Talk Dirty To Me / トーク・ダーティー・トゥ・ミー (Poison / ポイズン)1987



Hit it! C.C...

やろうぜ! C.C...!

You know I never,
I've never seen you look so good
You never act the way you should
But I like it

わかるだろ 俺はさ
きれいなおまえなんて見たことないんだよ
おまえはしてほしいことしてくれないし
でも俺はそういうのが好きなのさ!

And I know you like it too
The way that I want you
I've gotta have you
Oh yes I do

おまえもそんなの好きなんだろ?
俺にそんな風に求めてほしいんだよな
おまえを食べちゃわなきゃ!
ああ そうしちゃうよ

I never,
I never ever stay out late
You know that I can hardly wait
Just to see you

俺はしない
外で遊びまわったりなんてしないのさ
わかるだろ 俺はもう待ちきれないんだ
おまえをみたらソクだよ

And I know you cannot wait
Wait to see me too
I've got to touch you
'Cause baby we'll be

おまえだって待ってられないだろ?
俺に会いたくて待ってたんだよな
ああ おまえにタッチしなきゃ!
だってベイビー 俺たちは…

At the drive in
In the old man's Ford
Behind the bushes
'Til I'm screamin' for more

Down the basement
Lock the cellar door
And baby
...Talk dirty to me!

ドライヴ・インでだって
親父のフォードのなかだって
やぶの陰でだってヤルんだよ
俺がもっと大声をあげるまでね!

地下に降りていって
地上に出るドアに鍵をかけろよ
そしたらベイビー
...俺にエッチな言葉を言ってくれ

You know I call you,
I call you on the telephone
I'm only hopin' that you're home
So I can hear you

When you say those words to me
And whisper so softly
I've gotta hear you
'Cause baby we'll be

おまえに連絡をとるときは
電話でおまえを呼び出すけど
俺はおまえに
ただ家にいてほしいって願ってるのさ
だっておまえの言葉は聞こえてるよ

おまえが俺にあんな言葉を言ったり
めっちゃ優しく囁いてくれるときは
おまえの言葉を聴かなきゃな
だってベイビー 俺たちは…

At the drive in
In the old man's Ford
Behind the bushes
'Til I'm screamin' for more

Down the basement
Lock the cellar door
And baby
...Talk dirty to me

ドライヴ・インでだって
親父のフォードのなかだって
やぶの陰でだってヤルんだよ
俺がもっと大声をあげるまでね!

地下に降りていって
ドアに鍵かけて閉じ籠るのさ
そしたらベイビー
...俺に卑猥な言葉を言ってくれ

C.C. pick a bad guitar,
and-a-talk to me, yeah
Whoo whoo whoo whoo

なあC.C! いけないギターを弾いてくれ
俺にエッチな音を聞かせてくれよ yeah
Whoo whoo whoo whoo

'Cause baby we'll be
At the drive in
In the old man's Ford
Behind them, bushes
'Til I'm screamin' for more, more, more

だってベイビー 俺たちはヤっちゃうんだ
ドライヴ・インだって
親父のクルマの中だって
やぶがあったらその陰でだってさ
俺がおっきな声をあげちゃうまでさ!
もっと もっと もっと ってさ

Down the basement
And lock the cellar door
And baby, talk dirty to me, yeah
And baby, talk dirty to me, yeah

And baby
...Talk dirty to me

地下室に行こうぜ
地上に出るドアなんか鍵閉めてさ
そしたらベイビー
エッチなことを言ってくれよな yeah
卑猥なことを言ってくれよな yeah

なあ ベイビー 囁いてくれ
...エッチな言葉を俺に...

Uh Whoo
That's the way I like it, baby
Ooh, yeah

ああ フゥー
俺はそんなカンジが好きなんだ ベイビー
Ooh, yeah

Songwriters
BOBBY DALL, BRET MICHAELS, BRUCE ANTHONY JOHANNESSON, RIKKI ROCKET
Lyrics © Universal Music Publishing Group

C.C=C.C. DeVille(Poisonのギタリスト)
stay out late=遅くまで外出している、夜遊びする
talk dirty=エッチな[いやらしい・ひわいな]話をする

Released in 1987
US Billboard Hot100#9
From The Album" Look What the Cat Dragged In"

51CDdFlIUCL__SX425_.jpg

たまにこんなケーハクな(^▽^;)、それでも楽しい、おバカな曲を聴きたくなりますなあ!おそらく昨日の和訳曲は学級委員長(ようなイメージ)のオリビア嬢だったからだろうなあ。それにしても、落差が激しくない!?...それも"めったPOPS"の魅力ってことで(笑)

Poisonの曲を取り上げるのは3曲目です。1stアルバム"ポイズン・ダメージ( Look What the Cat Dragged In)"には好きな曲(楽しい曲)がまだあるし、そんなおバカなパーティー・バンドと揶揄された彼らの全米No1曲もすでに手掛けてます!

I Won't Forget You / アイ・ウォント・フォゲット・ユー 1986
Every Rose Has Its Thorn / エヴリ・ローズ・ハズ・イッツ・ソーン 1988

poisonband.jpg

◆ちなみにこの曲の歌詞に出てくる"cellar door"ですが"地下から地上に出るドア"ということで、こんな写真も出てきましたよ。

cellar_door001.jpg

◆今年2016年はバンド結成30周年。昨年10月末にはフロントマンのブレット・マイケルズがLancaster Eagle-Gazette紙のインタビューに答えてこう話しています。「俺らみんな、別のことをやってるが、解散はしてない。俺らはブラザーズだ。来年はアニバーサリーだ。何か特別なことをやると思うよ」。(詳しい記事はこちら Barks.jp

来日してくれないかな!と思っていたら、12月にはちょっとショッキングなニュースが。
「ポイズンのリッキー・ロケット、癌を公表」(Barks.jp

11350526_10152957961908581_1537624177073960805_n.jpg

リッキー・ロケットはポイズンのドラマー。POISONは、1983年夏にペンシルベニア州ハリスバーグで結成されたバンド"PARIS"がその前身となりますが、このときのオリジナルメンバーが、リッキー・ロケットとブレット・マイケルズ。POISONにとって欠かせない人物です。
ブレットも次のようにコメントを出しています。

「リッキーのことを想い、祈っている。ずい分前から彼がこのタフな戦いに挑んでいることは知っていた。彼の体調について訊かれることもあったが、リッキーの希望を尊重し、彼が自分で話す準備ができるまで、俺がなにか言うべきではないと思っていた。彼は長年の友人で、本物のファイターだ」

Barks.jp

ぜひ病気を克服していただき、日本での公演を実現してほしいです!

◆"Talk Dirty To Me"が最高位9位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles For The Week Ending May 16, 1987

カッティングクルーに代わって、U2の超名曲"With Or Without You"が1位。ジョディのNo1は夢に終わってしまいます。5位"レディ・イン・レッド"が冬のイメージがあるので、6位ブライアン"Heat Of The Night"が続くと季節的な違和感がありますね。Poisonは勢いを感じましたが、この週が最高位で翌週は10位早くもダウンです。

-1 3 WITH OR WITHOUT YOU –•– U2
-2 2 LOOKING FOR A NEW LOVE –•– Jody Watley
-3 1 (I JUST) DIED IN YOUR ARMS –•– Cutting Crew
-4 4 LA ISLA BONITA –•– Madonna
-5 8 THE LADY IN RED –•– Chris DeBurgh
-6 7 HEAT OF THE NIGHT –•– Bryan Adams
-7 9 BIG LOVE –•– Fleetwood Mac
-8 14 YOU KEEP ME HANGIN’ ON –•– Kim Wilde
-9 11 TALK DIRTY TO ME –•– Poison
10 17 ALWAYS –•– Atlantic Starr

Poison Talk Dirty To Me Live MTV 1987 VH1 .ノリと勢いがあるなあ!
↓↓↓↓↓


Poison - Talk Dirty To Me (MTV Unplugged 1990)
↓↓↓↓↓


◆Poison Live Raw And Uncut 2008
↓↓↓↓↓


(この曲を購入)amazon.co.jp
グレイテスト・ヒッツ1986-1996
ポイズン

71pJFmhFtLL__SL1050_.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント