Goin' Down To Laurel / ゴーイン・ダウン・トゥ・ローレル (Steve Forbert / スティーヴ・フォーバート)1978



Well everybody here,
seems to like to laugh
Look at Johnny
jivin' across the floor

He can play the fool
and make a few mistakes
But all the same
He'll never be a bore

ええと ここにいる皆さんは
どうやら笑うのが好きなようだ
ジョニーを見てみろよ
フロアの向こうでノッてるぜ

アイツはマヌケ役を演じて
間違いをしでかしてるよ
でもそんなことはどうでもいい
アイツには退屈しないからね

I'm glad to be so young
talkin' with my tongue
Glad to be so careless in my way

Glad to take a chance
and play against the odds
Glad to be so crazy in my day

こんなに若いことが嬉しいよ
ぺらぺら好きなことをと話せるしね
俺のやり方はとてもそそっかしいけど
それが気に入ってるんだ

チャンスを与えてくれて感謝するし
まわりの予想を裏切るのも好きなのさ
こんな素敵な一日をありがとう

Well I'm goin' down to Laurel
It's a dirty stinkin' town yeah
But me I know exactly
What I'm going to find

ああ ローレルに出かけるところさ
いちばん汚れたきたねえ町さ yeah
でも俺にとっちゃ
何が見つかるか よくわかってる場所

Little girl I'm goin' to see
She is a fool for lovin' me
But she's in love
And love's a funny state of mind

可愛いコちゃん 会いにいくよ
アイツは俺にメロメロだからね
アイツは俺に恋してる
そんでもって
恋ってやつはおかしな心境だよな

Well what was that
you said when you had a tear
Rolling down your cheek the other night

I couldn't catch it all
there's something going wrong
I hope you got it straightened out alright

ああ あれは何だったんだい
このあいだの夜 おまえの頬に
涙が伝わって落ちたとき
おまえが言ったのは?

よく聞こえなかったのさ
何か良くないことがあったみたいだが
もう落ち着いて大丈夫ならいいんだけど

Everything's so loud
and everything's so fast
I hear your brother married once again

Yeah, the best of luck
and all and try to have some fun
And tell me this great life can always end

何もかもが でっかい音で
何もかもが すごい速さなんだ
おまえの兄貴がまた結婚したって聞いたよ

まあ 頑張ってくれよ
まあ 頑張って楽しみなよ
"こんな偉大な人生はいつだって終わる"
そう言ってくれよ

Well I'm goin' down to Laurel
It's a dirty stinkin' town yeah
But me I know exactly
What I'm going to find

ああ 俺はローレルに行くところさ
そこは汚れたくせえ 町なんだ
でも俺にとっちゃ
何が見つかるのか
はっきりわかるところさ

Little girl I'm goin' to see
She is a fool for lovin' me
But she's in love
And love's a funny state of mind,
yes it is

可愛いコちゃんに会いにいくのさ
アイツは俺にメロメロだからね
でもアイツは俺に恋してる
恋ってやつはおかしな心境だよな
ああそうさ

I'm smilin' from a car,
I'm goin' for a drive
Feel the whistle blowin'
breeze gone flying by

Mirror's on the moon,
Echo in the sun
See just a touch of madness in my eye

車のなかから笑いかける俺
ドライヴに行くのさ
流れいく風のなかで
誰か口笛を吹いていたみたいだ

月に鏡のように映り
太陽が照るなか こだまが響く
俺の瞳のなかに
狂気がほんのわずか見えるだろう

Please don't mention rain,
please don't talk of trains
Please don't mention buildings burnin' down

Everybody here,
seems to like to laugh
Either step in time
or just don't hang around

お願いだ 雨のことは言わないでくれ
頼むから 列車のことは口にしないでくれ
お願いだ 建物が焼け落ちてることも
言わないでくれよ

ここにいるみんなは
笑いたいと思ってるんだよ
調子よく踊らないんだったら
うろつき回るんじゃねえってことさ

Well, well I'm goin' down to Laurel
It's a dirty stinkin' town, yeah
But me I know exactly
What I'm going to find

ああ 俺はローレルに行くところだ
きったねえ匂いのする町さ
でも俺にとっちゃ
はっきりと何かが見つかる町なんだ

Little girl I'm goin' to see
She is a fool for lovin' me
But she's in love
And love's a funny state of mind

可愛いコちゃん 会いにいくからさ
アイツは俺に夢中になってるのさ
でもアイツは俺に恋してるけど
恋ってヤツはおかしな気持ちなんだよな

Oh tell me what I say now
She's in love and
Love's a funny state of mind
Yeah

ああ もう一度言わせてくれよ
あの娘は恋してる
そして恋ってのは
おかしな気持ちにさせるもんだぜ
Yeah

Songwriters STEVE FORBERT
Lyrics c DEMI MUSIC CORP. D/B/A LICHELLE MUSIC COMPANY

against the odds=強い抵抗にもかかわらず、予想に反して
straighten out=好転する、落ちつくか、正しい状態にする

Released in 1978
From The Album"Arive On Arival"

51yHZqlE8zL__SX425_.jpg

 この曲から始まるスティーヴ・フォーバートのデビューアルバム"アライヴ・オン・アライヴァル"。ミュージック・テープで持っていてよく聴いたなあ。
 聴いた順番は全米トップ40で「ロミオの歌」がランクインしてから、セカンド・アルバム「ジャックラビット・スリム」とこの「アライヴ・オン・アライヴァル」を買ったんだ。

Alive on arrival

◆このしわがれた独特の声。アルバムジャケットに写った彼の顔もなかなか印象的(ちょっと小堺一機さん風)。ギターを弾きながらブルースハープを吹き、都会や町の若者の生活をストーリーテラー。ポストボブ・ディランとも言われてましたよね。この1曲目の「ゴーイングダウン・トゥ・ローレル」はスティーヴの魅力全開でした。

1347-1-20130118020350.jpg

◆"恋ってヤツはおかしな心境だよな"とカラっと言ってのけるスティーヴ。"Laurel"って地図上ではワシントンD.Cの斜め上、メリーランド州の都市にあります。写真を見ても歌詞にあるようなそんなに汚い町じゃない。スティーヴが生まれ育った町かというとどうもそうでもないみたい。

Laurel.jpg

Laurel2.jpg

 そんななか"ローレルに行くところさ"ってどんな意味なのか?ちょっと調べてみたのですが、ローレル(Laurel)=ゲッケイジュ(月桂樹)のこと。この"ゲッケイジュ"ですが、マラソンの優勝者などの頭に、勝利と栄光のシンボルとして載せますよね。でもそのまえに、ギリシャ神話では Daphne が Apollo の"愛の追跡を逃れるため変身したもの"と言われているようです。
"あの娘は俺に夢中になっちゃってるけど、恋ってのはおかしなもんだね"と歌う男が向かう場所は"ローレル"=愛の追跡を逃れる象徴。"今の俺には愛とか恋とか…どうでもいいんだよ"なんて姿が浮かんできます。

◆スティーヴは2013年に来日したんだよなあ。3月末~4月頭という僕の仕事が一番忙しい時期の来日でした。行けなかったのが残念です…(:_;)。この「Goin’ Down The Laurel」も演ったみたいだなあ…。

◆Steve Forbert - Goin' Down To Laurel - 7/6/1979 - Capitol Theatre
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Steve Fobert
・Wikipedia Laurel

(この曲を購入)amazon.co.jp
Alive on Arrival/Jack Rabbit Slim CD, Import
Steve Forbert

81psPvdrGxL__SL1500_.jpg

1st「Alive on Arrival」と2nd「Jack Rabbit Slim」の2枚組CDで2000円弱でお得です!
関連記事

コメント

非公開コメント