Don't Fall In Love With A Dreamer / 荒野に消えた愛 (Kenny Rogers & Kim Carnes / ケニー・ロジャース&キム・カーンズ)1980



[Kenny]
Just look at you sitting there
You never looked better than tonight
And it'd be so easy to tell ya I'd stay
Like I've done so many times

そこに座ってるきみを見てる
今夜のきみ いつもよりきれいだよ
すぐに口にしてしまうかもしれない
"僕はここにいるよ"って
これまで何度もそうだったように...

[Kim Carnes]
I was so sure this would be the night
You'd close the door and want to stay with me
And it'd be so easy to tell ya I'll stay
Like I've done so many times

今夜がたぶんその夜になるって思ってた
あなたはドアを閉め 私と一緒にいたいって言う
すぐに口にしてしまいそうになる
"あたしはどこにも行かない"って
これまで何度もそうだったように...

[Both]
Don't fall in love with a dreamer
'cause he'll always take you in
Just when you think you've really changed him
He'll leave you again

Don't fall in love with a dreamer
'Cause he'll break you every time

「夢追い人」と恋に落ちちゃダメさ
だってヤツはいつだってきみを裏切るから
ヤツの心を変えられたと思った途端
またきみを置いていってしまうんだ

「夢追い人」と恋しちゃダメよ
いつだってあなたの心を引き裂くんだから

Kim: oh, put out the light
Kenny: just hold on
Both: before we say goodbye

ああ 灯りを消して
ただ抱き合っていよう
2人が別れを告げるそのときまでは…

[Kim]
Now it's mornin' and the phone rings
And you say you've gotta get your things together
You just gotta leave before ya change your mind

いま朝が来て 電話が鳴ってる
あなたは落ち着かなきゃって口にする
気持ちが変わる前に出て行こうとしてるのね

[Kenny]
And if ya knew what I was thinkin', girl
I'd turn around if you'd just ask me one more time

僕が何を思っていたのか もしきみがわかってたら
もしきみがもう一度 僕にすがってくれたら
僕はきみに振り返っていたかもしれないよ

Both: don't fall in love with a dreamer
Kim: 'cause he'll always take you in

「夢追い人」に恋するもんじゃない
だってヤツはきみをいつも裏切るんだ

Just when you think you've really changed him
He'll leave you again

気持ちを変えられたと思った途端に
彼はあなたを置いていくのよ

Don't fall in love with a dreamer
'cause he'll break you every time

「夢追い人」とは恋をしないことさ
いつだってきみの心を傷つける

Kim: oh, put out the light
Kenny: just hold on
Both: before we say goodbye
Both: before we say goodbye
Both: goodbye

ああ 灯りを消してよ
ただ抱き合っていよう
2人がサヨナラを言う前に
2人がサヨナラをいう前に

"サヨナラ"...

Songwriters: CARNES, KIM / ELLINGSON, DAVID
lyrics c Universal Music Publishing Group

take in=〈人を〉欺く, だます 《★しばしば受身で用いる》.
get it together=うまくやる.気を静める

Released in 1980
US Billboard Hot100#4
From The Album" Gideon"

aizwhome_1916-img600x600-1446363541yadhfw29099.jpg

 カントリー"デュエット王"のケニー・ロジャース(そんな称号いつついた?)。シーナ・イーストンとの「愛・ひととき(We've Got Tonight)」もいいし、ドリー・パートンとの「アイランド・イン・ザ・ストリーム」も1位になったけれど、僕はやはりこの曲「荒野に消えた愛」(全米は最高位4位)が一番好きかな。

◆実はケニーとキムは1960年代に「ニュー・クリスティ・ミンストレルズ」というフォークソング・コーラスグループで一緒に活動していたんですね。ケニーはそのあと「ファースト・エディション」というグループを結成しますが、「ファースト・エディション」のメンバー"マイク・セトル"も「ニュー・クリスティ・ミンストレルズ」のメンバーでした。
 キムはケニーより長い間グループに在籍し、そこで知り合った男性"デイヴ・エリングソン"と結婚。2人も1971年にグループを去り、以降、キムはソロとして活動をしていきます。

ケニーが1980年に作成したアルバム「ギデオン」。この作成には当時のメンバー3人が集まります。ケニーとキム、そしてキムの夫デイヴ(ちなみにキムとデイヴは1967年に結婚し現在でも別れずにいます。ミュージシャンとしては珍しい?)。
 ケニーは自分のテレビ番組「アメリカン・カウボーイ」をきっかけに、以前から親交のあったキムとデイヴにオリジナル作品の制作を依頼します。キムとデイヴはケニーのアルバム用のオリジナル曲を10曲書き上げました。こうしてテキサスの自由奔放な人生を貫いたアウトローのカウボーイ"ギデオン・ターナー"の物語のアルバムが作られます。そしてアルバム曲のなかで"夢追い人と恋に落ちてはダメ"と歌う、このデュエット曲のケニーの相手役にはキム自らが務めることになりました。

キムは、まだこの頃はヒットもなくレコードセールスも低調でした。でもこのデュエットで彼女のハスキーな声は多くに知れ渡ることになります。この後、「モア・ラヴ」(スモーキー・ロビンソン作)を全米チャート10位に送り込み、そして「ベティ・デイヴィスの瞳」(1981)の大ブレイクで一躍有名になりました。
 旧友3人が集まり製作したアルバム「ギデオン」、そしてケニーと歌った「荒野に消えた愛」はキムの分岐点となった作品ですね。

◆ちなみに邦題「荒野に消えた...」は歌詞にも荒野は出てこないし、ちょっと誇張し過ぎな感じです(^▽^;)。シングルジャケットは、カウボーイのケニー(ギデオン)が出てくるので、その活動場所として「荒野」というのはわからないでもないですが…。

◆"荒野に消えた愛"が最高位4位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles For Week Ending May 24, 1980

ブロンディ「コール・ミー」の6週連続1位。翌週はヘンテコな曲「ファンキー・タウン」が首位でエアサプライは3位止まりで残念。「荒野に消えた愛」も8→4位と勢いはあったのですが翌週も4位で、結局最高位は4位でした。6位のアンブロージア、7位のブラジョンも勢いがあったね。

-1 1 CALL ME –•– Blondie
-2 4 FUNKY TOWN –•– Lipps, Inc.
-3 3 LOST IN LOVE –•– Air Supply
-4 8 DON’T FALL IN LOVE WITH A DREAMER –•– Kenny Rogers with Kim Carnes
-5 6 SEXY EYES –•– Dr. Hook
-6 10 BIGGEST PART OF ME –•– Ambrosia
-7 16 STOMP –•– The Brothers Johnson
-8 11 HURTS SO BAD –•– Linda Ronstadt
-9 2 RIDE LIKE THE WIND –•– Christopher Cross
10 12 CARS –•– Gary Numan

◆ケニーとキムが共演。
↓↓↓↓↓


◆こちらはキム・カーンズのライヴから。
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・「死ぬまでに聴け!バラード200」かまち潤著(青弓社)

(この曲を購入)amazon.co.jp
デュエット Import
ケニー・ロジャース

71YjGPUwPNL__SX425_.jpg



関連記事

コメント

非公開コメント

キムカーンズ

ええ、この頃キムカーンズってまだ売れてなかったんでしたっけ。
ケニーロジャースの歌の歌詞って「演歌」が多いですね。
さすらうカウボーイ、わかってくれないだろうけどおれの愛は本物だぜ・・・
てな具合に。
アメリカ人は好きなんだろうな。こういうの。
ぼくも嫌いじゃないですけど(笑)

演歌の大御所とのデュエット

demaさん、キムのソロ曲の最初の全米トップ10ヒットの“More love”が、この年8月に最高位10位を記録します。ですのでケニーとこの曲のデュエットでキムの名前と声が全米に知られることとなり、ソロも聴いてみようかな?と思った人が倍増したのではないかと思います!そして翌年のウルトラヒット“ベティデイヴィスの瞳”に繋がるんですね。
全米カントリーの大御所ケニーとのデュエットですからね。日本だと五木ひろしさん、北島三郎さん、いや、小林旭さんって感じかな(^o^)。

荒野に消えた愛

ケニー・ロジャースのデュエット・バラードの中でも私もこの曲が一番好きです。カントリーっぽくて2人のハスキーボイスがいい感じです。曲も良いですね、キム・カーンズ夫妻の作だと初めて知りました。
私のブログがちょうどこの曲がヒットした週になりましたので勝手ですがリンクさせて頂きました。いつもすみません。

荒野に消えた愛

星船さんブログとは相互にリンクしながら、訪れていただいた洋楽ファンさんに関連していろいろクリックしていただき、洋楽LOVEの道に引きずり込んでしまいましょう!それにしても「荒野に消えた愛」とはなかなか大胆な邦題ですよね。ケニーじゃないとできないよな。