Truly / トゥルーリ―(愛と測りあえるほどに) (Lionel Richiie / ライオネル・リッチー)1982



Girl,
Tell me only this
That I'll have your heart for always
And you want me by your side
Whispering the words
I'll always love you

愛しいきみ
僕に このことだけを話してくれ
きみの心は永遠に僕のものだってことを
僕のそばにいたいってことを
いつも僕を愛してるって
そう囁いてほしいんだ

And forever I will be your lover
And I know if you really care
I will always be there

僕はきみの恋人さ 永遠にだよ
わかってるんだ
きみが真剣に愛してくれるなら
僕はいつだってそこにいる

Now I need to tell you this
There's no other love like your love
And i,as long as I live,
I'll give you all the joy
My heart and soul can give

いま きみにこのことを伝えなきゃ
きみの愛のような素敵な愛はないんだって
そして僕は この命のある限り
僕の心と魂で力いっぱい
たくさんの喜びをきみに与えるよ

Let me hold you
I need to have you near me
And I feel with you in my arms
This love will last forever

きみを抱きしめさせてくれ
もっとそばに来てくれなきゃだめさ
僕の腕にきみを感じたいんだ
この愛が永遠に続いていくんだから

Because I'm truly
Truly in love with you girl
I'm truly head over heels with your love
I need you,
and with your love I'm free
And truly,
you know you're alright with me

なぜって 嘘偽りなんてない
心からきみを愛しているんだよ
きみの愛に
頭からかかとまですべて真実を誓う
きみが必要なんだ
きみの愛があれば僕は自由になれる
心から誓うよ
わかっているかい
きみを幸せにするから
僕と一緒にいておくれ...

Writer(s) Lionel Richie

Released in 1982
US Billboard Hot100#1
From The Album"Lionel Richie"

13340-MLM3325042283_102012-O.jpg

ライオネル・リッチーのその後の大成功を思うと心配など無用だったわけですが、コモドアーズを巣立ってソロになるライオネルを当時は心から応援しておりました。
ソングライターとしては、ケニー・ロジャースに提供した"Lady"、ダイアナ・ロスとデュエットした"エンドレス・ラヴ"。こうした活動を通じて、ライオネルがコモドアーズというグループのボーカリストにとどまることはなく、いずれ独立するだろうとは予想していました。
コモドアーズの僕のベスト3(順位なし)は"Easy"、"Sail On"、そして"Old Fashoned Love"。当時の僕は恋愛にはあまりいい話がなかったので、これらの曲に出てくる主人公の気持ちが伝わってくる感じがして、こんな曲を書くライオネルには、とても親近感をもっていたのです。

◆このファーストソロアルバムの完成には、ライオネルは9カ月もかけたそうです。ですから完成度も高く、心配は無用でしたね。第一弾シングル"トゥルーリ―"は見事全米1位に。第二弾シングルの"You Are"は4位でしたが、なんと東京音楽祭(1983年の第12回)ではグランプリ
(ちょっとこれはデキレースのような感じで、ドン引きしましたけどね..."愛と青春の旅立ち(Up Where We Belong)"とダブルグランプリ受賞でした(^▽^;)。ウィキペディアの情報ではライオネルは「賞金の一部をミュージシャンを目指す日本の若者に寄付する」と発言し、実際には慈善団体に寄付された、とありました。

220px-Lionel_Richie_(self-titled_album_-_cover_art).jpg

◆この曲"Truly"を聴くと、やっぱり心が撃たれるなあ...。"Truly"であること...恋愛でも友情でも、人間関係のうえでとても大切なものだと思います。
でも、この曲の邦題は「トゥルーリ―(愛と測りあえるほどに)」となっているのですが、(愛と...)は要るかな? "トゥルーリ―"だけでよかったのではと思っております(^▽^;)。

Trulylionel.jpg

◆"Truly"が最高位1位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles For The Week Ending November 27, 1982

「愛と青春の旅立ち」の1位に代わり、ライオネルが首位になり2週の王座に就きます。
ローラ・ブラニガン、オリビアは残念。次の1位はこの週6位の元気な応援ソング"ミッキー!"。
5位はニール・ダイヤモンドの名曲"ハートライト".映画"E.T"にインスパイアされてできた曲です。(主題歌ではない)。7位はホール&オーツ。"その四萬、ポン!"..."気をつけろ、アイツは萬子の清一色狙い"、マンイーターだ!

-1 2 TRULY ??? Lionel Richie
-2 4 GLORIA ??? Laura Branigan
-3 3 HEART ATTACK ??? Olivia Newton-John
-4 1 UP WHERE WE BELONG ??? Joe Cocker and Jennifer Warnes
-5 5 HEARTLIGHT ??? Neil Diamond
-6 7 MICKEY ??? Toni Basil-7 8 MANEATER ??? Daryl Hall and John Oates
-8 9 STEPPIN’ OUT ??? Joe Jackson
-9 14 THE GIRL IS MINE ??? Michael Jackson/Paul McCartney
10 10 MUSCLES ??? Diana Ross

◆Lionel Richie - Truly (Live in Sopot 1999)
↓↓↓↓↓


◆Lady Antelbellum が"Truly"を歌います。会場の Lionel Richie も嬉しいね!
↓↓↓↓↓


(この曲を購入)amazon.co.jp
Definitive Collection (Remastered) Import, Original recording remastered
ライオネル・リッチー

41G488AQR7L.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント