Cuts Like A Knife / カッツ・ライク・ア・ナイフ (Bryan Adams / ブライアン・アダムス)1983


Cuts Like A Knife (MTV - Live Aid 7/13/1985)

Drivin' home this evening
I coulda sworn we had it all worked out
You had this boy believin'
Way beyond the shadow of a doubt

運転して帰ったよ 今夜
誓うよ 俺たちすべて上手くいったと思ってた
おまえはこのウブな少年を信じさせたのさ
疑惑の影なんてちっとも抱かせずにね

Well I heard it on the street
I heard you mighta found somebody new
Well who is he baby - who is he
And tell me what he means to you

そしたら 通りで噂を耳にしたんだ
おまえが新しい男を見つけたかもって話さ
なあ そいつは誰だい ベイビー 誰なんだ
おまえにとってどんなヤツなのか 教えてくれよ

I took it all for granted
But how was I to know
That you'd be letting go

仕方ないことだって思うようにしたよ
でも俺にはまったく根耳に水だった
おまえにサヨナラを言われるなんてさ

Now it cuts like a knife
But it feels so right
It cuts like a knife
But it feels so right

そう まるでナイフのような切れ味だ
でも それでいいんだよ
ナイフのように切りつけられたんだ
でも すっきりした気持ちだよ

There's times I've 'bin mistaken
There's times I thought I'd 'bin misunderstood
So wait a minute darlin'
Can't you see we did the best we could

俺は間違いをたくさん犯したし
誤解されてると思うこともたくさんあった
なあ 待ってくれよ ダーリン
俺たち やれるベストを尽くしたって
おまえは思わないのかい?

This wouldn't be the first time
Things have gone astray
Now you've thrown it all away

今回のようなことは初めてのことじゃない
いろんなことですれ違ってしまったのさ
そして今 
おまえは捨て去ってしまったんだ

Now it cuts like a knife
But It feels so right
It cuts like a knife
But it feels so right

そう ナイフのようにスパッと切りつけたんだ
でも それでいいんだよ
ナイフのような切れ味さ
でも すっきりした気分なのさ

It cuts like a knife
But it feels so right
Oh cuts like a knife

ナイフのような切れ味さ
でも それでいいんだよ
ああ ナイフのように切られたんだ

I took it all for granted
But how was I to know
That you'd be letting go

仕方ないことだって思うようにしたさ
でも俺にはまったく根耳に水だった
おまえにサヨナラを言われるなんてさ

Now it cuts like a knife
But it feels so right
It cuts like a knife
But it feels so right

そう ナイフのようにスパッとね
でも それでいいんだよ
ナイフのような切れ味さ
でも すっきりした気分だよ…

Na na na na na na na…

Writer(s)
Bryan Adams, Jim Vallance

go way beyond ~をはるかに超える
take it for granted=当たり前の事と思う, ・決め込む,
go astray=逸れる、外れる;堕落;迷う;踏迷う

Released in 1983
US Billboard Hot100#15
From the Album“Cuts Like A Knife”

41K24kYkYQL.jpg

“カッツラカナアイフ!! バラフィールソーラアイ…♪”…思い切りシャウトする、ハスキーな声のブライアン、カッコよかったですね。
辛い想いはしたけれど、スパッと別れたから、それでよかったんだ。俺はむしろすがすがしい気持ちなんだ…。本音を隠して、強がる男を、“ナナナーナナ、ナーナナー♪”というコーラスが励ましてくれているように聞こえます。

220px-Bryan_Adams_-_Cuts_Like_a_Knife_(US_7).jpg

◆ブライアンのアルバム「カッツ・ライク・ア・ナイフ」は、大学のときの友達の間でいっとき流行りました。「素直でまっすぐな気持ちが大切なんだ」というメッセージを歌う「Straight From The Heart」を筆頭に、「This Time」や「Let Him Know」、そしてラストのしっとりしたバラード「The Best Was Yet To Come(明日を信じて)」も人気があったなあ。よく聴いたアルバムです。そのタイトル曲“Cuts Like A Knife”はブライアンのライヴでも重要なナンバー。必ずといっていいほど歌ってくれます。Setlist.fmさんのサイトによると、ブライアンのライヴでの演奏回数は、永遠の青春ソング「Summer Of '69」に続く第2位になっています。

Bryan setlist

◆この曲の作者はブライアンとジム・ヴァランス。ジムはブライアンとは"Run To You", "Heaven", Summer Of '69' などの代表曲の作者です。今回、そのほかのアーチストへの提供作品(共作を含む)を調べてみると、ええ、たくさん出てきました。僕の知ってるなかで「この曲もそうだったんだ~!」という発見は、エアロスミス(Rag Doll、Young Lust、Eat The Rich、Get A Grip)、Glass Tiger(Don't Forget When I'm Gone)、Heart(What About Love)、Joe Cocker(When The Night Comes)!

Jim-Vallance-Bryan-Adams.jpg

この曲"Cuts Like A Knife"を書いたときの状況が、Wikipediaに出ていました。

ブライアンとジムはコード進行を考えながらしばしジャムをしました。
ブライアンが“it cuts like a knife!♪”と何度も歌うと、ジムはそれを"but it feels so right”と受けました。ジムはさらにこう言いました。「この曲には伝統のあるポップミュージックから“na-na-na…”ってコーラスをいただくことにしたよ」 "Hey Jude"(The Beatles), "Na Na Hey Hey Kiss Him Goodbye"(Steam), "Lovin', Touchin', Squeezin'"(Journey),など。僕たちは“na-na-na”のコーラスを“Cuts Like A Knife”に加えることにしたんだ…


◆ブライアンは現在、ニューアルバム「Get Up」のツアー中。10月までヨーロッパを回るようです。日本に来てくれるのは…12月かな!?(^.^)

Getupbrayn.png

◆"Cuts Like A Knife"が最高位15位を記録した週のチャートです。
US Top 40 Singles For The Week Ending August 6, 1983

ポリスの「見つめていたい」の1位が続きます。8週1位のあと、この週2位の「Sweet Dreams」が1位になります。3位はドナ「情熱物語」。映画「フラッシュダンス」から5位「フラッシュダンス」と7位「マニアック」。

-1 1 EVERY BREATH YOU TAKE –•– The Police
-2 6 SWEET DREAMS (Are Made Of This) –•– The Eurythmics
-3 8 SHE WORKS HARD FOR THE MONEY –•– Donna Summer
-4 5 IS THERE SOMETHING I SHOULD KNOW –•– Duran Duran
-5 3 FLASHDANCE…WHAT A FEELING –•– Irene Cara
-6 2 ELECTRIC AVENUE –•– Eddy Grant
-7 11 MANIAC –•– Michael Sembello
-8 4 NEVER GONNA LET YOU GO –•– Sergio Mendes
-9 9 STAND BACK –•– Stevie Nicks
10 7 WANNA BE STARTIN’ SOMETHIN’ –•– Michael Jackson

11 15 IT’S A MISTAKE –•– Men At Work
12 10 OUR HOUSE –•– Madness
13 17 (Keep Feeling) FASCINATION –•– The Human League
14 18 HOT GIRLS IN LOVE –•– Loverboy
15 16 CUTS LIKE A KNIFE –•– Bryan Adams

◆この曲のPVですね
↓↓↓↓


◆ステージを降りて客席でギター1本で歌います。
↓↓↓↓


◆Bryan Adams, Cuts Like a Knife, Festival de Vina 2007
↓↓↓↓


【この曲を購入したい】
アンソロジー
ブライアン・アダムス

61Fyu0O70CL__SL1423_.jpg

(Bryan Adams)
Straight From The Heart / フロム・ザ・ハート 1983
This Time / ディス・タイム 1983
Cuts Like A Knife / カッツ・ライク・ア・ナイフ 1983
Run To You / ラン・トゥ・ユー 1985
Heaven / ヘブン1985
Summer Of 69 / 想い出のサマー 1985
Christmas Time / クリスマス・タイム 1985
Everything I Do) I Do It For You / アイ・ドゥ・イット・フォー・ユー 1991 1949
All For Love / オール・フォー・ラヴ 1993 *Bryan Adams,Rod Stewart,Sting
Please Forgive Me / プリーズ・フォーギヴ・ミー 1994
Have You Ever Really Loved A Woman? / リアリー・ラヴド・ア・ウーマン 1995

関連記事

コメント

非公開コメント