Sometimes it snow in April / スノウ・イン・エイプリル (Prince & The Revolution / プリンス&ザ・レヴォリューション)1986



Tracy died soon after a long fought civil war
Just after I'd wiped away his last tear
I guess he's better off than he was before,
A whole lot better off
than the fools he left here

トレイシーは長い内戦のあと
すぐに天に召されたんだ
僕が彼の最後の涙を拭ってあげた後のこと
彼はあの世で生前よりも幸せにやってるさ
ここに残していった馬鹿者たちより
ずっと幸せにやってるはずだよ

I used to cry for Tracy
because he was my only friend
Those kind of cars don't pass you every day

トレイシーを想ってよく泣いたよ
彼は僕のたった一人の友だちだった
めったに見ることができない車のように
彼は本当にいいヤツだったのさ

I used to cry for Tracy
because I wanted to see him again,
But sometimes sometimes
life ain't always the way

トレイシーを想ってよく泣いたよ
もう一度彼に会いたくてね
でも時々 そう時として
人生はうまくいかないものだよね

Sometimes it snows in April
Sometimes I feel so bad, so bad
Sometimes I wish life was never ending,
And all good things,
they say, never last

4月に雪が降ることもある
悲しい気持ちになることもある
人生が永遠に続いてほしいと時々思う
いいことだっていつかは終わる
そう人は言う

Springtime was always my favorite time of year,
A time for lovers holding hands in the rain
Now springtime only reminds me of Tracy's tears
Always cry for love,
Never cry for pain

春はいつだって僕のお気に入りの季節だった
恋人たちが雨のなか手をつなぐ季節だからね
いま春は トレイシーの涙を思い出すばかりさ
泣くのはいつだって愛のせいさ
痛みで泣いたことなんてないよ

He used to say so strong unafraid to die
Unafraid of the death that left me hypnotized
No, staring at his picture I realized

トレイシーはよく言ってたよ
強いから死を恐れたりしないんだって
"死を恐れない"って言葉に僕は魅せられた
いいや 彼の写真をじっと見つめて
僕はわかったんだ

No one could cry
the way my Tracy cried

誰も泣くことはできないんだ
トレイシーが泣くようにはね

Sometimes it snows in April
Sometimes I feel so bad
Sometimes, sometimes I wish
that life was never ending,
And all good things, they say, never last

4月に雪が降ることもある
悲しい気持ちになることもある
時々 ときどき 願うんだ
人生が永遠に続いてくれないかって
いいことだっていつかは終わる
そう人は言うけれど

I often dream of heaven
and I know that Tracy's there
I know that he has found another friend
Maybe he's found the answer
to all the April snow
Maybe one day
I'll see my Tracy again

僕は時々 天国のことを想う
トレイシーはきっとそこにいるんだ
彼は別の友だちを見つけたことだろう
もしかして彼は4月に雪が降る理由を
見つけたかもしれないね
いつか 僕はトレイシーに
再び会えるかもしれないよ

Sometimes it snows in April
Sometimes I feel so bad, so bad
Sometimes I wish
that life was never ending,
But all good things,
they say, never last

ときどき 4月に雪が降る
ときどき 悲しい気持ちになる
ときどき 想うんだ
人生が永遠に続いていくことを
でも いいことだって
いつかは終わる
そう人は言うんだ…

All good things
that say, never last

And love,
it isn't love until it's past

いいことはみんな
永遠は続かない って人は言う

そして「愛」は
通り過ぎていくまでは
「愛」とは言えないんだ…

Songwriters Prince, Wendy & Lisa
Lyrics c Warner/Chappell Music, Inc., Universal Music Publishing Group

be better off=いっそう暮らし向きがよい
a whole lot=《口語》 大いに.
hypnotize=魅する,うっとりとさせる

Released in 1986
From The Album"Parade"

