【祝 来日決定】 Satisfied / サティスファイド (Richard Marx / リチャード・マークス)1989



We work our bodies weary
to stay alive
There must be more to livin'
than nine to five

僕らは生き続けるのに
体がへとへとになるまで働いてる
人生って 9時から5時まで働く以上のものが
きっとあるはずだよね

Why should we wait for some better time
There may not even be a tomorrow
Ain't no sense in losing your mind
I'm gonna make it worth the ride

今より素敵な瞬間を待ってちゃだめさ
だって明日でさえそうじゃないかもしれない
頭をおかしくする意味なんてないよ
自分の人生さ 僕は成功してやるんだ

Don't you know
I won't give up until I'm satisfied
Don't you know
Why should I stop until I'm satisfied

知らなかったかい
僕は満足するまであきらめないんだ!
教えてあげようか
僕は満足するまで止まったりしないんだ!

Ignore the hesitation
that ties your hands
Use your imagination
and take a chance

きみの両手を縛り付ける
ためらいなんて気にするな
想像力を駆使して
チャンスをつかむのさ

I won't let my moment of truth pass me by
I've gotta make my move now or never
And if they turn me loose on this town
They're gonna have to hold me down

"正念場"だぜ やるときゃやらなきゃ
"今こそ"ってときに行動を起こさなきゃ
この町で僕を自由にするのなら
僕を押さえつけようとしないとダメさ

Don't you know
I won't give up until I'm satisfied
Don't you know
Why should I stop until I'm satisfied

知らなかったかい
僕は満足するまであきらめないんだ!
教えてあげようか
僕は満足するまで止まったりしないんだ!

Oh, don't you know,
ain't gonna stop until we're satisfied
Don't you know,
We shouldn't stop until we're satisfied

僕らは満足するまでやめないよ!
僕らが満足するまでやめないよ!

Don't you know,
Ain't gonna stop until I'm satisfied
Don't you know,
We won't give up until we're satisfied

僕は満足するまで止まらない
僕らは満足するまであきらめないのさ!

Writer(s) Richard Marx

cf.There must be more to life than this
=(人生にとってはこれ以上のものがあるに違いない)
rde=〔人気・成功などに〕乗る.
Why should I?=
「そんなのいいだろう」
「やらなくていいよ」
the moment of truth=決着の時、正念場
now or never=今こそ好機! 《逸すべからず》.
turn loose=(監禁などから)解放する、自由に(…)させる

Released in 1989
US Billboard Hot100#1
From The Album"Repeat Offender"

220px-Richard_Marx_-_Satisfied.jpg

6月にリチャード・マークス来日です!

RichardMarx-720x479.jpg
Photo: PRESS

(NME JAPAN サイトより)
“Hold On To The Nights”、“Don't Mean Nothing”、“Right Here Waiting”などのヒット曲で知られるリチャード・マークスが6月に来日公演を行うことが決定している。

・リチャード・マークス ライヴ・イン・ジャパン 公演概要
・開催日時・会場:2016/6/23(木) EX THEATER ROPPONGI

・チケット発売

◆Richardは2012年にはビルボード・ライヴでのステージを東京と大阪で見せてくれました。ちなみに僕の行ったステージでのセットリストは…

richard.jpg

<Richrd Marx@Billboard LIVE 2012年10月20日(土)1st Stage>
-1.Endless Summer Nights
-2.Take This Heart
-3.Don't mean Nothing
-4.Angelia
-5.When You Loved Me
-6.Save Me
-7.Through My Veins(Piano)
-8.Should've Known Better
-9.Hold On To The Night
10.Now And Forever
(Encore)
11.Hazard
12.Right Here Waiting(Guitar)

でした!3曲目の"Don't Mean Nothing"が他のステージだと"Satisfied"に変更されたりしてたみたいで、うーん、どっちがいいか悩ましいところです(-_-;)。とてもいいステージだったんだけど、ラストの"Right Here Waiting"がアコーステッィク・ギターでの演奏になったのがちょっと残念。やっぱりピアノ弾き語りで聴きたかったです(贅沢)。

◆この曲"Satisfied"はファースト・アルバムが大ヒットして、人気絶頂のリチャードが1989年にセカンド・アルバム「リピート・オフェンダー」をリリースした際の1stシングル。全米No1ヒットになりました。("Right Here Waiting"はセカンドシングル)。リチャードがノリにノッテいた歌詞ですね!
ちなみにこの頃の国内盤シングルCDはこの縦長のジャケット。

satisfied CD

◆2014年にはアルバム「Beautiful Goodbye」をリリースして、アルバムは久々のトップ40入り。日本公演はヒット曲のほかに新曲も披露してくれるはずですね!

Beautifulgoodbyecover.jpg

◆"Satisfied"が最高位1位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles Week Ending June 24, 1989

NKOTBに代わって、リチャードが4→1位に。でも次週にはこの週4位のミニ・バニリが首位になります。歌ってるのは別な人事件があったアーチストですね(-_-;)。ネネ・チェリーの"バッファロー・スタンス"が3位。"バッファロー・スタンス"って、バッファローのように頑丈に動かない、 日本語で云う“テコでも動かない”って意味らしいですよ。偉そうにしてる男の歌なのかな。9位、お正月の訃報は残念でした。ナタリーの熱唱"Miss You Like Crazy"。10位の"暗い"じゃない"クライ"も気に入ったポップソングでした。

-1 4 SATISFIED –•– Richard Marx
-2 1 I’LL BE LOVING YOU (FOREVER) –•– New Kids On The Block
-3 5 BUFFALO STANCE –•– Neneh Cherry
-4 6 BABY DON’T FORGET MY NUMBER –•– Milli Vanilli
-5 7 GOOD THING –•– Fine Young Cannibals
-6 2 WIND BENEATH MY WINGS –•– Bette Midler
-7 9 THIS TIME I KNOW IT’S FOR REAL –•– Donna Summer
-8 3 EVERY LITTLE STEP –•– Bobby Brown
-9 12 MISS YOU LIKE CRAZY –•– Natalie Cole
10 10 CRY –•– Waterfront

◆おおっ髪の毛が長いなあ!歓声もスゴイ。人気絶頂の頃だな。
↓↓↓↓↓


◆2014年10月のthe Food & Wine Festival(at America Gardens Theatre)ステージから"Satisfied".
↓↓↓↓↓


◆2014年発売のアルバム"Beautiful Goodbye"からタイトル曲です。
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Satisfied
・NME Japan

(この曲を購入)amazon.co.jp
グレイテスト・ヒッツ
リチャード・マークス

41EW44KT6ZL.jpg

リチャードのベスト盤は他にも出ていますが、"Satisfied"が収録されてるのはこのベスト盤のみかな。

(Richard Marx)
Endless Summer NIghts / エンドレス・サマー・ナイツ 1988
Right Here Waiting / ライト・ヒア・ウェイティング 1989
Angelia / アンジェリーア 1989
関連記事

コメント

非公開コメント