Burning Heart / バーニング・ハート (Survivor / サバイバー)1986



Two worlds collide
Rival nations
It's a primitive clash
Venting years of frustrations

2つの世界がぶつかり合う
ライバルどうしの国家
原始的な衝突が起きるんだ
積もった不満を爆発させようと…

Bravely we hope
Against all hope
There is so much at stake
Seems our freedom's
up against the ropes

俺たちは勇敢で希望を捨てない
すべての望みが絶たれようとしても
そこにはたくさんの危機が待ってる
俺たちの自由が
ロープに追い詰めらているようだ

Does the crowd understand?
Is it East versus West
Or man against man
Can any nation stand alone

観衆はわかっているのだろうか?
これは東と西のたたかいなのか?
それとも人と人との争いなのか?
単独でやってはいける国が
どこにあるっていうんだい?

In the burning Heart
Just about to burst
There's a quest for answers
An unquenchable thirst
In the darkest night
Rising like a spire
In the burning heart
The unmistakable fire

燃え上がる心
今にも爆発しそうなんだ
答えを求めさまよっても
喉の渇きは抑えることができない
とても暗い夜に
尖った屋根のように立ちのぼる
燃え盛る心のなか
真っ赤に燃える炎が…

In the burning heart

In the warrious code
There's no surrender
Though his body says stop
His spirit cries - never!

戦士の掟には
「降参」という文字はない
体が“もう止めろ”と言っても
魂が叫ぶ“俺は最後までたたかう”と

Deep in our soul
A quiet ember
Know it's you against you
It's the paradox that drives us on

魂の奥深く静かに
残り火がくすぶっているのさ
わかってるんだ
それが自分とのたたかい
矛盾してるようで正しい道が
俺たちを追い立てるんだ…

It's a battle of wills
In the heat of attack
It's the passion that kills
The victory is yours alone

ぶつかり合う熱気のなかでの
「意志」のたたかいさ
相手を倒そうとする情熱を持つんだ
そうすれば勝利はおまえだけのもの

In the burning Heart
Just about to burst
There's a quest for answers
An unquenchable thirst
In the darkest night
Rising like a spire
In the burning heart
The unmistakable fire

燃え上がる心のなか
今にも爆発しそうさ
答えを求めさまよっても
喉の渇きは抑えることができない
とても暗い夜に
尖った屋根のように立ちのぼる
燃え盛る心のなかの
真っ赤に燃える炎が…

In the burning Heart
Just about to burst
There's a quest for answers
An unquenchable thirst
In the darkest night
Rising like a spire
In the burning heart
The unmistakable fire

In the burning heart

燃え上がる炎に包まれた
熱いハート…

(Jim Peterik、Frankie Sullivan)

collide=(二つのものが激しく)ぶつかり合う,衝突する.
primitive=原始的な、初期の
vent=怒りなどの感情を〕爆発させる、発散する
at stake =危機にひんして[さらされて]
up against=〔問題・障害などに〕直面して、ぶつかって
quest for=探しに行く、または求める
unquenchable=消すことのできない,抑えられない
spire=(教会などの塔の上の)尖塔, とがり屋根、先の細くとがったもの
unmistakable=間違えようのない,紛れのない,明白な
ember=燃えさし[残り], 残り火.
drive on=追い立てる, 追いたてる, 追立てる

Released in 1985
US Billboard Hot100#2
From The Album"Rock ⅳ Soundtrack"

220px-Burning_heart.jpg

映画「クリード チャンプを継ぐ男」を観ましたか?僕はなぜか見損ないました…(-_-;)。
でも中学生の二男が「とうちゃん、ロッキーって映画知ってる?」といきなり聞いてきたので、「知ってるよ、なんで?」と聞き返したところ、友達と観ようとしていた映画(青春恋愛映画「Orange」)が満席だったらしく、急きょ切り替えて観てきたら「面白かった~!」とのこと。おおっそういえば、このサントラよく聴いたな~と思い出してしまいました。

◆映画「ロッキー4」のサントラ収録曲は以下の通り。

-1. Burning Heart - Survivor
-2. Heart's On Fire - John Cafferty
-3. Double Or Nothing - Kenny Loggins & Gladys Knight
-4. Eye Of The Tiger - Survivor
-5. War - Vince DiCola
-6. Living In America - James Brown
-7. No Easy Way Out - Robert Tepper
-8. One Way Street - Go West
-9. The Sweetest Victory - Touch
10. Training Montage - Vince DiCola (Hidden Track)

全米Top40にランクインしてきたのは、「1(2位)」「6(4位)」「7(22位)」の3曲。前作「ロッキー3」の主題歌だった「4.Eye Of The Tiger」も入ってます。またエンディングに流れるジョン・キャファティの「2.」もランクインはしなかったけどかっこいい曲です!ほとんどの曲が映画のシーンとマッチしていますので、「ロッキー4」を観た人はこのサントラほしくなるんじゃないかな。

*僕のブログではだいぶ前に「7.No Easy Way Out」を和訳しています。「ロッキー4」ではアポロが倒れた後、彼と砂浜でトレーニングしたことを思い出す回想シーンで使われます。この曲もよかったよなあ。

rockyrun.jpg

R-2928064-1333609246_jpeg.jpg

◆前作「Ⅲ」の「Eye Of The Tiger」は、サバイバーにスタローン側が「Ⅲ」のムービークリップを資料として渡したそうですが、スタローンはその出来を喜び、次作もぜひ書いてほしい、となったそうです。「Burning Heart」は「Ⅳ」のムービークリップではなく台本のみ、サバイバーは受け取り、それを読んで曲を書いたとのこと。ちょうど、REOスピードワゴンとのジョイントツアー中だったそうです。

◆また、当初この曲のタイトルはやはり歌詞から抜き出した“Unmistakable Fire“(抑えられない炎)だったそうです。ところがスタローンがこのタイトルは気に入らないとのこと。理由としてはコーラスで“In the burning heart”と歌われるのに、耳では'In the human heart “と間違えて聞く人が多いのではないか、ということ。サバイバーとしては当時“Vandenberg”などほかのバンドがすでに「Burning Heart」というタイトルの曲を出していたので避けたかったらしいのですが、最終的にはクライアント(スタローン)に従いました。その結果…大ヒット、彼らの代表曲の一曲となりましたね!

hqdefaultOUW0EQYV.jpg

◆"Burning Heart"が最高位2位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles For The Week Ending February 1, 1986

1位は「愛のハーモニー」。3位、7位と陽気な歌が多いです。映画関連のヒットが多いですね。2位「ロッキーⅣ」、5位「White Nights」、6位 「Romancing the Stone」、8位「SPIES LIKE US」。

-1 1 THAT’S WHAT FRIENDS ARE FOR ??? Dionne & Friends
-2 3 BURNING HEART ??? Survivor
-3 5 I’M YOUR MAN ??? Wham!
-4 4 TALK TO ME ??? Stevie Nicks
-5 2 SAY YOU, SAY ME ??? Lionel Richie
-6 6 MY HOMETOWN ??? Bruce Springsteen
-7 11 WHEN THE GOING GETS TOUGH, THE TOUGH GET GOING ??? Billy Ocean
-8 10 SPIES LIKE US ??? Paul McCartney
-9 7 WALK OF LIFE ??? Dire Straits
10 13 GO HOME ??? Stevie Wonder

◆映画「ROCKY ⅳ」のシーンのバックに“Burning Heart”が流れます。近代のトレーニングマシンで管理されたドラコとは違い、ロッキーは野生に帰って肉体を鍛えるトレーニングをします…。
↓↓↓↓


◆オーケストラをバックに…Rock Meets Classic 2012 feat. Jimi Jamison of SURVIVOR
↓↓↓↓


◆映画「ロッキー4」よりジェイムズ・ブラウン“Living in America”。アポロとドラコのエキシビション・マッチの前に陽気に会場を盛り上げます。
↓↓↓↓


◆映画『クリード チャンプを継ぐ男』予告編
↓↓↓↓


(この曲を購入)amazon.co.jp
Rocky IV Import, Soundtrack

(Survivor)
Eye Of The Tigar / アイ・オブ・ザ・タイガー 1982
The Moment Of Truth / ザ・モーメント・オブ・トゥルース  1984
High On You / ハイ・オン・ユー 1985
The Search Is Over / ザ・サーチ・イズ・オーバー 1985
Is This Love / イズ・ディス・ラヴ 1986
Christmas Is Here / クリスマス・イズ・ヒア 2002
Reach / リーチ 2006

関連記事

コメント

非公開コメント

No title

こんにちは。こちらのサイトの訳はよく参照にさせていただいています。今回の訳も格好良い!
デイヴも好きですがジミも同じくらい好きだったので、二年前に亡くなってしまったのが本当に残念です
この機会にまたバーニングハートとサーチイズオーバーをリピートしようかなと思います

それにしてもジミってなんとなくトムクルーズっぽいよなあと昔から思ったり思わなかったり

お久しぶりです!再びのサバイバー

めったさん、こんばんは!
前にジミ関連で コメントさせて頂いてた みみぃです。あれから時は流れ、、、なんて言うと すごい年月みたいに聞こえますが(笑)
訃報から一年近くは、悲しくてジミの歌声は封印していたのですが、もうさすがに立ち直りまして、また最近サバイバー聴いています!

ソロとしても彼の新譜が聴けないのは、残念ですが 素晴らしい楽曲の数々は、新しい世代の方々にも是非聴いて欲しいなと思う今日この頃です(^_^)

また、めったさんのところで楽しませて下さい!

トムクルーズ似

?さん、コメントありがとうございます。このPVの最初のアングルは、トム・クルーズ(若かりし頃)に似てますよね!"Burning Heart"は改めて聴いてもカッコいい曲ですよね。暗闇のなかギラギラ虎の目が光り獲物を射止めようとするよりも、熱くたぎったハートを持って立ち上がろう、という方が、気合いを入れるときにいいですよね!(単純!)

命日以外で…

みみぃさん、コメントありがとうございます!「立ち直れ」てよかったです!
僕のブログでは決めているわけではないのですが、アートストの命日にその人の曲を…というのも和訳する選曲のひとつのきっかけにしています。でもその人の曲を命日以外に聴かない…というのも淋しいものがあります。そんなわけでして、数カ月前に「Reach」、今回の「Burning Heart」を取り上げました。
この曲はもちろん背景に「ROCKY Ⅳ」のストーリーが浮かびますが、聴く人の日常生活のなかでも励ましてくれる気がします。「人はやるときはやらなければいけない」、「熱いハートを持ってたたかおう」というメッセージが伝わってきます。本当は僕のような一般人がそんなに日常的に「たたかう」ようなことはない(^▽^;)のですが、その人の心のなかでは結構大きなプレッシャーがあったり、思い切りが必要なことがあります。僕にとって、「Burning Heart」は、そんなときに「さあ、頑張って行ってこい!」と背中をトンと押してくれる曲だなあ。