Now and Forever / ナウ・アンド・フォーエバー (Richard Marx / リチャード・マークス) 1994



Whenever I'm weary
From the battles that raged in my head
You made sense of madness
When my sanity hangs by a thread

向かい合わなきゃならないことだらけで
頭のなかがいっぱいになり
疲れ果ててるときはいつだって
ギリギリのところで気を確かに持ってる僕を
ありのままに受け入れてくれるきみ

I lose my way,
but still you seem to understand
Now & Forever,
I will be your man

僕が進むべき道を見失っても
きみはそれでも理解してくれるんだね
いま そして 永遠に
僕はきみに愛される人でいたい

Sometimes I just hold you
Too caught up in me to see
I'm holding a fortune
That Heaven has given to me

時々きみをただ抱きしめるけど
自分のことばかり考えてしまってる
僕の腕のなかのきみは
天が与えてくれた未来だというのに

I'll try to show you
Each and every way I can
Now & Forever,
I will be your man

きみに見せてあげたいのさ
あらゆる方法を使ってでもね
いま そして 永遠に
僕はきみを愛することを誓う

Now I can rest my worries
And always be sure
That I won't be alone, anymore
If I'd only known you were there
All the time,
All this time.

いま心配ごとは小休止
いつだって確信してるのさ
もう僕は一人ぼっちじゃないってことを
そこにいてくれたきみに感謝してるんだ
いつだって
いつの時にだって...

Until the day the ocean
Doesn't touch the sand
Now & Forever
I will be your man

海と砂浜がこの地球から
なくなってしまうその日がくるまで
いまから そして 永遠に
僕はきみの大切な人であり続けたい

Now & Forever,
I will be your man

いまから そして 永遠に
僕はきみを愛することを誓う

(Richard Marx)

weary=疲れた,疲労した
rage=あらし・戦争などが〉荒れ狂う,猛威をふるう.
make sense of=…の意味を理解する
hang by a thread=風前のともしび, 危機一髪である
sanity=正気,気の確かなこと.
catch up in=〈人を〉巻き込む, 夢中にさせる

Released in 1994
US Billboard Hot100#7
From The Album"Paid Vacation"

220px-Richard_Marx-Paid_Vacation.jpg

今週来日する"リチャード・マークスまつり"の締めくくりは"Now & Forever"にしましょう。
(また時間があればあと数曲取り掛かりたいけど)

◆この曲は奥さんのシンシア・ローズに捧げた曲として知られていますね。リチャードの大ヒット曲"Right Here Waiting"もシンシアに捧げた曲ではありますが、当時彼らはまだ結婚をしていませんでしたので、"Now & Forever"は結婚して家族になって書いた曲という点に違いがあります。また、ハリウッドでの生活に疲れたリチャードはこの曲の入ったアルバム"Paid Vacation"のレコーディング前後に生まれ故郷のシカゴに家族ともども戻りました。そんなこともあって、このアルバム、この曲には愛する妻へだけでなく、家族みんなへの彼の想いが込められているようです。この曲についてのリチャードのコメントからもわかります。(彼のグレイテスト・ヒッツの国内盤ライナーノーツより)。

シンシアと結婚して、息子たちが生まれてからというもの、家族に関する歌をまったく書いてないことに気づいた。あまりにいろんなことがありすぎてね。今もそう。これからも変わらないだろうね。この曲の全編に父の思い出が生きている。


詳しくは調べてみないとわかりませんが、彼のお父さんは生涯をかけてお母さん=彼の妻を愛したのかな。"Now & Forever"は彼自身の想いだけではなく、彼の父親の姿を歌った曲でもあるかもしれません。

220px-Richard_Marx_-_Now_and_Forever.jpg

◆この曲の決め手のセリフ(フレーズ)は

"Now & Forever,I will be your man"ですが、

CDの和訳には「きみの男でいることを誓う」とありました。はい、そのとおりですね。

でも最初の verseの歌詞で

Whenever I'm weary
From the battles that raged in my head
You made sense of madness
When my sanity hangs by a thread

と彼が相当参ってしまってても、彼女はありのままに受け止めてくれる...このことへの彼のこの相手にたいしての想いは「敬意」「感謝」含め、相当なものだと感じました。そんなとき、人は相手に愛される人であり続けたい、それだけ自分に誇りを持てる生き方をしたいし、相手への感謝を込めて、その相手だけを愛していくことを誓おうとするのではないかな。
そうしたことから"I'll be your man"を相当意訳させてもらいました...。

◆こ、これは....(・.・;)汗

ムムッ、リチャードとシンシアはすでに離婚していたんだ…・
Richard Marx on His Divorce: 'It Has Been a Painful Time'

おおっ、そしてリチャードは別な女性と再婚していたんだ…。
Richard Marx and Daisy Fuentes Get Married Again, Host a "Reception for Everyone"

…いろんないい曲はありますが、あまりその背景を探らずに?「作品」として聴くのがいいかも…(^_^;)

◆"Now & Foever"が最高位7位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles For The Week Ending March 19, 1994

名曲の多いチャートです。2位、3位、6位、7位、8位、真実の愛を歌った歌ばかりって感じだな。リチャードのNow&Foeverは3週間7位をキープしました。

-1 1 THE SIGN –•– Ace Of Base
-2 2 THE POWER OF LOVE –•– Celine Dion
-3 4 WITHOUT YOU –•– Mariah Carey
-4 3 WHATTA MAN –•– Salt N’ Pepa Featuring En Vogue
-5 6 BUMP N’ GRIND –•– R. Kelly
-6 5 SO MUCH IN LOVE –•– All-4-One
-7 8 NOW AND FOREVER –•– Richard Marx
-8 7 BREATHE AGAIN –•– Toni Braxton
-9 12 GIN AND JUICE –•– Snoop Doggy Dogg
10 11 BECAUSE OF LOVE –•– Janet Jackson

◆Richard Marx - Now and Forever (Live)
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Now & Forever
・リチャード・マークス・グレイテスト・ヒッツ国内盤ライナーノーツ

(この曲を購入)amazon.co.jp
Greatest Hits Import, CD
リチャード・マークス

51qva0LytFL.jpg

(Richard Marx)
Don't Mean Nothing / ドント・ミーン・ナッシング 1987
Should've Known Better / シュドヴ・ノウン・ベター 1987
Hold On To The Nights / ホールド・オン・トゥ・ザ・ナイツ 1988
Endless Summer NIghts / エンドレス・サマー・ナイツ 1988
Satisfied / サティスファイド 1989
Right Here Waiting / ライト・ヒア・ウェイティング 1989
Angelia / アンジェリーア 1989
Keep Coming Back / 瞳の誘惑 1991
Hazard / ハザード 1992
Now And Forever / ナウ・アンド・フォーエバー 1994
This I Promised You / プロミス・ユー 2002
When You Loved Me / ホウェン・ユー・ラヴド・ミー 2010

関連記事

コメント

非公開コメント

たしかに・・・

めったさん おはようございます。

文中のRichardのお父さんとお母さんも・・・について言及致します。
彼のライヴ作品を観ていると・・・
曲の前にお父さんのことを語っています。
ミュージシャンだったそうですね。
お父さんが作った曲を少しはもるとお客さんも合わせます。
日本人にはなじみがないですが(少なくとも私はすみませんが
知りませんで・・・) 観客はそれにちゃんと応えて一緒に歌っている
ことから有名な方だったようで・・・。

それで・・ですね。
バックのギターの方を異母兄弟のケヴィンさんと紹介していることから・・。
はい。 そういうことになったみたいですね~~。
(^^;
(作品内クレジットのお名前のスペルはKevin Marksさん。)

あまり深く知らずに歌は歌としてとらえるのも良いのかもしれないですね。
めったさんがお書きになっているように。
先に曲を好きになり、きっとこの曲通りの人なんだろう、とか思いこむと・・・
でしょうが。 色々な愛の形があり、お父様も・・愛ある別れだったのかも
しれないですしね。 事情もあることでしょうし~~。
と、何故かこの親子を弁明?! (笑)

そして、Richard自身も奥様との別れを・・・
アルバムBeatiul Goodbyeに込められ。
めったさん、このアルバムはまだお持ちではないと伺いました。
機会があれば是非・・・! しっとりしていて。 大人の哀愁を感じる
楽曲が多いですよ。

これ以上は詮索しません(^_^;)

はるちゃん、コメントありがとうございます。
この曲、Now andForeverを作った人なら、奥さんと別れるはずは、、、なんて思ってしまいますね(^_^;)。作品は作品、アーチストのプライベートはプライベート、これ以上の詮索はやめときますか。