Johnny Can't Read / ジョニーの青春 (Don Henley / ドン・ヘンリー)1982



Football, baseball,
basket ball games
Drinkin bear,
kickin ass and takin down names
With the top down,
get-a-round,shootin the line
Summer is here and johnnys feelin fine

フットボールだって 野球だって
バスケットボールだってできる
ビールも底なし
何だって連戦連勝
トップに君臨
そこらブイブイ言わせて歩いてる
季節は夏で ジョニーの気分は最高さ

But johnny can't read
Summer is over and he's gone to seed
Johnny can't read
He never learned nothin' that he'll ever need

だけどジョニーは字が読めない
夏が終わってヤツのピークは過ぎてった
ジョニーは字が読めない
ヤツは必要になることを
何も学んでこなかったのさ

Well, johnny can dance
and johnny can love
Johnny can push and johnny can shove
Johnny can hang out johnny can talk tough
Johnny can get down and johnny can throw up

ああ ジョニーはダンスも得意
恋愛もお手のもの
ジョニーは押して押しまくる
うろつき回って高飛車発言
かがんで吐いて また呑みまくる

But johnny can't read
Summer is over and he's gone to seed
(you know that), johnny can't read
He never learned nothin
that he'll ever need

でもジョニーは字が読めない
夏が終わってヤツの時代も過ぎ去った
そうさ ジョニーは字が読めない
必要になることを
何も学んでこなかったのさ

Well, is it teacher's fault
oh no!
Is it mommy's fault
oh no!
Is it society's fault
oh no!
Well is it johnny's fault
ohhhhh nooooo!

それって先生のせいかい?
(いや違う!)
ママの失敗ってこと?
(そうじゃない!)
それじゃ社会のせいかい?
(違うんだ!)
じゃあやっぱりジョニーのせいかい?
そうじゃないのさ…!

Couple years later, johnny's on the run
Johnny got confused
and he bought himself a gun
Well, he went and did
something that he shouldn't oughta done
F.b.i. on his tail
Use a gun-go to jail

何年か過ぎていって ジョニーは逃亡中
ジョニーは混乱して銃を買ったのさ
それからヤツは出かけていって
やっちゃいけないことをやっちまった
F.B.Iが迫ってる
「銃を使えば刑務所行き」
そう書いてあるだろ

But johnny can't read
Summer is over and he's gone to seed
(you know that), johnny can't read
He never learned nothin that he'll ever need

でもジョニーは字が読めない
夏は過ぎ去りヤツのピークも終わったのさ
そうさ ジョニーは字が読めない
必要なことを何も学んでこなかったんだ

Well is is teacher's fault
oh no
Is it mommie's fault
oh no
Is it the president's fault
oh no
Well is it johnny's fault
ohhhhh nooooo!

それって先生のせいかい?
(違うよ)
そいじゃママのせい?
(そうじゃない)
大統領が行けなかったのかい?
(のわきゃない)
そしたらジョニー自身のせいなのかい?
そうじゃないんだ~!

Johnny can dance and johnny can love
Johnny can push and johnny can shove
Johnny can pinball; johnny can talk tough
Johnny can get down and johnny can throw up

ダンスが上手で恋愛もプロ
押しまくるのがヤツの得意技さ
ピンボールもお手のもの
相変わらずのビッグマウス
呑んでは吐いて また呑んで…!

(Johnny can't read)
(Johnny can't read)

Well, recess is over
Recess is over!

ああ 休憩時間はおしまいさ
もう休んではいられないのさ!

Sitcoms, t.&a.
Johnny's mind is blown away
Cop shows, horror flicks
Johnny's brain is full of Vicks
Rock show, video
Boob tube, rubik's cube
King Cool, Sunday school
Ten Frames, gobble games
Wocka wocka wocka
There's a new kid in town...

エッチなコメディ
ジョニーの頭はぶっ飛んだ
警察ドラマ ホラー映画
ジョニーの脳みそは"のど飴"でいっぱい
ロック・ショーのビデオ
テレビのセット ルービック・キューブ
キング・クール 日曜学校
テン・フレームス、ゴブル・ゲームス
Wocka wocka wocka...
"There's a new kid in town..."

