Last Train To London / ロンドン行き最終列車 (Electric Light Orchestra / エレクトリック・ライト・オーケストラ)1979



It was 9:29
9:29, back street, big city
The sun was going down
There was music all around
It felt so right

いま9時29分
大都会の大通りの風景さ
太陽は落ち
あたり一面に音楽が流れる
とてもいい感じだったよ

It was one of those nights
One of those nights
When you feel the world stop turning
You were standing there
There was music in the air
I should have been away
But I knew I had to stay

それはある夜の話
いつもと変わらないある夜のことだけど
世界の時間が止まったように感じたのさ
きみがそこに立っていて
音楽も流れていて
僕はどこか遠くにいるべきだったのに
そこにとどまらなきゃならなかったんだ

Last train to London,
just heading out
Last train to London,
just leaving town
But I really want tonight to last forever
I really want to be with you
Let the music play on down the line
tonight

ロンドン行最終列車
いま出発するんだ
ロンドン行最終列車
いま町を旅立つのさ
今夜が永遠に続いてくれたらと心から望むよ
本当はきみと一緒にいたいんだ
音楽をずっと鳴らし続けよう
今夜は…

It was one of those nights
One of those nights
When you feel the fire burning
Everybody was there
Everybody to share
It was so right

あの夜のことだった
いつもと変わらない夜のことだった
炎が燃えあがるのを感じて
誰もがそこにいて
誰もが時を一緒に過ごしてて
とても気持ちのいい夜だったのさ

There you were on your own
Looking like you were the only one around
I had to be with you
Nothing else that I could do
I should have been away
But I knew I had to stay

きみは一人で生きていたね
きみのような人は他には誰もいなかった
僕はきみと一緒にいなきゃいけなかった
ほかには何もできなかったから
僕は遠くにいなきゃいけなかったのに
そこにとどまらなきゃならなかったのさ

Last train to London,
just heading out
Last train to London,
just leaving town
But I really want tonight to last forever
I really want to be with you
Let the music play on down the line
tonight

ロンドン行最終列車
いま出発するよ
ロンドン行最終列車
いま町を旅立っていく
でも僕は
今夜が永遠に続いてくれたらと心から望むんだ
本当はきみと一緒にいたいから
音楽をずっと鳴らし続けよう…
今夜は…

Underneath a starry sky
Time was still
but hours must really have rushed by
I didn't realize
But love was in your eyes
I really should have gone
But love went on and on

星降る夜の空の下
静かなときだったけど
ほんとは早く過ぎていかなきゃならなかったんだ
僕はちっとも気づかなかったけど
きみの瞳に愛が映ってた
僕は本当に行かなきゃならなかったんだ
愛がそこで続いていこうとしてたのに…

Last train to London,
just heading out
Last train to London,
just leaving town
But I really want tonight to last forever
I really want to be with you
Let the music play on down the line
tonight

ロンドン行最終列車
いま出発するんだ
ロンドン行最終列車
いま町を旅立つのさ
今夜が永遠に続いてくれたらと心から望むよ
本当はきみと一緒にいたいんだ
音楽をずっと鳴らし続けよう…
今夜は…

But I really want tonight to last forever
I really want to be with you
Let the music play on down the line tonight

今夜が永遠に続いてくれないかと願ってるんだ
本当はきみと一緒にいたいから
でも音楽を流し続けるよ 今夜だけは…

Songwriters Lynne, Jeff
Lyrics c EMI Music Publishing

on your own=独力で ひとりで

Released in 1979
US Billboard Hot100#39
UK Single Chart#8
From The Album"Discovery"

LsLondon.jpg

 あれっ?この曲、ビルボード誌では最高位39位だったんだ。さすがに歌詞の舞台となっている英国では8位でした。日本でのヒットだったのかな。ラジオでもよく流れていましたよ。ディスコのリズムが…。

◆アルバム"ディスカバリー"ではB面の1曲め。A面をひっくり返してB面に針を落とすと始まるこの曲。なかなか聴き応えがありました。
 夜の9時30分。バーミンガムからロンドンへの最終列車に乗らなければいけない状況になって…ようやく彼女との愛に気づいた主人公。間奏やエンディングでもストリングスの音が主人公の気持ちを表してるように感じます。ストリングスの音が入ってくると、彼ら"オーケストラ"ならではの曲だよなあ、なんて思ったりします。

◆この曲のウィキペディアより:

「コンフュージョン」と両A面でシングルカットされた。ロンドンのスタジオとバーミンガムとを電車で行き来していた頃の経験を元にして書いた。曲中に「Last train to London」という実録音の駅構内アナウンスが挿入されている。人気の高い曲だが、なぜかベスト盤からは外されることが多い。


最後の「ベスト盤からは…」というのが面白い(^▽^;)。

220px-ELODiscoveryalbumcover.jpg

ロンドン行き最終列車が出ていった後の風景…"Q.I.P"というサイトにこの写真が載っていました。

Last-Train-to-London.jpg

◆"ロンドン行き最終列車"は最高位3位でした。
TBS ポップスベスト10 1970年10月14日付

ナックやスーパートランプもヒットしていましたね!

-1 1 マイ・シャローナ(ナック)
-2 2 ブレックファスト・イン・アメリカ(スーパートランプ)
-3 3 ロンドン行き最終列車(エレクトリック・ライト・オーケストラ)
-4 5 ウォンテッド(ドゥーリーズ)
-5 4 ラヴィング・ユー・ベイビー(キッス)
-6 12 ドリーム・ポリス(チープ・トリック)
-7 8 レッツ・ゴー(カーズ)
-8 7 バッド・ガールズ(ドナ・サマー)
-9 10 サンデー・ガール(ブロンディ)
10 11 ドライバーズ・シート(スティッフ&ティアーズ)

◆曲のバックにLondonの風景がずっと流れていきます。
↓↓↓↓↓


◆ロンドンについた後は、月に向かって行きますか…"Ticket To The Moon"(アルバム"Time"から。1982年全英24位)
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Last Train To London
・Wikipedia Discovery

(この曲を購入!)Amazon.co.jp
Electric Light Orchestra Classic Albums Collection Box set, CD, Limited Edition, Import
E.L.O.

81BznWK0mkL__SL1500_.jpg

51zzlJWVSPL__SX425_.jpg

*アルバム11枚入ったBox Setです。これからE.L.Oを聴きたい、という方にはおススメ!("ザナドゥ(Xanadu)"のサントラ盤は入っていません)


(アルバム"Discovery"より)
Shine A Little Love / シャイン・ラブ 1979
Confusion / コンフュージョン 1979
Need Her Love / ニード・ハー・ラヴ 1979
The Diary Of Horace Wimp / ホレスの日記 1979
Don't Bring Me Down / ドント・ブリング・ミー・ダウン 1979

関連記事

コメント

非公開コメント

No title

おはようございます。

偶然・・!
先週から車で聴くBGMをこのDiscoveryにしたばかりっ!なんです。

もっとヒットしたのかと思ったら・・・
それぐらいの順位だったのですね。
時代・・ディスコ・ビートの曲がチャートをにぎわしていた頃だったようで。

ロンドン行き最終列車

この曲「ロンドン行き最終列車」ですが、最高位39位、AT40にはたった2週のみのヒットだったのですね、とっても良い曲だったのですがなぜヒットしなかったのでしょう。
覚えやすい親しみやすいメロディで、印象に強く残っていて、日本人好みの曲なのでしょうか、日本で大ヒットしたのは良くわかります。

ドライヴも楽しいね

はるちゃん、コメントありがとうございます。“ディスカバリー”がBGMのドライヴも楽しそうだね!季節もちょうどいい感じです(^o^)

アルバムで聴いた

星船さん、ロンドン行き最終列車の全米チャートが低調だったのは、シングルカットがだいぶ後になってから、というのがあるんじゃないですかね。アルバム自体がよく作られていて、アルバムで聴いた人が多かったんだろうと思います。文化放送のラジオ番組“百万人の英語”で“on the run”が使われていたのも懐かしいです。

No title

楽しいページ、ありがとうございます。

英語が得意でない私にも、当時、容易に意味の理解できた曲で、その意味でも好きでした。

途中に入る「パオパオパオ」っていう音、「あちらの鉄道、そんな音を出すのかな」と思ったり。
"all right, other"(?) も、駅係員か乗務員のアナウンス(を模したもの)かな、と思ったり。

No title

初めまして、さん、コメントありがとうございます。E.L.Oのこの曲、効果音もふんだんに使っていて楽しい。新たな発見がありますね。これからもお好きな曲などありましたら思い出などを教えてください。またコメントをお待ちしております!