41fdbpjQIhL__SX425_.jpg

 僕が最後に買ったプリンスのアルバムは「パレード」。そのラストを飾っていたこの曲「Sometimes it snow in April」は覚えています。
 "プリンス"らしくない!?静かな曲。そしてタイトルのインパクト。また、プリンス自身が監督となって作った映画「アンダー・ザ・チェリー・ムーン」の主人公トレイシー(プリンス)が死んでしまったことを歌った作品として…。
 この曲が、プリンス自身がトレイシーの名を借りて自分自身の死を歌った曲でなければ、また、実際にプリンスが天に召されたのが「4月」でなければ、この曲を和訳することはなかったかな…と思います。

HIts2prince.png

◆映画「アンダー・ザ・チェリー・ムーン」はプリンス監督、主演による1986年のアメリカ映画(全編モノクロ)。アルバム「パレード」はこのサントラなんですね。観てないのですがウィキペディアによると、「フランスのリゾート地を舞台に若いピアノ弾きをめぐって展開する恋愛映画」だそうです。(ポンコツ映画、とかだいぶ酷評されています)
 この若いピアノ弾きの名前がプリンス演じる「クリストファー・トレイシー」。これから映画を観る人には書いてしまって申し訳ないのですが、トレイシーは最後には死んでしまう、ようです。
あらすじを見たい人はこちら)(Movie walker)

51WEVj3iuSL.jpg

◆この4月の急な訃報を聞いて、"4月に雪が降ることもある"とは思いましたが、57歳の死は早すぎますよね。今年になって沢山の偉大なアーチスト達と別れを告げてきましたが、急すぎてまだ実感が沸きません。(短時間でまだ訳していない曲を集中して取り上げたこともあるけど…)これからきっと何か想いが込み上げてくるかもしれません。"スノウ・イン・エイプリル"の最後の歌詞のように…。

And love, it isn't love until it's past

そして「愛」は通り過ぎていくまでは「愛」とは言えない…


過ぎてしまって初めて「愛」と気づく、のかもしれません。

ありがとう。PRINCE ROGERS NELSON、R.I.P…。

ミック・ジャガー、ポール・マッカートニーら、プリンスを追悼 2016-04-22 (Barks.jp)

princeprincesingel.png

◆ABC News Prince Dead at 57
↓↓↓↓↓


◆映画「Under The Cherry Moon」の予告編です。
↓↓↓↓↓


◆ブルース・スプリングスティーンが4/23ブルックリンでのライヴにてプリンス追悼として「パープル・レイン」を披露しました。(Bruce Springsteen opens Brooklyn show with Purple Rain)
↓↓↓↓↓


(この曲を購入)amazon.co.jp
パレード
プリンス

41BZX5KZ9AL.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント

昔のCD封入の訳詞が、訳者さんのセンスが出すぎていて意味が分かりにくかったので、こちらを見つけられて良かったです。
とても分かりやすくて、助かりました。
良い曲ですよね。

遺書とするには

プロの翻訳家の方は、アルバムを聴き込む時間もない中で、和訳しなくてはなりません。とても真似できないプロのお仕事ですよね。僕は改めてプリンスの死を踏まえて、この曲に向かい合えたので、わかりやすくなったのかな。彼の遺書とは思いませんが、死んだトレイシーを客観的に見てるプリンスの目。実際にプリンスが亡くなられたのが“4月”というのが偶然ですが、より感慨深いものとなりました。

すごく素敵な訳をありがとうございます。
CDに付いていた訳詞には今ひとつ気持ちが共鳴できてなかったのですが…
でも、こちらで拝見した訳詞は心に染みました。
大好きな曲だから嬉しかったです。
今でもこれを聴くと泣いてしまうけど、こんなに素晴らしい曲を私達に与えてくれたプリンスにあらためて心から愛と感謝を。
We truly are loving you.
Rest In Peace…

No title

かおりさん、コメントありがとうございます。あれからもうすぐ一年ですね。東京は明日は雪、という天気予報です。4月には、、まさか降ることはないだろうな、、、。