Over My Head / オーヴァー・マイ・ヘッド (Fleetwood Mac / フリートウッド・マック)1975



You can take me to paradise,
And then again you can be cold as ice
I'm over my head,
But it sure feels nice.

私を楽園に連れていったかと思うと
あなたは再び 氷のように冷たくなる
私にはわからないわ
でもそれが心地よかったりするの

You can take me anytime you like,
I'll be around
if you think you might love me baby,
And hold me tight.

あなたは好き勝手に私を連れ出せる
もしあなたが私を愛してるって思うなら
私はあなたに付いていく
強く抱きしめて

Your mood is like a circus wheel,
You're changing all the time,
Sometimes I can't help but feel,
That I'm wasting all of my time.

あなたの機嫌はサーカスの車輪みたい
いつだって変わっていくわ
でもときどきこう思ってしまう
私は時間を無駄にしてるのかも…って

Think I'm looking on the dark side,
But everyday you hurt my pride,
I'm over my head,

私は悪い面ばかりを見てるんだわ
でも私は毎日
あなたにプライドを傷つけられてるの
私には理解できないわ

But it sure feels nice,
I'm over my head,
But it sure feels nice.

でもそれが心地よかったりするの
どうしてか私にはわからないけど
私はすごくいい気持ちなの

(Christine McVie)

over one's head =〔難し過ぎて〕理解できない、分からない

Released in 1975
US Billboard Hot100#20
From The Album"Fleetwood Mac"

6193-OUW04LSL1077_.jpg

8月の月イチ・マックはクリスティン曲ですね!
昨年 Ultimate Classic Rockのサイトで発表になった、クリスティンソングTop10の第5位!の曲です。(Top10についてはこちら

McVie_FinCostello.jpg

◆はい、"I'm Over My Head"...お嬢さん、それが恋ってもんなんだぜ…以上!っていう歌詞ですね(^▽^;)。

◆アルバム"ファンタスティック・マック"(Fleetwood Mac)には、マックの代表曲の「リアノン」や「セイ・ユー・ラヴ・ミー」、「マンディ・モーニング」などもありますが、最初のシングルカットがこの曲「Over My Head」だったんですね。おそらくリンジーとスティーヴィーはバンドに加入したばかりということもあり、1st シングルはやっぱり「ここはひとつ、まずは姐さん、お願いします!」「おや、そうかい」ってことになったんでしょうね。全米20位という記録でした。

◆この曲の背景となる情報を探していたら、ウィキペディアに次のようにでていました。

クリスティンはカリフォルニア・マリブにある小さいアパートで小型のHohnerの電子ピアノで曲を作っていたと言います。そこでは前のアルバム「クリスタルの謎」(Heroes Are Hard to Find)のプロモーションツアーが終了した頃から、彼女のそのときの夫であるジョン・マクビーも住んでいました。この曲に書かれている歌詞は…クリスティンは決して認めないでしょうけど…二人の結婚のトラブルについて歌ったものでしょう。1976年に二人は離婚しています。


本人が認めないだろうけど…ってことを記事に書かないでくださいっ!(^▽^;)

31CPJBEcbXL.jpg
これが「クリスタルの謎」のアルバムカバー。なぜにミック・フリートウッドが裸で…(^▽^;)

でもそうだったとしたら、やっぱりマックってスゴイよな。自分たちの恋愛や結婚の破局をどんどん作品にして、自分たちで歌って演奏しちゃうんだから。僕がフリートウッド・マックのメンバーにならないか?と言われても、やっぱり断っただろうな。(←空想は自由だけど、突飛すぎやしませんかぃ?)

overmyhead mac

これが「オーヴァー・マイ・ヘッド」の日本シングルジャケット。アルバムジャケットの「Fleetwood Mac」の自体を真似て「オーヴァー・マイ・ヘッド」というイラストにしているところが日本のデザイナーは芸が細かい!

◆Top Of The Popsでのステージ。クリスティンはさらっと歌うよな。リンジーのギターは心地いいな。
↓↓↓↓↓


◆1977年の日本公演からの"Over My Head".リンジーがギターをワイルドにかき鳴らすアレンジ。
↓↓↓↓↓


◆こちらは"The Dance"ツアーより"Over My Head".スティーヴィーの声がバックコーラスではっきり聞こえるのもむしろ新鮮!
↓↓↓↓↓


(この曲を購入)amazon.co.jp
ヴェリー・ベスト・オブ・フリートウッド・マック <2CDベスト 1800> Limited Edition
フリートウッド・マック

51BQiSGdGYLSX425_.jpg

★お知らせ★
「洋楽和訳めったPOPS」にFacebookページとTwitterページができました!
「Facebook」はこちらから
「Twitter」はこちらから
関連記事

コメント

非公開コメント

好きな曲です

この曲はマックの中でも大好きな曲です。アルバムも好きです。
「噂」よりこっちの方が好きかな。
Over my head というのはそういう意味なんですか。
overの使い方はなかなか難しいですね!

実は僕も

アルバムとして聴くには僕も「ファンタスティックマック」(今にして思うとナイスな邦題ですね!)のほうが好きかな。こちらは印象深いリンジー曲が最初と最後に位置していて、最後まで全力投球!感があるのですが、「噂」はB面はラストがスティーヴィーの冗長な長い曲で締まらずに終わってしまう感じがします。