Keep Coming Back / 瞳の誘惑 (Richard Marx / リチャード・マークス)1991



Hey, uhh

Know just how to hurt me
How to take all my pain away
Girl, you must be the Devil in disguise

There were times,
I think you knew
When I was so afraid of you
There's some kind of madness in your eyes

きみは僕の傷つけ方も
痛みの和らげ方も知っている
ねえ きみは悪魔の化身に違いない

こんなときがあった
きみも気が付いてたよね
僕がきみを恐れていたときのこと
きみの瞳に狂気のようなものが映ってた

You know a place buried deep in my heart
Nobody else can see
Something in you
Has taken some kind of hold on me

きみにはお見通しなんだ
僕の心の奥に埋められている場所すらも
誰も見ることはできないのに
きみの中の何かが
僕を捉えて離さないんだ

I don't know why
I keep coming back to you, Babe
I don't know why
I keep coming back to you
To you Baby

わからないんだよ
なぜきみの元に戻ってしまうのか
なぜなんだろう
きみの元に戻ってしまうのは
ああ きみのもとに ベイビー

Woh, huh
You say we shouldn't be lovers
And I say we can't just be friends
All this talking
just makes me want you more

You've got a way of confusin' a heart
Nobody else could do
Why should I try,
I don't want to get over you

ああ きみは言うんだ
僕たち恋人になるべきじゃないと
僕は言う
友達のままじゃいられないと
こんな会話をすればするほど
きみを求めてしまうんだ

きみは僕の心を混乱させる名人さ
誰もがそんなことできないのに
ああ きみを忘れようなんて思わないさ
僕は望んでないんだから

No, ha, I don't know why
I keep coming back to you, Babe
(Don't know why)
Just tell me why
I keep coming back to you, my Baby
(I dont know why)

そうさ なぜだかわからないけど
きみのもとに戻ってしまうんだ
(なぜなんだろう)
教えてよ どうして
きみのもとに戻ってしまうのか ねえ
(わからないのさ)

I don't know why
I keep coming back to you
(I, I)
(Keep on coming, keep on coming)
(Keep on, keep on, keep on coming)
Just tell me why
I keep coming back to you
(I, I)

わからないんだ なぜ
きみのもとに戻ってしまうんだろう
(僕は 僕は)
(何度も戻って 何度も何度も)
(何度も戻って 何度も戻り続ける)
教えておくれよ
どうして僕は戻り続けてしまうのか
(僕は 僕は)

I'm so in love
So in love with the games that you play
So in love
Nothing can keep me away

恋にどっぷりはまった僕
きみのするゲームの虜になっちゃったよ
恋してしまったのさ
誰も僕を繋ぎとめてはおけないよ

You've got a way of confusing a heart
That nobody else could do
Why should I try,
I don't want to get over you

きみは僕の心を混乱させる名人さ
誰もがそんなことできないのに
ああ きみを忘れようなんて思わないさ
僕は望んでないんだから

Ohh, I don't know why
I keep coming back to you, Babe
Oh just tell me why
I keep coming back to you, Baby
(I keep coming)
(Coming to you)
I don't know why
I keep coming back to you
(Keep on coming, keep on coming)
(Keep on coming, keep on coming)

ああ なぜまたきみのもとに
僕は戻ってしまうんだろう?
何度も何度も
何度も何度も

Just tell me why
I keep coming back to you, Baby
(Oooh)
To you Baby
Oh oh woh
(Coming right over to you)
Yeah

教えておくれよ
なぜ僕は
きみから離れられないのか…

Songwriters RICHARD MARX
Lyrics © BMG RIGHTS MANAGEMENT US, LLC

get(have)a way of =~するのが普通である、~する傾向[癖]がある

Released in 1991
US Billboard Hot100#12
From The Album"Rush Street"

KeepComingback.jpg

リチャードの3rd アルバム"ラッシュストリート"。1stでは"Hold On To The Nights"、2ndでは"Satisfied""Right Here Waiting"の2曲が全米No1になっているなかで、シングルのチャート的には淋しいものがありました。

・"Keep Coming Back"#12
・"Hazard"#9
・"Take This Heart"#20

◆この"Keep Coming Back"が1stシングル。邦題は"瞳の誘惑"とついてます。僕はアルバムの"Rush Street"のジャケットがリチャードの顔なので、そのなかでも印象的な"目"をポイントにした邦題をつけたのかなと思ったのですが、そうではなくておそらく歌詞の、

When I was so afraid of you
There's some kind of madness in your eyes

の部分。きみの瞳のなかの何か狂気を秘めたもの...から来てるんじゃないかな(-_-;)

KeepComback.jpg

◆この曲をお聞きいただくとわかるように、"Rush Street"はかなりのR&Bテイストを出したアルバムになっています。この曲"Keep Coming Back"のバック・コーラスはなんとルーサー・ヴァンドロス!なかなか渋い味を加えてくれてます。

Richard+Marx+Keep+Coming+Back+-+Sung+In+Spa+32798.jpg

◆"瞳の誘惑"が最高位12位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles For The Week December 21, 1991
マイケルが1位、ボーイズ2メンが2位。4位P.M.ドーンはスパンダー・バレーの"True"をサンプリングした曲ですね。

-1 1 BLACK OR WHITE –•– Michael Jackson
-2 2 IT’S SO HARD TO SAY GOODBYE TO YESTERDAY –•– Boyz II Men
-3 5 ALL 4 LOVE –•– Color Me Badd
-4 3 SET ADRIFT ON MEMORY BLISS –•– P.M. Dawn
-5 4 WHEN A MAN LOVES A WOMAN –•– Michael Bolton
-6 7 CAN’T LET GO –•– Mariah Carey
-7 6 BLOWING KISSES IN THE WIND –•– Paula Abdul
-8 8 FINALLY –•– Ce Ce Peniston
-9 11 2 LEGIT 2 QUIT –•– Hammer
10 10 WILDSIDE –•– Marky Mark & The Funky Bunch

11 9 THAT’S WHAT LOVE IS FOR –•– Amy Grant
12 13 KEEP COMING BACK –•– Richard Marx

◆スタジオで歌うリチャード。やっぱりこの曲カッコいいR&Bナンバーだなあ...。
↓↓↓↓↓


◆2013年のライヴから。アコギ一本で歌います。なぜに映像がセピア色!?
↓↓↓↓↓


(この曲を購入)amazon.co.jp
Greatest Hits Import, CD
リチャード・マークス

51qva0LytFL.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント