Goodbye Stranger / グッドバイ・ストレンジャー (Supertramp /スーパートランプ) 1979

Goobye.jpg

*nicovideoです。会員は観ることができます(無料会員あり)。

It was an early morning yesterday
I was up before the dawn
And I really have enjoyed my stay
But I must be moving on

昨日の早朝のことだった
僕は夜明け前に目覚めていたよ
ここにいて本当に楽しめたんだ
でも僕は行かなきゃいけない

Like a king without a castle
Like a queen without a throne
I'm an early morning lover
And I must be moving on

城を持たない王のように
王座のない女王のように
僕は“早朝の恋人”なのさ
一か所にとどまるわけにはいかないんだ

Now I believe in what you say
Is the undisputed truth
But I have to have things my own way
To keep me in my youth

きみの言うことを今は信じてるよ
それは紛れもない真実だよね
でも僕には僕のこだわりがあるんだ
自分自身が若くあるために

Like a ship without an anchor
Like a slave without a chain
Just the thought of those sweet ladies
Sends a shiver through my veins

それは錨(いかり)のない船のようで
それは鎖に繋がれてない奴隷のようさ
あの素敵な女性たちのことを考えるだけで
震えが血管から全身を駆け巡る

And I will go on shining
Shining like brand new
I'll never look behind me
My troubles will be few

僕は輝き続けたいんだ
生まれたてのように輝いて
後ろを振り返ったりはしない
厄介なことだってほとんどないんだから

Goodbye stranger
It's been nice
Hope you find your paradise
Tried to see your point of view
Hope your dreams will all come true

さよなら 見知らぬ人
素敵な体験だったよ
きみの楽園が見つかることを祈ってる
きみの考えを理解しようとはしたさ
夢がみんなかなうことを願ってるよ

Goodbye Mary, goodbye Jane
Will we ever meet again
Feel no sorrow, feel no shame
Come tomorrow, feel no pain

さよなら メアリ さよなら ジェーン
僕たちまた 会えるかな?
悲しまないで 恥ずかしいと思わないで
明日になれば 痛みも消えてるさ

Sweet devotion, it's not for me
Just give me motion and set me free
Land and the ocean far away
Life I've chosen everyday

献身的な甘い愛情なんて 僕には無縁なんだ
ちょっとした仕草だけで 僕は自由になれるから
大地や大海は遥か彼方に
僕は毎日そんな人生を選んできたのさ

Goodbye Mary, Goodbye Jane
Will we ever meet again

さよならメアリ さよならジェーン
僕たちまた会えるかな?

Now some they do
and some they don't
And some you just can't tell
And some they will
and some they won't
With some it's just as well

そうする人たちもいれば
そうしない人たちもいる
理解できないような人たちもいる
いずれする人たちもいるし
しない人たちもいる
何人かの幸運な人たちもいる

You can laugh at my behavior
That'll never bother me
Say the devil is my savior
But I don't pay no heed

僕の行いを見て笑ってもいいさ
僕はちっとも気にしないから
言えばいいさ
“アンタを救うのは悪魔なんだ”って
それでも僕は気にもとめないよ

And I will go on shining
Shining like brand new
I'll never look behind me
My troubles will be few

そうさ 僕は輝き続けるんだ
生まれたてのピッカピカにようにね
後ろは決して振り返らない
心配事だってほとんどないようなもんさ

Goodbye stranger
it's been nice
Hope you find your paradise
Tried to see your point of view
Hope your dreams will all come true

さよなら 一夜限りのひと
素敵な体験だったよ
きみの楽園が見つかることを祈ってる
きみの考えを理解しようとはしたさ
夢がみんなかなうことを願ってるよ

Goodbye Mary, goodbye Jane
Will we ever meet again?
Feel no sorrow, feel no shame
Come tomorrow, feel no pain

さよなら メアリ さよなら ジェーン
僕たちまた 会えるかな?
悲しまないで 恥ずかしいと思わないで
明日になれば 痛みも消えてるさ

Goodbye Mary, goodbye Jane
Will we ever meet again?
Feel no sorrow, feel no shame
Come tomorrow, feel no pain

さよなら メアリ さよなら ジェーン
僕たちまた 会えるかな?
悲しまないで 恥ずかしいと思わないで
明日になれば 痛みも消えてるさ

Goodbye Mary, goodbye Jane
Will we ever meet again?

僕らまた会えるかな…?

Songwriters: DAVIES, RICHARD / HODGSON, ROGER
lyrics c Universal Music Publishing Group

undisputed=異議のない,明白な.
just as well =かえって幸いな[好都合な]、
pay no heed =気にもとめない申し訳なき次第であります、言わねばなりません

Released in 1979
US Billboard Hot100#15
From The Album"Breakfast In America"

Goodbye_Stranger.jpg

 スーパートランプのバンド名の意味は「漂流者」。メンバーのリック・デイヴィスが同姓のよしみで好きだったというウィリアム・ヘンリー・デイヴィスの小説「The Autobiography of a Super-Tramp(素晴らしき放浪者の自叙伝)」からとられたものです。誰ですか?「でっかいトランプ」を想像したのは!(笑)
→このギャグは先に和訳している「ロジカル・ソング(とても論理的な歌)」で使ってます(-_-;)

◆スーパー・トランプのアルバム“Breakfast In America”は全世界的にヒットしましたね。プロモーションのために、アルバムジャケットに移っている女の人(リビーおばさん)が日本にも来てくれたのを覚えています。

◆この曲“Goodbye Stranger”ですが、「さすらい人」?「根無し草」?「旅から旅」の男を歌ってるんですかね。“Goodbye Stranger”は名前も知らない「一夜限りのひと」ってことでしょうね。名前も聞いてないから、本当はその人が「メアリ」とか「ジェーン」とかいう名前じゃないかもしれないけど、アメリカの女の人でよくある名前にしたんじゃないでしょうか。(日本だと「花子」…いや、「花子」さんってまわりにそんなにいないですよね。

(はみだし)
2015年生まれの女の子で一番多い名前は「葵(あおい)」ちゃんだそうです。(明治安田生命のWebサイト

でも、ちょっとビックリ、この曲のSongfactsによると、“Mary and jane”はマリファナを指す隠語だそうですよ。つのだひろさんんの歌う“メリー・ジェーン”もそうか…!(@_@;)

アルバム“Breakfast In America”はそれまでのスーパー・トランプの作品とは違って、かなりポップなサウンドになった作品です。そのことで世界的に売れるグループになった反面、それまでのファンが離れていった作品でもあります。これまでの作品が“Mary and jane“がいつも隣にあった…なんてことはないかと思いますが、この作品を通じて、これまでのグループとは決別して新しく歩んでいきたい、って意味が込められているのでは…なんて想像しています。

◆スーパー・トランプの曲といえば、高くて独特な声のものが多かったですよね。その声はロジャー・ホジスンです。一方、この曲のリード・ボーカルは少し低い声。これはリック・デイヴィスがとっています。この声に“Goodbye stranger…”とロジャーの高い声が絡んでくる面白みがありますね。

◆"Goodbye Stranger"が最高位15位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles For The Week Ending September 8, 1979

ナック1位、"ほんま、例のビデオ?ビデオ?"(空耳)。楽しい曲が目白押しのチャートです。まだ訳してないのが6位「Lead Me On」と8位「Main Event」の2曲ですね。“Goodbye Stranger”は15位を2週続けて、ダウンします(-_-;)

?1 1 MY SHARONA ??? The Knack
?2 2 GOOD TIMES ??? Chic
?3 4 AFTER THE LOVE HAS GONE ??? Earth, Wind and Fire
?4 5 DON’T BRING ME DOWN ??? The Electric Light Orchestra
?5 6 THE DEVIL WENT DOWN TO GEORGIA ??? The Charlie Daniels Band
?6 7 LEAD ME ON ??? Maxine Nightingale
?7 8 SAD EYES ??? Robert John
?8 3 THE MAIN EVENT / FIGHT ??? Barbra Streisand
?9 10 I’LL NEVER LOVE THIS WAY AGAIN ??? Dionne Warwick
10 12 LONESOME LOSER ??? The Little River Band
11 9 MAMA CAN’T BUY YOU LOVE ??? Elton John
12 14 SAIL ON ??? The Commodores
13 13 SUSPICIONS ??? Eddie Rabbitt
14 15 LET’S GO ??? The Cars
15 16 GOODBYE STRANGER ??? Supertramp

◆Live in Vancouver, BC - June 2nd, 2011。後半は口笛が吹かれ、演奏は佳境に入ります…!
↓↓↓↓


◆この曲は、くるり「さよならストレンジャー」。JR京都駅でのライヴです。
↓↓↓↓


(この曲を購入)amazon.co.jp

ブレックファスト・イン・アメリカ
スーパートランプ
41NMJSDWDNL.jpg
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

「ブレックファーストインアメリカ」、全米アルバムチャートで6週間1位ロック史で永遠に記憶される彼らの最高傑作でしたね~。特にロジカルソングが大好きでした。ウェイトレスおばさんが「自由の女神」ポーズ(聖火がオレンジジュース、聖書がメニュー)で元気にはじけたユーモラスなジャケットが実に印象的でした。;英国プログレ影響が色濃く出ていた初期サウンドがどんどんポップ色を強めていった音楽性変遷や人気上昇への過程は、アランパーソンズプロジェクト・10CC・ELO・スティーブミラーバンドなどと共通点があるような気がします。1970年中盤のプログレバンドはロックが商業化していく中でPOPな音楽づくりを意識せざるを得なく路線変更は決して抗えない流れだったのでしょうね~!プログレだけでなくあらゆるジャンルに共通した傾向化だったのかも・・。;

歌詞にヒネリが?

ローリング・ウエストさん、コメントありがとうございます。Supertrampもサウンドと合わせて、歌詞に皮肉やら比喩なりが散りばめられてるようです、和訳も一筋縄ではいかない感じがします。