Under My Thumb / アンダー・マイ・サム (The Rolling Stones / ローリング・ストーンズ)1981



Under my thumb
The girl who once had me down
Under my thumb
The girl who once pushed me around

俺の言いなりさ
一度は俺の優位に立ってたアイツ
俺の言いなりさ
一度は俺をこき使ってたアイツ

It's down to me
The difference in the clothes she wears
Down to me, the change has come,
She's under my thumb

俺がそうしたのさ
アイツの着てる服も違うのさ
俺のせいなんだ 変わるときが来たのさ
アイツは俺の言いなりさ

Ain't it the truth babe?

本当のことだろ ベイブ?

Under my thumb
The squirmin' dog who's just had her day
Under my thumb
A girl who has just changed her ways

俺の言いなりさ
身もだえするワンちゃんも
以前はおたかくとまってたもんさ
俺の言いなりさ
アイツも自分の生き方を変えたんだ

It's down to me, yes it is
The way she does just what she's told
Down to me, the change has come
She's under my thumb
Ah, ah, say it's alright

俺のせいなのさ そうなんだ
アイツは言われたことをするだけさ
俺がそうしたのさ 変わるときだったのさ
俺の言いなりに
ああ いい気持ちだわ って言ってみろ

Under my thumb
A Siamese cat of a girl
Under my thumb
She's the sweetest,
hmmm, pet in the world

俺の言いなりさ
シャム猫みたいな女のコ
俺の言いなりさ
アイツは世界でいちばん
可愛いペットなのさ

It's down to me
The way she talks when she's spoken to
Down to me, the change has come,
She's under my thumb
Ah, take it easy babe
Yeah

俺のせいなんだ
アイツが話すのは言われたことだけさ
俺がそうしたのさ 変わるときだったんだ
俺の言いなりさ
ああ ゆっくり行こうぜ ベイブ
Yeah

It's down to me, oh yeah
The way she talks when she's spoken to
Down to me, the change has come,
She's under my thumb
Yeah, it feels alright

Under my thumb
Her eyes are just kept to herself
Under my thumb, well I
I can still look at someone else

俺の言いなりさ
アイツの瞳はアイツ自身を見れるのさ
俺の言いなりさ
俺はまだ他のオンナも見てるけどな

It's down to me,
oh that's what I said
The way she talks when she's spoken to
Down to me, the change has come,
She's under my thumb
Say, it's alright.

俺のせいなんだ
俺が言ったことなのさ
アイツは言われたことを話すだけ
俺がそうしたんだ 変わるときだったのさ
俺の言いなりなんだ
言ってみろよ
それでいいのって

Say it's all
Say it's all

言ってみろよ
それがすべてだって

Take it easy babe
Take it easy babe
Feels alright
Take it, take it easy babe.

気楽に行こうぜ
ゆっくりいこう
気楽にな それでいいのさ ベイブ

Songwriters
JAGGER, MICK / RICHARDS, KEITH
Lyrics © Abkco Music, Inc.

under someone's thumb =(人)の言いなりになって
have ...down=((米俗)) …を完璧かんぺきに仕上げる,完全にマスターしている
push around=振り回す、こき使う
cf.down to you...=あなたのせい、あなたのおかげ
squirm=身もだえする,もがく.
have had one's day=全盛期を過ぎた 《昔はよかったが今はだめだ

Released in 1981
From The Album"Still Life"

220px-Still_Life_-_American_Concert_1981_(The_Rolling_Stones_album_-_cover_art).jpg

ストーンズのライヴをテレビで初めて観たのはNHKのヤング・ミュージック・ショーでした。
1976年のライヴで丁度アルバム「ブラック・アンド・ブルー」がリリースされた頃のもので「ハンド・オブ・フェイト」や「ホット・スタッフ」。そして何よりも「愚か者の涙」をミックが歌っている映像が見られたのは感動もの!でした。(僕が持っている本「僕らのヤング・ミュージック・ショー」によると、これはパリのライヴで、TV放映は1977年3月12日だったそうだ。再放送は77年10月15日←こっちだったかもしれません)

◆次は映画「ローリング・ストーンズ」です。(原題 "Let's Spend The Night Together")」。こちらは1981年の全米ライヴをフィルムにしたもので当時映画館で上映されました。音源はライヴアルバム"Still Life"で聴いていたので、それが全曲、演奏順に観られる!っていうのは結構興奮しました!とくに1曲目の"Under My Thumb"と2曲目の"Let's Spend The Night Together"! カラフルに彩られたステージに、スポーティーな格好のミックも印象的でした。
 ちなみにCD"Still Life"の方ですがジャケットは日本人アーチストの"ヤマザキ カズヒデ"さんの作品で、ツアーのステージデザインにインスパイアされて描かれたそうです。

Lets spend the night

◆映画「ローリング・ストーンズ」の演奏曲は次の通り。

1."Under My Thumb"
2."Let's Spend the Night Together"
3."Shattered"
4."Neighbours"
5."Black Limousine"
6."Just My Imagination"
7."Twenty Flight Rock"
8."Let Me Go"
9."Time Is on My Side"
10."Beast of Burden"
11."Waiting on a Friend"
12."Going to a Go-Go"
13."You Can't Always Get What You Want"
14."Little T&A"
15."Tumbling Dice"
16."She's So Cold"
17."All Down the Line"
18."Hang Fire"
19."Miss You"
20."Let It Bleed"
21."Start Me Up"
22."Honky Tonk Women"
23."Brown Sugar"
24."Jumpin' Jack Flash"
25."Satisfaction"

ストーンズはその後来日してくれたので、生での彼らを観て幸せを味わいましたが、かなわぬ願いではありますが、タイムマシンがあれば、これら76年のパリ公演、81年の全米公演、このあたりのストーンズのライヴを観たかったな!さらに無理な願いを重ねるならば、僕自身も若返って…(^▽^;)。

◆この曲"アンダー・マイ・サム"は1966年発表のアルバム「アフターマス」の収録。シングルになっているのは日本だけ?のようです。

R-5071974-1383737888-5794jpeg.jpg

ウィキペディアにはこんなことも書いてありました。

「どんな女も俺の言いなり」という内容の歌詞がフェミニストからの攻撃対象にされた事もあるが、ジャガーはこれについて「あれはちょっとしたジョーク・ナンバーで、実在する女性を指してるんじゃなく、カリカチュアなんだ」と弁解している。


...はい、僕もこの曲好きですが、それは決して歌詞の内容のようなことではなくて...(ごにょごにょ) 大変スミマセン、セクハラ・パワハラ訴えないでください(^▽^;)

◆ライヴでも2曲め!"Let's Spend The Night Together"!
↓↓↓↓↓


◆同ライヴから"Beast Of Burden"(ライヴCDの"Still Life"には未収録です)
↓↓↓↓↓


◆ミックもキースも若い!ブライアンがマリンバを叩きます!
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にした文献・Webサイト)
・「僕らのヤング・ミュージック・ショー」(情報センター出版局)
・Webサイト「劇場用映画パンフレット研究所

(DVDを購入)amazon.co.jp
ザ・ローリング・ストーンズ/レッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥゲザー [DVD]
CDなら"Still Life"ですが、やっぱり映像がいいんじゃないでしょうか。Blu-Rayも出てますよ。

51BR0Ypjq2LSL500_AA300_.jpg

★お知らせ★
「洋楽和訳めったPOPS」にFacebookページとTwitterページができました!
「Facebook」はこちらから
「Twitter」はこちらから
関連記事

コメント

非公開コメント