Songwriters: KORTCHMAR, DANNY/HENLEY, DON
lyrics © Warner/Chappell Music, Inc., Cass County Music / Wisteria Music / Privet Music

kickin ass and takin down names=Phrase used in reference to someone or something that is having multiple successes in succession.
shoot a line=見せびらかす(show off)
go to seed=種ができる.盛りを過ぎる, みすぼらしくなる, 衰える
shove=押す,突く; 押しやる
tough talk=強気の[高圧的な]発言、高飛車な言葉
hang out =遊ぶ
recess=休み(時間), 休憩(時間).
Sitcoms=Situation Comedy
T&A=tits-and-ass
flick=映画

Released in 1982
US Billboard Hot100#42
From The Album"I Can't Stand Still"

2773.jpg

 1980年のイーグルス解散後、グレン・フライのソロ「No Fun Aloud」に続いて、ドン・ヘンリーも発表しました。ファースト・ソロアルバム「I Can't Stand Still」です。はてさて、どんな社会批判を込めた大作を聴かせてくれるかな?と期待して聴いた、ファースト・シングルがこの「ジョニーの青春」(原題"Johnny Can't Read")でした。まあ、ぶっ飛びましたね(^▽^;)。

◆イントロからキーボード・オルガン全開のポップな仕上がり。こういう曲をドンはやりたかったのかな?なんて考えたり...でもアルバムを通して聴いてみると、全米3位まで上昇した"Dirty Laoundry"、骨太なタイトル曲"I Can't Stand Still"もあって、アルバムとしてのバランスは取れていて安心…。

◆この曲「ジョニーの青春」に登場するジョニーは何だってできるスーパーマンのような若者なのですが「字は読めない」。移民が多いアメリカでは識字率がそれほど高くないという問題を歌ったのかなとも思いましたが、ドンが歌いたかったのは、自分の好きな「読書」のことのようですね。

この曲のウィキペディアによると、ドンの著書"Heaven Is Under Our Feet"に次のように書かれています。

僕は5歳のときから本を読み始めたのさ。父親が日曜にはときどき僕に‘Funny Papers’を読んでくれたんだ。母親は大学を出ていて以前は学校の先生だったんだけど、毎日のように僕に本を読んで聞かせてくれた。いつでも年齢に合った読む能力が身につけられるよう、家の本棚を用意してくれていたんだ。僕はそうやって大きくなったのさ...。


ドンは特にジョニー(のような人間)を批判したかったわけではなく、読書好きは子どもの頃の環境がそうさせるんだって言いたかったのでしょうかね?

images2MMGK2DB.jpg

◆この曲の最後にドンは"Wocka Wocka Wocka"と歌い、次に"There's a new kid in town…"というフレーズを口にして終わります。
"wocka wocka wocka"はほとんど意味のない言葉で、人形劇での人形(Muppet)が口にするギャグらしいです。ですので、最後にジョニーの頭のなかのごちゃごちゃを歌って、もうわけがわからなくなって、最後にイーグルスの「ニュー・キッド・イン・タウン」(ドンではなくて、グレンがリードを取る曲)を歌ってしまう、という…ファンがニヤッとしてしまう悪ノリですね、なんで"New Kid In Town"だったのかというと、歌詞に「ジョニー」が出てくるから、なんでしょうね!(^^)

◆最後になりましたが、ジョニー、やっぱり自分自身のせいだと思うぞ。

◆Muppet Babies"Wocka Wocka Wocka"
↓↓↓↓↓


◆ジョニーつながりで…"ジョニーの子守唄"(by アリス)
↓↓↓↓↓


◆ジョニーつながりで…"ジョニィへの伝言"by ペドロ&カプリシャス
↓↓↓↓↓


(この曲を購入)amazon.co.jp
I Can't Stand Still CD, Import
ドン・ヘンリー

51ScDbNl5VLSX425.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント