Shameless / シェイムレス (Billy Joel / ビリー・ジョエル)1989



Well I'm shameless
when it comes to loving you
I'd do anything you want me to
I'd do anything at all

そう きみを愛することとなったら
僕は恥知らずさ
きみが僕にしてほしいことはなんでもやる
どんなことでもやるんだ

And I'm standing here
for all the world to see
There ain't that much left of me
That has very far to fall

僕はここに立っている
世間の目が僕を見ているよ
僕にはもう何も残っていないんだ
すでに評判も落ちているから...

You know I'm not a man who has ever been
Insecure about the world
I've been living in
I don't break easy
I have my pride
But if you need to be satisfied

わかってるよね 僕はそんなヤツじゃない
生きてきた世界に
不安を感じたりしないんだ
簡単には倒れない
僕にはプライドがある
でもきみが
満足する必要があるって言うのなら…

I'm shameless,
baby I don't have a prayer
Anytime I see you standing there
I go down upon my knees

僕は恥知らずって言われてもいい
ベイビー 僕は祈ったりしないけど
いつだってそこに立ってるきみの姿を見れば
ひざまずいてお願いしてしまう

And I'm changing,
I swore I'd never compromise
But you convinced me otherwise
I'll do anything you please

僕は変わったんだ
これまで決して妥協なんてしなかったけど
きみがそのほかのことで
僕を信じさせてくれた
僕はきみが喜ぶのならなんだってする

You see in all my life I've never found
What I couldn't resist
what I couldn't turn down
I could walk away from anyone I ever knew
But I can't walk away from you

これまでの人生のなかでは
決して見つけられなかったのさ
拒絶できたものもなかったし
お断りしたものもなかったよ
どんな知り合いとも立ち去ることができても
きみから去ることはできないんだ...

I have never let anything
have this much control over me
Cause I worked too hard
to call my life my own

僕をこんなに
支配できるものもなかったし
だって僕は一生懸命働き過ぎて
自分の人生と思うものがなかったんだ

Yes I made myself a world
and it worked so perfectly
But it's your world now
I can't refuse
I never had so much to lose
I'm shameless...shameless

そうさ 僕は自分の自身の世界を作り
それはとても完璧だったんだ
でも いまは世界はきみのもので
僕には拒めないよ
失うものなんて決してなかったのに
僕は恥知らずだ 僕は恥知らず…

You know it should be easy
for a man who's strong
To say he's sorry
or admit when he's wrong
I've never lost anything I ever missed
But I've never been in love like this...

わかるよね 簡単なことのはずさ
本当に強い男ならね
僕が悪かったと口にしたり
僕が間違っていたと認めることは
でもこんな風に
恋に落ちることも決してなかったんだ…

It's out of my hands

僕にはどうすることもできない

I'm shameless,
Shameless as a man can be
You can make a total fool of me
I just wanted you to know

僕は恥さらし
誰にもなれないくらいの恥さらしだ
馬鹿にしてくれていいよ
きみにそう知っておいて
ただそれだけさ…

I am shameless
Shameless
Shameless...

僕は恥さらし
恥さらしって呼べよ
恥さらしなんだ

Songwriters JOEL, BILLY
Lyrics c Universal Music Publishing Group

shameless=恥知らずな、慎みのない、厚かましい、羞恥心のない
otherwise =さもなければ、その他の点では、別の面では
turn down=拒絶する、はねつける、断る
make a fool of=ばかにする、笑い者にする

Released in1989
US Billboard
Hot Adult Contemporary Tracks #40
From The Album"Storm Front"

BillyJoelStormFront.jpg

3月の月イチ・ビリーはアルバム「Storm Front」からの"Shameless"です。

きみに恥も外聞もなく夢中になっている…こういう表現のラヴソングもあるんですね。
(月イチ・ビリーは...安心してください、続けますよ! 笑)

◆1989年、ビリーはこれまでのバンドメンバーと別れ、フィル・ラモーンではないプロデューサーのもとでアルバムを作ろうとしました。最初はヴァン・ヘイレンのエディ・ヴァン・ヘイレンに依頼したそうなのですが、これは実らず。しかし、代わりに招かれたのは、フォリナーのミック・ジョーンズで、その結果アルバム「ストーム・フロント」は分厚いサウンドとなりました。また1987年にはソビエト連邦でのライヴを経験し、そのときのライヴはアルバムにもなっていますね(コンツェルト・ライヴ・イン・USSR)。私生活では1985年にクリスティ・ブリンクリーと結婚。こうしたことが歌詞やサウンドでも反映しています。

◆この"Shameless"は、カントリー・アーチスト"ガース・ブルックス(Garth Brooks)"が1991年に取り上げて、ビルボードのカントリーチャートで1位を記録した曲です。

220px-Shameless_(Garth_Brooks_single_-_cover_art).jpg

ビリーはこのことについて、「誰か他のアーティスト、それも異なるジャンルのスターがカヴァーしてNo1になるなんて長年の夢がかなったよ。自分のキャリアにおいてすごく名誉なことだ。」と述懐しています。
また、このとき、この曲について、次のようなコメントもしています。

本当はジミ・ヘンドリックスのことを考えながらこの曲を書いたのさ。僕はジミ・ヘンの声がいつだって好きだし、彼の発音やらギターのサウンドを愛してるからね。

...うーむ、どのへんがジミ・ヘンなのかな…ジミ・ヘンをもう少し聞き込まないとわからないかも…(-_-)。ジミ・ヘンのファンの皆さん、どんなものなのでしょう???

storm back

◆和訳では2箇所、つまづきました。

There ain't that much left of me
That has very far to fall

直訳では「倒れるようなことからはほど遠いことは 何も残っていない」ということかと思います。前段で「Standing」が出てきているので"fall"と表現しているのかなと思うのですが、この場合"倒れる"ということよりも"評判が悪い"などの意味かなと思い、そのように意訳しています。

また、次の箇所。

What I couldn't resist
what I couldn't turn down

「resist」も「turn down」も"辞退する""断る"などの表現かと思いますが…

「拒否」「辞退」を意味する英語表現の違いと使い分け方(Weblio英会話)

こちらのサイトを参照して"turn down"=婉曲で日常的な表現ということで、そのように和訳してみました。

◆ビリーとクリスティ、そして愛娘アレクサちゃんのおもしろ写真。

c4bb257ab3a838c56c00616e46ba034c.jpg

◆Billy Joel 'Shameless' Live Soundboard 1993
↓↓↓↓↓


◆ファンの質問に答えて- Q&A: Do You Like Garth Brooks' "Shameless"?(Nuremberg 1995)
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Storm Front
・Wikipedia Shameless
・ビリー・ジョエル永遠のピアノマン大人のロック特別編集

(この曲を購入)amazon.co.jp
Greatest Hits 3 Import
ビリー・ジョエル

71LKfOu4RLL.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント