Almost Lucy / オールモスト・ルーシー (Al Stewart / アル・スチュワート)1978



Lucy worked a different club every day
And though she put her mind to it
Her heart was never in it
She stayed around just long enough to get paid
She won't pass the time with you
She can't stay a minute

ルーシーは毎日違うクラブで働いてた
一生懸命働いてはいたけれど
彼女の心は別なところにあったんだ
給料に見合うだけの時間 店にはいたけれど
きみと一緒に過ごす時間はなかった
彼女は1分たりともじっとしていられない

And all these changing faces
never bothered her at all
That just existed like a back-drop
Or a pattern on the wall
Lucy looks like someone
who is waiting for a call
She knows will come
But no-one else can hear at all

お客の顔ぶれが変わろうと彼女は誰も気にしない
みんなただの背景画や
壁の模様のようなものだった
ルーシーは指名を待つ誰かさんのようだ
彼女は声がかかるのはわかってるけど
誰もその声を聞く者はいないのさ…

Lucy finds the dressing room and the bar
Hangs her clothes up
Hopes tonight the contract won't be broken
Well, they kick you round so much
when you're not a star
Make you play all night
just for a pittance or a token

ルーシーは着替え部屋とバーを見つけ
自分の洋服をハンガーにかける
今夜 契約がダメにならないことを望んで
そう きみはスターじゃなかったから
みんながきみにだいぶひどいことをしたよね
きみはわずかな金やはした金で
一晩中踊らされていた

But all these imperfections
never bothered her at all
She says it sharpens your perception
When your back's against the wall
There's something that enables her
to rise above it all
To shrug it off,
just when it seems to go too far

でもそんなおかしな話だって
きみはまるで気にせず
"窮地に追い詰められた時には
それでモノの見方が身に付くのよ"って言うのさ
彼女が困難を克服するのに
何か特別なものがあるんだ
"忘れ去ってしまうこと"…なんだよ
あまりにそいつが難しいと思えたら…

Hey hey hey
I think you almost
Feel the pain coming on inside
Hey hey hey
I think you almost
Feel it now and you don't know why
You don't know why…

Hey hey hey
きみは心から出てくるものは
ほとんど痛みに感じるんだね
Hey hey hey
いま痛みに感じても
そのわけがわからないのさ
なぜだかわからないんだ…

The last time that I saw her
She had given up the chase
Moved away to California
Got a suntan on her face
She says that
life was just another time, another space
It's over now, she learned a lot
It's not a waste

最後に彼女に会ったとき
彼女は夢を追いかけるのをあきらめていた
カリフォルニアに移り住み
顔もまっ黒に日焼けしていた
彼女は言うのさ
"あれは別な時代の別な場所の話
もう終わったことよ"って
彼女は沢山のことを学んでいたよ
決して無駄じゃなかったんだ

Hey hey hey
I think you almost
Feel the pain coming on inside
Hey hey hey
I think you almost
Feel it now and you don't know why

Hey hey hey
I think you almost
Feel yourself reaching out inside
Hey hey hey
I think you almost
Feel it now and you don't know why
Don't know why

Hey hey hey
きみは心から出てくるものは
ほとんど痛みに感じるんだね
Hey hey hey
いま痛みに感じても
そのわけがわからないのさ
なぜだかわからないんだ…

(Al Stewart)

put one's mind to=~に全力を傾ける、~に専念する
backdrop=背景幕.背景
contact=契約
pittance=わずかな手当[収入]
imperfection=不完全.欠点,欠陥.
perception=知覚、物の見方、理解(力)
enable=可能にさせる できるようにする
rise above=…を超越する; …を克服する.
shrug ~ off=(取るに足らないこととして) 忘れ去る、無視する

Released in 1978
From The Album"Time Passages"

220px-Time_passages.jpg

僕の観に行った5月7日(土)の1st Stageのアンコール曲がこの曲「Almost Lucy」でした。「Year Of The Cat」の大ヒットのあとに1978年にリリースされたアルバム「Time Passages」からの曲です。シングル「Time Passages」のB面がこの曲でした。

◆この曲のSongfactsに次のような解説がありました。

表面上は、この心を癒すようなアコースティックナンバーは、女性のパフォーマーを歌ったものです。彼女はおそらく歌手、またはストリッパーなのでしょう。多くのアル・スチュワートの曲と同じようにこの曲も心を癒すようなメロディを持っていますが、アルの歴史をご存じの方であれば、ルーシーが彼女(もしかして彼かも)が実在する人物かどうかわかることでしょう。


この解説通りに受け取るのであれば…うむ、なるほど。若かりし頃、夢を追いかけていたけれど、その夢をあきらめ、生きている誰しもの話なのでしょう。どこかで理性的にその夢をあきらめ、納得したつもりだったはずなのに、その夢を想うと今でも心が痛む。その理由は探してもわからない…。

◆歌詞ですが、物語のルーシーのバーでの役割がなんなのかで"Make you play all night"の"Play"の訳し方が違いますね。僕はとりあえず「踊らされていた」にしましたが(^▽^;)。

◆Al Stewart and bassist Doug Mann
↓↓↓↓↓


(この曲を購入)amazon.co.jp
Time Passages Original recording remastered, Import
Al Stewart

220px-Time_passages.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント