And I Love Her / アンド・アイ・ラヴ・ハー (The Beatles / ビートルズ) 1964



I give her all my love
That's all I do
And if you saw my love
You'd love her too
I love her

彼女に愛をぜんぶ捧げるよ
僕ができるのはそれだけだから
僕の愛する彼女を見て見れば
きみも恋してしまうだろう
そして僕は彼女を愛す

She gives me everything
And tenderly
The kiss my lover brings
She brings to me
And I love her

彼女はすべてを捧げてくれる
とても優しくね
愛しい彼女がしてくれる
僕に届けてくれるキス...
そして僕は彼女を愛す

A love like ours
Could never die
As long as I
Have you near me

僕たちの愛
決して消えることはない
きみが僕のそばに
いてくれる限り…

Bright are the stars that shine
Dark is the sky
I know this love of mine
Will never die
And I love her

輝く星たちは明るくて
空全体は暗くても
僕はわかってるのさ
この僕の愛は決して消えないと
そして僕は彼女を愛す

Bright are the stars that shine
Dark is the sky
I know this love of mine
Will never die
And I love her

そして僕は彼女を愛す...

Released in 1964
US Billboard Hot100#12
From The Album"A Hard Day's Night"

harddaysnight.jpg

 この曲"And I Love Her"は僕にとっては"A Hard Day's Night"よりも、アルバム"Something New"で聴いた記憶があります。
アルバム"Something New"はキャピトルからリリースされたアルバムで、"A Hard Day's Night"から8曲にプラスして、ロックンロールの有名曲"Slow Down""Matchbox"に、ドイツ語の"抱きしめたい"が入っています。このドイツ語版が曲者ですねえ。聴きたくなってしまいますから。
ですので、"And I Love Her"(および"Things We Said Today")と聴くと…このジャケットを想い出してしまいます。

TheBeatlesSomethingNewreissuecover.jpg

Side one
1."I'll Cry Instead" – 2:09 (mono version) / 1:49 (stereo version)
2."Things We Said Today" – 2:39
3."Any Time at All" – 2:13
4."When I Get Home" – 2:18
5."Slow Down" (Larry Williams) – 2:55
6."Matchbox" (Carl Perkins) – 1:58

Side two
1."Tell Me Why" – 2:10
2."And I Love Her" – 2:32
3."I'm Happy Just to Dance with You" – 1:58
4."If I Fell" – 2:22
5."Komm, Gib Mir Deine Hand" (I Want To Hold Your Hand sung in German) (Lennon–McCartney/Jean Nicolas/Heinz Hellmer) – 2:19

◆"And I Love Her"の"And"。"彼女を愛す"だけじゃなく"そして…彼女を愛してる"と、なんだか余韻がありますよね。これもこの曲の醸し出す魅力の一つのように思います。リンゴのパーカッションもドラムではなくボンゴを叩き、ラテンフレーバーのゆっくりとしたリズムで、噛みしめるように歌うポール。ビートルズの楽曲のなかでも一度聴いたら忘れられない一曲と言えるのではないかと思います。

220px-04_And_I_Love_Her.jpg

この曲はシングルで発売され全米12位のヒット(B面は"If I Fell")となっています。12位止まり、だったのは…ほかにヒット曲がいっぱいあったから、でしょうね!

◆ロン・ハワード監督のドキュメンタリー映画「Eight Days A Week」も9月22日から全国公開になります!リンゴもヒズ・オールスター・バンドで11月に来日です!この秋もビートルズ!で盛り上がりそうですね。
↓↓↓↓↓


◆1991年のポールのMTVのアンプラグドのライヴ。やっぱりオリジナルをずっと聴いてきたからなあ。ちょっと慣れない感じ(^▽^;)
↓↓↓↓↓


◆昨年2015年、故ニルバーナのカート・コバーンが歌う"And I Love Her"の音源が発見され発表されました。
↓↓↓↓↓


◆「And I Love Her」を忠実に訳すと「そして…僕は彼女を愛す」。この曲「そして僕は途方に暮れる」は英訳すると「and I am at a loss」ってところでしょうか。大沢誉志幸さんです。
↓↓↓↓↓


(PS)女性ボーカリストのShantiさんが「そして僕は途方に暮れる」を英語訳で歌っていました!「そして僕は途方に暮れる」の部分は、"Even if I'll completely lost without you"となっています。ふむ、なるほど…!(興味ある方はこちらへ

関連記事

コメント

非公開コメント