The Light Is On / ザ・ライト・イズ・オン (Christpher Cross / クリストファー・クロス)1980



Is it yours?
Is it mine?
I was never the kind
who could draw the line

Are you free?
Unforgiven
Is this the kind of world
you could live in?

それはきみのもの?
それとも僕のもの?
僕は物事を割り切って考えられるタイプの
人間じゃない

きみは自由なの?
許されないことだよ
きみが生きていける世界は
こんなところなのかい?

But it's alright,
The light is on
The darkness has run to hide

It's alright,
The light is on
But the darkness is just outside

でももういいのさ
灯りも点いたじゃないか
暗闇は逃げていったから

もう大丈夫さ
灯りは点いたから
でも暗闇は
ほんのドアの外にいるだけなんだ

Outside your window,
beating down
Making the sound of the rain

Drive you crazy,
Make you lazy
You know it's only the rain

きみの部屋の窓の外
暗闇がうちひしがれて
雨の音を鳴らし始めたよ

その音はきみを狂わせて
どうでもよくさせてしまう
本当はただの雨でしかないのにね

But it's alright,
The light is on
The darkness has run to hide

It's alright,
The light is on
But the darkness is just outside

でももういいのさ
灯りも点いたからね
暗闇だって逃げ道があるんだよ

もう大丈夫
灯りだってまだ点くんだよ
でも暗闇は
ほんのドアの外にいるだけなんだ

Is it yours?
Is it mine?
I was never the kind
who could draw the line

Are you free?
Unforgiven
Is this the kind of world you could live in?

どれがきみのもの?
どれが僕のもの?
僕はそんな風に
物事を簡単に割り切れるような奴じゃない

きみは自由かい?
許されないことさ
きみが生きていける世界は
こんな世界なの?

It's alright,
The light is on
The darkness has run to hide
It's alright,
The light is on
The darkness is just outside

でももう大丈夫さ
灯りも点いたじゃないか
暗闇はもう逃げていったんだ

もう大丈夫
灯りが点いて照らしてくれる
でも気を付けなよ
暗闇はドアの外にいるだけだから

But it's alright,
The light is on
The darkness has run to hide

It's alright,
The light is on
The darkness is just outside
Outside your window…

部屋は灯りがともるけど

窓の外では
暗闇が僕らを待ち構えてるんだ…

Songwriters CROSS, CHRISTOPHER C.
Lyrics c Universal Music Publishing Group

draw the line=一線を画する
beat down=~を打ち倒す、圧倒する、押さえつける

Released in 1980
From The Album"Christpher Cross"

51CYSa67omL.jpg

 クリストファー・クロスのデビュー・アルバム「南から来た男」。1981年のグラミー賞主要4部門の独占は凄かった)この緑のジャケットにまる書いてピンク・フラミンゴ!は彼のアイコンですね。

(Side A)
?1. セイ・ユール・ビー・マイン
?2. 愛はまぼろし
?3. スピニング
?4. もう二度と
?5. 哀れなシャーリー

(Side B)
?6. 風立ちぬ
?7. ライト・イズ・オン
?8. セイリング
?9. ジゴロの芸人

◆この曲「The Light Is On」は有名曲「風立ちぬ(Ride Like The Wind)」と「セイリング(Sailing)」の間にある曲!ですので、皆様も「聞いたことある!」と言われるのではと思っております。
Ride Like The Wind」の和訳記事のコメントにて、QuaQuaChanさんからこの曲のリクエストをいただいておりました。昨年8月にリクエストをいただいて半年以上経っておりますが、ようやく和訳の神が降りてまいりました!(^_^;)

◆QuaQuaChanさんはコメントにてこの曲の歌詞について、“ひょっとして別れる寸前?”と書かれてましたが、正直それは「わかりません」(^_^;)。

この曲について、まずわかることは…

(1)主人公は2人 「I」と「You」であり、二人は恋愛関係(婚姻関係かも?)にありますが、何か問題がありそう。
(2)2人の間には「考え方」の違い、「生き方」の違いがありそう。
 
 ・主人公の考え方 「Draw The Line」を完全否定。
  「一線を画する」考え方をしない→物事を割り切って考えられる人間ではない。

 ・「You」の生き方
  主人公は、“Is this the kind of world you could live in?”と疑問を投げかけている。
  ということは「自分とは違う」ということを言っている。
  “the kind of world”…“自由?”“許されないこと”
  →「You」がいるのは、“何をやっても自由で許される世界”
  (僕はそんな世界では生きていけないと言っている?)

(3)“The Light Is On”の“Light”に対しては反意語の“Darkness”がキーワード。

あたりでしょうか…。

wenn3178999.jpg

◆「The darkness has run to hide」ですが、“has”は動詞なので“run”は名詞でしょう。
ですから、“run to hide”=「隠れ家に行くことができる逃走経路」という意味でしょうか。意訳すると、“灯りを点けたら暗闇だって隠れ家に逃げるさ”って感じ?

でも…逃げたはずの「暗闇」は、きみの窓の外に居座っているんですね…(怖い)。

◆はい、その後の二人が「別れた」のかどうかは不明です。

でも、何か「You」が罪を犯し(浮気あたりでしょうか?)、彼はそれが許せないでいる。暗い世界に陥ってしまった二人の間も、取り繕ろうとすれば(灯りを点ける)明るくはなるけれど、暗闇はなくなったわけではなく、すぐきみの外側で待ち構えているんだよ…。

そんな主人公の感情を歌った曲じゃないでしょうか。

「和訳の神」は降りてきましたが、神さまが正確なことを告げたのか間違っているのかは、クリストファーに聞かないとわかりましぇん!←開き直って逃げましたな (^_^;)

17869.jpg

◆クリストファー・クロスの来日公演も迫ってまいりました!
ビルボードライブ東京 Webサイト

クリストファー・クロスは2004年から、ほんと毎年来てくれてるんですね(^.^)。

ウィキペディア「クリストファー・クロス」

(この曲を購入)amazon.co.jp
南から来た男
クリストファー・クロス

51CYSa67omL.jpg

(Christopher Cross)
Ride Like The Wind / 風立ちぬ 1980
Sailing / セイリング 1980
Never Be The Same / もう二度と 1980
Say You'll Be Mine / セイ・ユール・ビー・マイン 1980 
Authur's Theme(Best That You Can Do)/ ニューヨーク・シティ・セレナーデ 1981
All Right / オール・ライト 1982
No Time For Talk / 悲しきメモリー 1983
Think Of Laura / 忘れじのローラ 1984
"V" /ヴィー 2014



関連記事

コメント

非公開コメント

ハイトーンですっきりしていて胸がすくような声ですね。
これからガンガン聞いていこうと思います!とてもいい歌でした。

クリストファー

ふきさん、クリストファー・クロス、ほかにもいい曲多いですよ。デビューした当時は、澄んだハイトーン・ボイスから、人はみな、繊細な感じで美しい少年をイメージしておりました。本人が顔を明かしてみると…(^-^; そのギャップがまた人気?を博したものです!