Please Please Me / プリーズ・プリーズ・ミー (The Beatles / ビートルズ)1962



Last night I said these words to my girl
I know you never even try girl
Come on, come on, come on, come on
Come on, come on, come on. come on
Please please me.
oh yeah like I please you

昨日の晩 あの娘に言ったんだ
"きみはちっともやろうとしてくれないね"ってさ
おいでよ さあ たのむよ ねえ
おいでよ さあ たのむよ ねえ
お願いだよ 僕をよろこばせてよ
僕がきみをよろこばせてるように

You don't need me to show the way, love
Why do I always have to say, love?
Come on, come on. come on. come on
Come on, come on, come on. come on
Please please me, oh yeah like I please you

僕がやり方を教える必要なんかないよね
どうしていつも僕が口にしなきゃならないの?
おいでよ さあ たのむよ ねえ
おいでよ さあ たのむよ ねえ
お願いだ 僕をよろこばせて
僕がきみをよろこばせてるように

I don't want to sound complaining
But you know there's always rain in my heart
I do all the pleasin' with you
It's so hard to reason with you
Oh yeah why do you make me blue

文句のように受け取ってほしくはないけど
僕の心にはいつだって雨が降ってるんだ
すべてきみのためにやってるんだ
きみを納得させるって難しいよ
ああ きみはなんで僕をがっかりさせるんだい?

Last night I said these words to my girl
I know you never even try girl
Come on, come on, come on, come on
Come on, come on, come on. come on
Please please me.
Oh yeah like I please you

Oh yeah like I please you
Oh yeah like I please you

昨日の晩 あの娘に言ったんだ
そうさ
きみはちっともやろうとしてくれないんだ
おいでよ さあ たのむよ ねえ
おいでよ さあ たのむよ ねえ
お願いだよ 僕をよろこばせてよ
僕がきみをよろこばせてるように

僕がきみをよろこばせているように
僕がきみをよろこばせているように

(John Lennon and Paul McCartney)

reason with … 説得する

Released in 1962
UK Single Chart#2
US Billboard Hot100#3(1964)
From The Album"Please Please Me"

51y4KhHs7TL.jpg

今日から4月。
4月の月イチ・ビートルズは、有名曲"Please Please Me"にしました!この曲のタイトルの意味を知って、僕は洋楽って深いなあ!ひいては、英語に興味を持ちました。

◆つまりはコレです。("プリ―ズ・プリーズ・ミー"ウィキペディアより)

「プリーズ・プリーズ・ミー」というタイトルは一種の言葉遊びになっている。最初の"Please"は「どうぞ~」と副詞的に遣われていて、2番目の"please"は「~を喜ばせる」という他動詞の意味で使われている。よって日本語訳では「どうぞ僕を喜ばせてください」という意味になる。


中学生のときは「どうぞ、どうぞ、僕を!」と自己アピール(!)の歌だと思っていたのに、最初と2番目の"Please"の役割と意味が違っていたとは…!(みなさん、初めて知った人も多いのでは?)

japan_please_please_me_single.jpg

ウィキペディアには次のようにも書かれていました。

ジョン・レノンはpleaseを別の意味で2度用いるレトリックのアイデアを、ビング・クロスビーの楽曲"Please"から得ている("Please"の歌詞の"Please lend your little ear to my pleas"という部分で、「プリーズ」は別の意味で2回使われている。)。

"plea"は"嘆願; 請願"という意味だから、"お願いだよ 僕のお願いにちょっと耳を傾けて"ってとこでしょう。Johnは"面白い!"って思ったんですね。

◆デビュー曲"Love Me Do"は1962年12月の"ニュー・ミュージカル・エキスプレス"誌のチャートで17位になりました。ジョージ・マーチンは2枚目のシングルでは14位以上を狙い、ミッチ―・マレー作の「How Do You Do It」を選びました。
しかし、ビートルズは与えられた曲ではなく「"Please Please Me"を聴いてくれ!」とジョージ・マーチンを説き伏せました。彼らは自分達の作った曲、にこだわったんですね。

これが"How Do You Do It".たしかに、うーむ(-_-;)
↓↓↓↓↓


◆今でさえ新鮮な"Please Please Me"。1962年当時はポップスもお行儀のいい曲?がほとんどのなかで"Come on(Come On)、Come on(Come on)"やら、"Please Please Me"やらのフレーズはきっと"ちょっと意味深なエッチな感じ"を若者に与えたんだろう、それが時代のなかでのビートルズの魅力だったんだろうなあなんて思ってしまいます...!
"Please Please Me"はジョージ・マーチンの敷いた作戦(チャートの14位以上)を大きく飛び越えて、チャートの1位になりました。(UK Single Chartでは最高位2位)

今聴いても、おそらくこのあといつ聴いても、"勢い""新しさ"を感じる曲ですね。

◆Please Please Me,The Beatles,early version,Abbey road 11 September 1962
↓↓↓↓↓


◆The Beatles - Please Please Me (2009 Mono Remaster)
↓↓↓↓↓


◆The Beatles - Please Please Me (2011 Stereo Mix Remaster)
↓↓↓↓↓


◆ビング・クロスビー"Please"、ジョンがこれを聴いたんだな。
↓↓↓↓↓


(この曲を購入)amazon.co.jp
Please Please Me (Dig) Limited Edition, Original recording remastered, Import, Enhanced, CD
ザ・ビートルズ

51y4KhHs7TL.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント

偉大なミュージシャン

私はビートルズがデビューした年に生まれたのですが(^。^;)、最近、つくづく、彼らは偉大だと思います。

どの曲も、どのアルバムも、ホント素晴らしい!

悩ましい

月イチビートルズも、とりあえずデビューアルバムから始めましたが、このアルバムでもう一曲取り上げるか、先に進むか、悩んでしまうくらい、名曲多すぎです。僕の意欲と体力が続く限り!?頑張ってまいります(^_^;)。