Dance With My Father / ダンス・ウィズ・マイ・ファーザー(Luther Vandross / ルーサー・ヴァンドロス)2003



Back when I was a child,
before life removed all the innocence
My father would lift me high
and dance with my mother and me and then
Spin me around ‘til I fell asleep
Then up the stairs he would carry me
And I knew for sure I was loved

子どもの頃を思い出すよ
人生が純真さを持ち去ってしまう前のことさ
父さんは僕を高く持ち上げて
母さんと僕と一緒に踊ってくれたんだ
それから 僕が眠くなるまでくるくると回し
階段を登ってベッドに運んでくれたんだ
愛されてたんだな って
子ども心にしっかりわかったものさ

If I could get another chance,
another walk,
another dance with him
I'd play a song that would never, ever end
How I'd love, love, love
To dance with my father again

もう一度 チャンスがあったなら
もう一度 散歩ができたなら
もう一度 父さんと踊れたら
僕は終わりの決して来ない歌を歌おう
もう一度 父さんと踊りたい
僕はどんなに
どんなにそのことを願ったことか

When I and my mother would disagree
To get my way, I would run from her to him
He'd make me laugh just to comfort me
Then finally make me do
just what my mama said

僕が自我を通そうと母さんと意見が合わないときは
僕は母さんから父さんの元に駆け寄った
父さんは笑って僕をただ慰めてくれたよ
でも最後には僕を
母さんの言うとおりにさせたね

Later that night when I was asleep
He left a dollar under my sheet
Never dreamed
that he would be gone from me

その夜遅く 僕が眠っていたときに
父さんはシートの下に1ドル置いていった
そんな父さんが僕の元からいなくなるなんて
夢にも思わなかったんだ

If I could steal one final glance,
one final step,
one final dance with him
I'd play a song that would never, ever end
Cause I'd love, love, love
To dance with my father again

最後にこっそりと一目会えて
最後のステップを
最後のダンスを父さんと踊れるなら
僕は決して終わりのない歌を歌うんだ
だって僕は再び父さんと踊ることを
ずっとずっと 夢見てたんだから

Sometimes I'd listen outside her door
And I'd hear how my mother cried for him
I pray for her even more than me
I pray for her even more than me

ときどき 母さんの部屋越しに聞いていた
母さんが父さんを思って泣き叫ぶ声を
僕は自分のことよりも母さんのために祈る
僕は自分のことよりも母さんのために祈る

I know I'm praying for much too much
But could you send back the only man she loved
I know you don't do it usually

わかってるさ
祈ることが沢山ありすぎるんだよね
でも神さま
母さんの愛したたった一人の男性を
母さんの元に送り戻してはいただけませんか
神さまが普通
そんなことしないのはわかってますけど…

But dear Lord she's dying
To dance with my father again

でも神さま 
母さんは父さんと再び踊れることを
心から願っているのです

Every night I fall asleep
and this is all I ever dream

毎晩 僕は眠りにつくたびに
このことを夢に見ているのです…


(Luther Vandross,Richard Marx)

die=(…が)ほしくてたまらない

Released in 2003
US Billboard Hot100#38
From the album“Dance With My Father”

220px-L-vandross-dance-father.jpg

11月2日は僕の父親の命日ということもあり、毎年「子どもから父親へ贈る曲」を紹介してきました。実はこの曲「Dance with my father」は、今年6月のリチャード・マークス来日の際に彼の作った曲の1曲として既に和訳していたのですが、今年の11月2日を迎えるにあたり、どうもこの曲しか浮かばなかったため、ズルのようですが(-_-;)、この曲を紹介させていただきます。

2013年はこの曲
2014年はこの曲です。
2015年はこの曲です。
この曲と合わせて、みなさんの「お父さんを想う日」にぜひ聴いてみてください。


ん~。泣いちゃいますね…(>_<)

この曲“Dance With My Father”は第46回グラミー賞「最優秀楽曲賞」(Song Of The Year)受賞曲です。Winnerはルーサー・ヴァンドロス(Luther Vandross)とリチャード・マークス! 亡き父との幼い頃にダンスした思い出がテーマになっているこの曲は多くの人の涙を誘いました。リチャードは自分で歌うだけでないソングライティングの才能も示しましたね。ルーサーとの付き合いは、“Keep Coming Back(瞳の誘惑)”での共演あたりがきっかけになったのかな。
この曲も最近のリチャードのセットリストに加えられています。うーむ、楽しみだ。

◆ルーサー・ヴァンドロス(Luther Vandross、1951年4月20日 - 2005年7月1日)は、米国のR&B歌手。バックアップボーカルでの活動が評判となり、ゲストとしてチェンジ等のアルバムの一部でメインボーカルを担当し、1976年にソロデビューにたどり着きました。1980年代のブラック・コンテンポラリーの第一人者のひとりであり、歌手としてだけではなく、サウンドクリエイターとしても知られました。
“Dance With My Father”はSong Of The Yearを受賞するだけでなく、同時に ルーサーにとっては4回目となる最優秀男性 R&B 歌唱賞を受賞しました。。アルバムは、Billboard 200(総合アルバムチャート)で初めてとなる 1位を記録した。グラミー賞で初の最優秀R&Bアルバム賞に輝き、またビヨンセとのデュエット「The Closer I Get to You」(ダニー・ハサウェイ&ロバータ・フラックのカバー)も最優秀R&Bデュオ/グループ賞を受賞しています。アルバムからの 2nd シングル「Think About You」は、2004年のアーバン・アダルト・コンテンポラリ・ソングで 1位に輝いています。あらためてルーサーのR&Bシンガーとしての実力もわかりますね。

◆冒頭のこの曲のPVですが、ルーサーだけでなく、たくさんのミュージシャンの子どもの頃の写真と両親の写真が出てきます。Wikipediaから抜き出してみると、Beyoncé、 Monica, Brian McKnight, Johnny Gill, Stevie Wonder, Garcelle Beauvais, Damon Wayans, Holly Robinson Peete, Whitney Houston, Babyface, Morris Chestnut, Ashanti, Nona Gaye, Patti LaBelle, Ruben Studdard, Brandy, Quincy Jones 、Wyclef Jean…ときりがありませんね(^_^;)

◆ルーサーは2003年脳卒中に倒れ、その後、復帰したものの2005年7月1日に天に召されています。享年54歳でした。R.I.P…。

◆Luther Vandross Dance w/ My Father Live Performance
↓↓↓↓


◆リチャードのピアノ弾き語りでの“Dance With My Father”
↓↓↓↓


◆グラミー授賞式でのリチャード・マークスのスピーチ。"僕の美しい妻、シンシアにも感謝してるよ"。ノミネートには故ウォーレン・ジーヴォンの姿も見られます。
↓↓↓↓
埋め込み無効のためこちらをクリック
grammyrichard.jpg

◆この曲を購入 amazon.co.jp
パーフェクト・ベスト
ルーサー・ヴァンドロス

51WF7+WXdrL__SX425_.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント