Pony Ride / ポニー・ライド (The Crash / ザ・クラッシュ)2006



In a dream
I was on a Pony ride with you
You confessed your love
as the lovely night turned blue

夢のなかでね
僕はきみと仔馬に乗ってたんだ
素敵な夜が青く更けていくなか…
きみは僕に愛の告白をしたんだよ

Hey baby,
I la-laa-la-love you too
Hey baby,
Ooh honey, hey sugar
Level with me

ヘイ ベイビー
僕もね ウーララ
きみを愛してるんだ
ヘイ ベイビー
ああ 可愛いひと ねえ お願いだ
本当のことを言ってよ

Do you see a guy like me
and a girl like you
shagging by the fire,
on a honeymoon?

僕のようなヤツに会ったことある?
きみのような女の子には?
火を焚いて愛し合う
そんなハネムーンはどう?

Because that could be reality
to you and me
If you just get what I've got
Baby that could be reality, eternally
If you just get what I've got
and that is a frickin' lot

だってそれこそ
きみと僕のリアリティじゃない?
僕の手にしたものを
きみが手に入れるだけで
ベイビー それこそ
永遠の真実になるんじゃない?
僕も持ってるものを
きみが手にするだけで
そいつはすごく素敵なことさ!

Baby take me out
for a pony ride with you
And then later on
I will get your name tattooed

ベイビー 僕を連れ出してよ
きみと仔馬に乗りたいのさ
そしたらそのあとで...
きみの名前のタトゥーを入れちゃおうかな

Hey baby,
Oh la-laa-la-laa so sweet
Hey baby, ooh honey, hey sugar
I mean, seriously

ヘイ ベイビー
ああ ウーララ とてもステキさ
ヘイ ベイビー
可愛いひと 大好きさ
ホントだよ マジそうだって

Do you see a guy like me
and a girl like you
Shagging by the fire,
on a honeymoon?

僕のような野郎に会ったことある?
きみのような女の子には?
炎のまわりで愛し合おう
そんなハネムーンはどうだい?

Because that could be reality
to you and me
If you just get what I've got
Baby that could be reality, eternally
If you just get what I've got
and that is a frickin' lot

だってさ それこそきみと僕の
リアリティじゃないのかい?
僕の持ち物をきみが手にするだけで
ベイビー それが
永遠の真実なんじゃないかな?
もしも僕のものをきみが手にしたら
そのときはいっぱい愛し合おうよ

Take me home
'cause I like you
Tell me do you see a guy like me
and a girl like you
Shagging by the fire,
on a honeymoon?

僕を連れて帰って
だってきみのこと好きなのさ
僕のようなヤツに会ったことある?
きみのような女の子は?
僕らのハネムーンは
炎を焚いて愛し合おうよ

Because that could be reality
to you and me
If you just get what I've got
Baby that could be reality

だってそれがきみと僕の真実
きみと僕が一緒になったら最強
ベイビー それが真実じゃない?

What I'm sayin' is:
I really like you a lot

ようするに僕が言いたいのはね…
きみのこと
すんごく好きってことなのさ

level with=〔人に〕本当のことを言う、率直に打ち明ける
shagging=(英:Slang)=乱交する、セックスする、女たらし
Frickin'=Friggin'=F**cking

Released in 2006
From The Album"Pony Ride"

Pony_Ride_the_Crash.jpg
"ふき"さんからいただいたリクエスト曲です。

最初"The Clash"かな?と勘違いしてしまいましたが、"The Crash"でしたね。初めて聴いたバンドでした。

◆"Crash"(クラッシュ)はフィンランドのバンド。"London Calling"のThe Clashじゃありません。この曲"Pony Ride"は彼らの4枚めのアルバム"Pony Ride"のタイトルチューン。ポップなメロディもなかなか僕の好みです!

242176.jpg

こちらの方(フィンランド在住の方)のブログにバンドのプロフィ―ルが載ってますね。

◆そんなことで何回か聴いて曲の感じからいろいろ想像したりしながら歌詞を味わってきて、またPVのドラマを何回か観て、ようやくこんなとこかな?と和訳してみました。(スミマセン、このあたりが僕の実力です)

基本は主人公の男の「妄想」ってことですね(^▽^;)。夢のなか、最初はロマンチックです。童心に帰って"仔馬に乗ったり(Pony ride)"して無邪気に過ごしたあと、なんと彼女が告白してきました!僕だって、きみのことが好きなんだ!と慌ててリアクションしながらも、"本当なのかな?"と信じられない思いが半分、そして…彼女のようにプラトニックな恋愛じゃなくて、彼はちょっとエッチなことも考えてしまうわけですよね…!そして、清らかなおつきあいとエッチな関係の狭間であれこれと妄想しながらも…最後には、要するに「きみのことが大好きってことさ!」。
PVでは、主人公がホテルのベルボーイ。イケませんよ。お客様の私物をあれこれいじってしまっちゃ!彼女の持ち物、読んでる本はなぜか「Nuclear Physics」(原子核物理学)の専門書。聴いてるCDは"The Crash"の"Pony Ride"(笑)。積極的にアプローチしようとしてもダサくなってしまう彼。冷たくスルーされて、淋しい帰り道に一台の車が横に停まり、なんとそこには彼女が…。これはたぶん、バーカウンターで酔っぱらってしまった彼の夢、というオチなんじゃないかな!

*和訳のなかで、"Do you see a guy like me"のあとで"and a girl like you"という歌詞が意味合いがちょっとわかりませんでした。"僕のようなヤツに会ったことある?僕はきみのような女の子に出会ったことなかったんだよ"と訳すにはちょっと乱暴かな…。

The Crashは、1991–2009年に活動していましたが、残念ながらいまは解散してしまっているようですね。

◆Live in RuisRock 2007 (Finland)
↓↓↓↓↓


(この曲を購入)amazon.co.jp
Pony Ride Import
ザ・クラッシュ
高値が付いてます!中古でも¥17.000以上…(-_-;)

Pony_Ride_the_Crash.jpg


関連記事

コメント

非公開コメント

No title

ありがとうございます!
まさか本当に訳して頂けるなんて!
嬉しいです。
謝ることなんてないですよ。大満足です!

喜んでいただけて嬉しいです

ふきさん、喜んでいただけて嬉しいです。この曲の背景をはじめとして、アーチスト情報も探してもほとんど見つからず、途方に暮れてましたが、PVがしっかり作りこんであったので、そのストーリーから歌詞を見て物語のイメージを膨らませるようにしました。でもいまだにこの訳でよいのか?が確信もてず…(^-^;
メロディや曲の展開にも才能を感じるバンドですね。解散したというのが残念です。

実は俺もパンクのほうと同じバンドだと思っていました笑
恥ずかしいです
めったさんに教えてもらうまで変だと思っていたんですけど。お陰でスッキリしました

そうだったんですか(^o^)

ふきさん、そうだったんですか!でもバンドの先入観なしに曲を聴いて「いいな!」って思えたことは大事ですね。僕もこの曲との出会い作ってくれたことに感謝してますよー!またよろしくお願いします。