You're The Singer / 歌にくちづけ (Bernie Leadon=Michael Georgiades Band / バーニー・リードン=マイケル・ジョージアディス・バンド)1977



Over and over I hear you keep sayin'
"Look what they've done to me"
Baby,can't you see
It's destiny

何度も何度もきみはこう言うんだ
"ねえ見てよ アタシがされたこと"
ベイビー わからないのかい
それが運命っていうものさ

Sometimes you're distant
It's hard to be easy
You try to play so cool
Like really playin' the fool
You're a clown
A lover turned away

ときどき きみは僕から遠くにいて
気楽にはできなくて
クールに振る舞おうとしてしまう
本当に馬鹿のふりをして
まるでピエロだよ
恋人も去って行っちゃったね

You know
Life's not such a mystery
Just give love where it needs to be
In one long endless symphony
You're the singer
Life's the song
Everybody gets to sing along

わかるだろ
人生はそんなミステリーじゃない
ただ必要なときに愛を捧げることさ
ひとつの終わりなき交響曲のなかで
きみは歌い手で
人生は歌なんだ
そして誰もが一緒に歌うんだよ

Over and over I hear you keep sayin'
"All this don't seem real"
It's only how you feel
Turnin' on the wheel

何度も何度もきみはこう言うんだ
"すべてが作り物のように思える…"って
それはきみだけの感じ方さ
ハンドルを切ってみろよ

Everybody's changing
Everybody's moving
Nothing seem to last
And somewhere in the past
It's gone-Now is all there is

何もかもが変わり続けてる
何もかもが動いているんだ
そのままでいるものなど何もない
過去はどこかに行ってしまって…
"いま"がここにあるだけさ

You know
Life's not such a mystery
Just give love where it needs to be
In one long endless symphony
You're the singer
Life's the song
Everybody gets to sing along

わかるだろ
人生はミステリー小説なんかじゃない
大事なのは望まれるときに愛を捧げること
長く続いていく交響曲のなかで
きみは歌い手
そして人生は歌
みんなが一緒に歌ってくれるのさ

Over and over I hear you keep sayin'
"I Think I'll go inside"
Baby you can hide
But time ain't on your side

何度も何度もきみはこう言うのさ
"アタシ 自分の殻に閉じこもる"ってね
ベイビー 隠れることはできたって
時間は去っていくだけさ

You're precious and lovely
You look like an angel
way beyond belief
But time works like thief
Look out
It's stealin' all the years

きみは大切で愛しいひとさ
まるで天使のようなんだ
信じられないくらいさ
でも時間は泥棒のように忍び寄る
気を付けるんだ
月日が経つのは早いものだよ

You know
Life's not such a mystery
Just give love where it needs to be
In one long endless symphony
You're the singer
Life's the song
Everybody gets to sing along

わかるだろ
人生はそんなミステリー小説じゃない
求められるときに愛を捧げることなんだ
ひとつの長く続いていく交響曲のなかで
きみはシンガーで
人生は歌さ
みんなが一緒に歌ってくれるんだ

Everybody gets to sing along

みんながきみと声を合わせて歌うのさ

(Michael Georgiades)

beyond belief=信じられないほどの

Released in 1977
From The Album"Natural Progressions"

413252JW9EL.jpg

 アルバム「歌にくちづけ」は僕の買っていた雑誌「ミュージック・ライフ」の新作アルバム紹介の記事で、星5つ「★★★★★」がついて紹介されていたのを覚えています。
イーグルスにいたバーニー・リードンがマイケル・ジョージアディスと組んで出したアルバム、興味はすごくあったのですが、そのときは聴くことがなく忘れておりました。
 でもワーナーの「新名盤探検隊」シリーズでCDが発売。なんと\1,200円!って当時のレコードの半額以下じゃないですか!昔の僕に教えよう。"お前は今買わないで正解だぞ。将来おまえはこの半額でこの名盤を手にすることになる…!"と(^^)

◆2013年にイーグルスは"History Of The Eagles"と銘打つツアーを行い、ここに元メンバーのバーニー・リードンが参加しました。彼がイーグルスから離れたのはアルバム「呪われた夜」発表の後、音楽性の違いから居場所を失くしていったバーニーは最後にグレンの頭にビールをぶっかけてイーグルスを去ったと言われています。このときから約38年振りの復活でした。(下に"Peaceful Easy Feeling"の動画あり)
 「Take It Easy」を始め、イーグルスの1枚めや2枚めのアルバムはカントリー調の曲が多く、ドンやグレンと肩を並べて存在感があったのがバーニーです。

BLeadonBorderShoot-1.jpg

◆イーグルスから脱退まもなく、バーニーはこのアルバムをリリースします。このアルバムについてバーニーのインタビューを見つけました。(和訳は僕なのであまり正確ではありませんのであしからず)

マイケルはイーグルスが結成された頃には僕の近所に住んでいたのさ。僕が家に帰った時にはよくアコースティックギターで一緒に演ったりしていたんだ。彼はピックを使わない僕の"ハンド・スタイル"に影響されていたよ。僕らは同じような雰囲気の曲を沢山書いていたんだ。イーグルスは僕がその頃書いていたような曲には興味を示さなかったんだよ。だからマイケルと僕は二人でアルバムを作成したんだ。"Natural Progressions(自然な成り行き)"ってタイトルのアルバムさ。実は僕はとあるところから許可なく名前を拝借しちゃったんだ。マリブのサーフショップの名前なんだ。ある意味ではそのもの通りなんだけど、別な意味では僕にとっての論理的な次のステップの意味なんだ。

bernieladoninter_i000016.jpg

リラックスしアルバムを作成したバーニーとその友人のマイケル。この曲「You're The Singer」はマイケル作のナンバーで、友人(女性)への愛情と友情を込めて"きみはシンガー、人生は歌、みんなが歌ってくれるよ"というメッセージがあったかいですよね。サウンドも典型的なウエストコーストサウンドでコーラスも聴きやすいです。

◆現在のバーニーはスキンヘッドでちょっと雰囲気変わったなあ(^▽^;)

Beinie now

◆愛なしできみは生きられるかい?…アルバム「歌にくちづけ」からバーニー作"How Can You Live Without Love?".
↓↓↓↓↓


◆バーニーが加わって…"Peaceful Easy Feeling" LIVE 07072013 @ Summerfest MIlwaukee WI USA.バンジョーじゃないけど、リードはバーニーが弾く。Glenn R.I.P.
↓↓↓↓↓


◆イーグルス時代のバーニー作の名曲「My Man」(アルバム「On The Border」より)ペダル&スチールギターの感じもいい。
↓↓↓↓↓


(この曲を購入)amazon.co.jp
バーニー・リードン=マイケル・ジョージアディス・バンド
Bernie Leadon Michael Georgiades
fc2blog_20160312223615877.jpg

*もう\4.955になってる~( ゚Д゚)/
(買っておいてよかった・・・)
関連記事

コメント

非公開コメント

5つ星

ミュージックライフのアルバムレビューで5つ星はすごいですね。
滅多にない。僕が覚えているのではナッシュ&クロスビーのファーストアルバムが星5つじゃなかったかな・・・
いい曲ですね。知らなかったんだけど。
僕が好きなイーグルスは彼がいた頃のイーグルスです。個人的には「ならず者」が最高傑作だと思っています。

参考にしてました

このアルバムは聴かなくては!、、、とずっとずっと思ってたので、★★★★★だったと記憶してます。でももしかすると4つ半だったかも(^_^;)。レビューを書いた方の思い入れも入っていたかとも思いますが。バーニーが肩肘張らずに音楽を楽しんでる姿がイメージできる素敵なアルバムです。