This Time / ディス・タイム (Bryan Adams / ブライアン・アダムス)1983



I think about her all the time
She's my fantasy
An image burnin' in my mind
Callin' out to me

いつだって彼女のことを考えてるんだ
彼女は僕のファンタジー
俺のなかに焼きついたイメージが
俺の名前を呼ぶんだよ

While my imagination's runnin' wild
Yeah - things are getting clearer

空想がだんだん暴走するにつれ
Yeah あれこれはっきりしてきたのさ

This time everything is alright
No way she's gonna get away
This time everything is easy
Any day - I'm gonna make her mine

今度こそ すべて大丈夫さ
あの娘はどこにも逃げ出せやしない
今度こそ すべてオーケーさ
いつか あの娘を俺のものにしてやるんだ

I've thought of every word I'd say
Give or take a few
But she turns and slowly walks away
What do I have to do

俺が公言してきたことを思い出してみたよ
だいたいのところだけどね
でもあの娘は後ろを向いて
ゆっくり出ていくんだ
俺はどうしたらいい?

Hey - turn up your radio
Oh - there's somethin' I want you to know

ヘイ! ラジオの音を大きくしてくれよ
ああ おまえに伝えたいことがあるんだ

This time everything is alright
No way she's gonna get away
This time everything is easy
Any day - I'm gonna make her mine

今度こそ 大丈夫さ
あの娘はどこにも逃げ出せしない
今度こそ すべてオーケーさ
ぜったいに あの娘を俺のものにしてやるんだ

Well it's hard to take
cause she's miles away
And I've waited a long time
But the feelin's right
and darlin' one of these nights
Yeah - I'm gonna let you know

ああ 辛いものだよ 彼女は遠くにいるしね
俺は長い間待ち続けてきたんだ
だけどこの気持ちは確かなのさ
ダーリン いつかこんな夜に
おまえにわからせてやるよ

This time everything is alright
No way she's gonna get away
This time everything is easy
Any day - I'm gonna make her mine

今度こそ すべて大丈夫
あの娘はどこにも逃げ出せしない
今度こそ すべてオーケーさ
いつか あの娘を俺のものにしてやるんだ

(Bryan Adams and Jim Vallance)

any day
1.いつでも、どんなときでも、今にも
表現パターンany day (of the week)
2.〔決意を強調して〕絶対に
表現パターンany day (of the week)

give or take=だいたいのところ

Released In 1983
US Billboard Hot100#24
From The Album“Cuts Like A Knife”

2945354981.jpg

ブライアン・アダムスのアルバム“Cuts Like A Knife”は僕の“青春時代”に聴きましたな~。“Straight From The Heart”は友人Fくんのテーマソングでした。
(このシングルのジャケットはJon Bon Joviに似てるね。)

◆1stシングルが"Straight From The Heart"、セカンドシングルがタイトルチューン"Cuts Like A Knife"、今回取り上げた"This Time"はサードシングルでした。いやー、ブライアンも若いね~。歌詞も楽曲も、PVに出てくる見た目もね。歌われている内容も、恋愛に“猪突猛進”で…それがちょうど僕らに合ってたんだな(^_^;)。

Any day - I'm gonna make her mine !の"Any day"は"いつの日でも""いつだって"、という意味に加え"ぜったいに""なにがなんでも"という意味になるそうです。cf. some day=いつの日にか、ですね…!

71cLyWWsdwL__SY355_.jpg

bryan-adams-fits-ya-good-am-2.jpg

◆ブライアンが今年あたり日本に来てくれるのでは…?と狙って(願って)おります。

◆"This Time"が最高位24位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles For The Week Ending October 29, 1983

ケニー&ドリーの「アイランド・イン・ザ・ストリーム」が首位。ビージーズの曲ですね。ライオネルリチ男が3位に控えています。シーナのテレフォンが9位。この曲明るくてヨカッタな。

-1 3 ISLANDS IN THE STREAM ??? Kenny Rogers with Dolly Parton
-2 1 TOTAL ECLIPSE OF THE HEART ??? Bonnie Tyler
-3 5 ALL NIGHT LONG (All Night) ??? Lionel Richie
-4 4 TRUE ??? Spandau Ballet
-5 6 ONE THING LEADS TO ANOTHER ??? The Fixx
-6 2 MAKING LOVE OUT OF NOTHING AT ALL ??? Air Supply
-7 7 KING OF PAIN ??? The Police
-8 8 DELIRIOUS ??? Prince
-9 10 TELEFONE (Long Distance Love Affair) ??? Sheena Easton
10 15 UPTOWN GIRL ??? Billy Joel
24 25 THIS TIME ??? Bryan Adams

◆いや~、よく聴いたよなあ。若い時の僕はこのことが一番大事なことだと思っていました。"Straight From The Heart"。
↓↓↓↓↓


◆アルバムのタイトルチューン"Cuts Like A Knife".
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Cuts Like A Knife

(この曲を購入)amazon.co.jp
カッツ・ライク・ア・ナイフ+2
ブライアン・アダムス

41hgB8ujQVL.jpg

「+2」のボーナストラックは「明日を信じて」と 「テイク・ミー・バック」のライヴバージョンです。

関連記事

コメント

非公開コメント

Live In Germany 1984では

「Lonely Nights」の次がこの曲のLiveとなります。
Bryanまじで若いっすよ。カッコいいな~。
めったさんの訳を見ると「(照れくさいけど)確かに若いころ感じてた気持ち」まんまですね。
その辺がBryanが半永久的に(男子に)支持される理由なんでしょうね。

ちなみにライヴでは「明日を信じて」もやっとります。
後で送りますんで、お楽しみに。

No title

おお!楽しみです★