登場!
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・ビルボード・ナンバー1・ヒット1971-1985下(音楽之友社)

(この曲を購入)amazon.co.jp
フットルース Soundtrack
サントラ (アーティスト)

footloosejacket.jpg


「洋楽和訳めったPOPS」にFacebookページとTwitterページのお知らせです。
「Facebook」はこちらから
「Twitter」はこちらから

関連記事

コメント

非公開コメント