I'd Rather Leave While I'm In Love / 愛しているからさよならを (Rita Coolidge / リタ・クーリッジ)1980



I'd rather leave while I'm in love
While I still believe
the meaning of the word
I'll keep my dreams and just pretend
That you and I are never gonna end

愛しているうちに去っていくわ
その言葉の意味を
私がまだ信じているうちに
私の夢を大切にして
あなたと私の愛は決して終わらない
そんなふりをするの

Too many times I've seen
The rose die on the vine
Somebody's heart gets broken
Usually it's mine

数えきれないくらい見てきたの
薔薇がむだに枯れてきたのを
誰かの心が壊れるとしたら
たいていそれは私の心なの

I don't want to take the chance
Of being hurt again
And you and I can't say good-bye

恋をして再び傷ついたりするのは
私はもう望まない
あなたと私 サヨナラが言えないから

So if you wake and find me gone
Oh baby carry on
you see I need my fantasy
I still believe
it's best to leave while I'm in love

だからもし
目を覚ましたときに私がいなくても
いつものようにしていてね
私にはファンタジーが必要なのよ
まだ信じてるんだから
愛してるうちに去っていくのが一番なの

Too many times I've seen
The rose die on the vine
Somebody's heart gets broken
usually it's mine
I don't want to take the chance
of being hurt again
And you and I can't say good-bye

何度も見てきたのよ
薔薇が虚しく枯れていくのを
誰かの心が傷つくときは
それはたいてい私の心なの
だから私はもう恋をして
傷つくのはごめんだわ
あなたと私 サヨナラを言えないの

So if you wake and find me gone
Oh baby carry on
you see I need my fantasy
I still believe
it's best to leave while I'm in love
I still believe
It's best to leave while I'm in love

だから朝目覚めたときに私がいなくても
ベイビー いつものあなたでいてね
だって私はいつまでも理想の愛がある

まだ信じてる
サヨナラはまだ愛してるときに言うのが
一番なんだって

まだ信じてる
最高のお別れの仕方は
まだ愛してるときに
サヨナラを言うことよ…

Carol Bayer Sager, Peter Allen
Universal Music Publishing Group

die on the vine=実を結ばずに終わる、計画倒れになる

Released in 1980
US Billboard Hot100#38
US Billboard adult contemporary chart#3
From The Album"Satisfied"

RitaIdrather.jpg

"別れるタイミングで一番いいのは、まだ愛は残っているとき"...。なるほどなあと思いますが、そんなのできるんだろうか。結局、傷つくのが嫌だから…ってことなんだよね。でもそうやって別れた人は…きっとまた同じような別れを繰り返すのではないだろうか...。

...とわかったような顔をして語ってしまいました。スミマセン(^▽^;)。

◆原題は直訳すると"愛しているときに さよならを"なのですが、邦題は"愛しているからさよならを"。両者の間には微妙にタイミングが異なるのですが、語呂の良さも含めて名邦題ではありますね。

この曲の入ったリタのアルバムの「愛しているからさよならを」国内盤の帯に書いてある文句です。

快調にヒット路線を突き進むリタ・クーリッジの最新曲「あなたしか見えない」に続き、同一コンビのペンによるこの畢生(ひっせい)の名曲、名唱をずべての音楽ファンのために...。



◆「あなたしか見えない」(悲しみは心に秘めて)の作者はピーター・アレンとキャロル・べイヤー・セイガー。この曲も同じコンビによる作品です。ピーターもキャロルもそれぞれ自身のアルバムにこの曲を収録していますね。ヒットチャート的には上位までいきませんでしたが、名曲だと思います。

◆Rita Coolidgeは6曲のTop40ヒットを持っています。"ハイヤー・アンド・ハイヤー"、"みんなひとりぼっち(あなたしか見えない)"もヨカッタよね。

(1977)
・(Your Love Has Lifted Me)Higher And Higher#2
http://mettapops.blog.fc2.com/blog-entry-1135.html
・We're All Alone #7
(1978)
・The Way You Do The Things You Do #20
・You #25
(1980)
・I'd Rather Leave While I'm In Love#38
・All Time High #36

◆作者のキャロル・べイヤー・セイガ-のバージョン。彼女のアルバムは輸入盤で持ってたな。ハスキーな声で、決して歌い上げるような歌唱力は持っていないかもしれないけど、とても表現力が豊かです。
↓↓↓↓↓


◆こちらはピーター・アレンのバージョン。男性の立場からすると...(あっでもピーターは心は女性のようです)
↓↓↓↓↓


◆デビー・ギブソンもブロードウェイ・アルバム"Colored Lights"で歌ってたんですね。スタジオで歌います。
↓↓↓↓↓


(この曲を購入)amazon.co.jp
20th Century Masters Import
リタ・クーリッジ

71adYfZWy7LSL1050.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント