Young Turks / 燃えろ青春 (Rod Stewart / ロッド・スチュワート)1981



Billy left his home
with a dollar in his pocket
and a head full of dreams.
He said somehow, some way,
it's gotta get better than this.

ポケットに1ドル持って
家を飛び出したビリー
頭のなかに いっぱい夢を詰めていた
ヤツは言ったよ
"いつか どこかで ここにいるより
もっといいことが起きるんだ"って

Patti packed her bags,
left a note for her momma,
she was just seventeen,
there were tears in her eyes
when she kissed her little sister goodbye.

荷物をまとめ
ママに書き置きをしていったパティ
彼女はまだ17歳だ
瞳には涙をいっぱいにためてたよ
だって妹とサヨナラのキスをしたからさ

They held each other tight
as they drove on through the night
they were so exited.

We got just one shot of life,
let's take it
while we're still not afraid.

固く抱き合っていた2人
車で夜の闇に消えて行った
2人はとても興奮してた

誰もが人生は一度きり
恐れなんて知らないうちに
思う存分味わうんだよ

Because life is so brief
and time is a thief
when you're undecided.
And like a fistful of sand,
it can slip right through your hands.

だって人生はとても短いんだ
何かを決めかねているうちに
時間は泥棒のように持ち去らていくんだ
一握りの砂のように
きみの両手から滑り落ちてしまうよ

Young hearts be free tonight.
Time is on your side,

Don't let them put you down,
Don't let 'em push you around,
Don't let 'em ever change your point of view.

若いハートを今夜 解放するんだ
時間もきみたちの味方をしてくれるよ

落ち込んだりしないで
やられっぱなしじゃダメさ
考えを変えたりせずに進んでいくがいい

Paradise was closed
so they headed for the coast in a blissful manner.
They took a tworoom apartment
that was jumping ev'ry night of the week.

パラダイスは閉鎖されてしまったから
2人はちょっとは幸せな気持ちで
コーストに向かって出発したんだ
そして2部屋の部屋を借り
1週間は毎晩のようにはしゃいだんだ

Happiness was found in each other's arms
as expected, yeah
Billy pierced his ears,
drove a pickup like a lunatic, ooh!

幸せは互いの腕のなかに見つけたよ
期待していたとおりにね yeah
ビリーは両耳にピアスを開けて
狂ったようにトラックを走らせたんだ ooh!

Young hearts be free tonight.
Time is on your side,

Don't let them put you down,
Don't let 'em push you around,
Don't let 'em ever change your point of view.

若いハートを今夜 解放しよう
時間も味方してくれるから
落ち込んだりしないでいい
やられっぱなしにしちゃダメさ
モノの見方を変えなくたっていいんだよ

[instrumental verse]

Young hearts be free tonight.
Time is on your side.

若いハートを 今夜は解放しようよ
時間は味方してくれるから...

Billy wrote a letter
back home to Patti's parents
tryin' to explain.
He said we're both real sorry
that it had to turn out this way.

ビリーは手紙を書いた
パティの両親に宛てて
説明をしようとしたのさ
こう書いたんだ
"本当にゴメンナサイ
結局 こんな風になってしまって...

But there ain't no point in talking
when there's nobody list'ning so we just ran away
Patti gave birth to a ten pound baby boy, yeah!

"でも話を聞いてくれる人がいなかったから
こうするしかなくて僕らは家出したんです
パティは10ポンドもある赤ちゃんを産んだんです yeah!

Young hearts be free tonight,
time is on your side.
Young hearts be free tonight,
time is on your side.
Young hearts be free tonight,
time in on your side.

若いハート 今夜 解放しよう
時間もきみたちの味方だよ
若いハート 今夜 自由になればいい
時間はいくらだってあるんだ
若いハート 今夜 爆発させよう
時間はきみたちを応援してるのさ

Young hearts gotta run free,
be free, live free
Time is on, time is on your side
Time, time, time, time is on your side
is on your side
is on your side
is on your side
Young heart be free tonight
tonight, tonight, tonight, tonight, tonight, yeah

若いハートで自由に走っていけ
心を解放して 自由に生きていくがいい
時間はきみたちの応援をしてる
時間はきみたちの味方だよ
若いハート 今夜解き放とう
今夜さ 今夜なんだ…yeah!

Writer(s)
Rod Stewart, Carmine Appice, Duane Hitchings, Kevin Savigar

push around=〈人を〉乱暴に取り扱う, こき使う
blissful=この上なく幸福な、おめでたい、満足した、幸せな
in a manner=ある意味で; いくぶんか
Young Turk=負けん気の強い青年[子供],暴れん坊.
there is no point of~ing=「~しても無意味だ」

Released in 1981
US Billboard Hot100#5
From The Album"Tonight I'm Yours"

imgyoung turks

ロッドがテクノに挑戦!...ロッドのボーカルを聴きたい!って思っててもどうしてもサウンドが耳についてしまいます。1981年のアルバム「Tonight I'm Yours」を聴いたときはビックリしましたね。

◆「Young Turks」はロッドのニューアルバムからの第1弾シングルでした。邦題は「燃えろ青春」ですよ(^▽^;)。

warera.jpg

warera2.jpg

いやいや、別に「青春ドラマ」の主題歌ではありません!(笑)

歌詞には"Young Turks"って言葉は出てきませんね。調べてみると...意味は"わんぱく ガキ大将"といった意味。「改革を求める急進派」「19世紀後半にトルコでオスマン支配の絶対主義に反発した1つ以上の反政府グループのメンバー」も"Young Turks"と呼ばれている、とありました。

歌詞には出てこないけれど、この曲に"わんぱくな若者たち"とロッドが命名したのは、ロッドが若者たちに対しての想いがあったから、なんでしょうね。家を飛び出したビリーとパティの物語、人生は一度きり、恐れを知らないうちに自分の手でつかむんだ! ためらうな、自分の人生なんだ、おかしいと思ったら、その考えを大切にしていくんだよ。時間はきみたちの味方なんだから。若くて失敗することもあるけど、その向こう見ずな若者をロッドは応援しているんですね!

220px-Young_Turks_single.jpg

ちなみにパティが産んだ赤ちゃんなんですが、アメリカでは新生児の平均体重は「7 1/2ポンド」(約3.4kg)とされているようです。だから「(ちょっと)大きな赤ちゃん」だったんですね。
英語の7つ星レストラン アメリカで使われている単位」より

◆"燃えろ青春"が最高位5位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles Week Ending December 19, 1981

おおっ1位「フィジカル」以外はみんな和訳しているチャートだな!
80年代の洋楽は楽しかったですね!

-1 1 PHYSICAL –•– Olivia Newton-John
-2 2 WAITING FOR A GIRL LIKE YOU –•– Foreigner
-3 5 LET’S GROOVE –•– Earth, Wind and Fire
-4 4 OH NO –•– The Commodores
-5 6 YOUNG TURKS –•– Rod Stewart
-6 13 I CAN’T GO FOR THAT (No Can Do) –•– Daryl Hall and John Oates
-7 8 WHY DO FOOLS FALL IN LOVE –•– Diana Ross
-8 9 HARDEN MY HEART –•– Quarterflash
-9 10 DON’T STOP BELIEVIN’ –•– Journey
10 11 LEATHER AND LACE –•– Stevie Nicks (with Don Henley)

◆1981年のライヴ。サンバイザーをかぶって格好も若いロッド。
↓↓↓↓↓


◆Stevie Nicks & Rod Stewart - Young Turks/Leather and Lace - 04-05-2011
↓↓↓↓↓


◆「青春ソング」といえば70年代の日本では例えばこの曲。「帰らざる日のために」(いずみたくシンガーズ)。ドラマ「われら青春!」のテーマソングです。懐かしいひと、多いだろ…よね?(^▽^;)
↓↓↓↓↓


(この曲を購入)amazon.co.jp
ベスト・オブ・ロッド・スチュワート Best of
ロッド・スチュワート

51xpfh2wk+L__SX425_.jpg


関連記事

コメント

非公開コメント