Used To Bad News / ユースト・トゥ・バッド・ニュース (Boston / ボストン)1978



I've been used
But I'm takin' it like a man
I'm confused
But I'm doin' the best that I can

ずっといいようにされてきたよ
でも男らしく受け止めたんだ
頭が整理できていないけど
できる限りのベストは尽くすよ

I've been tossed around plenty before
I've had this heart of mine broken and more
I can't find a reason for sure
But I've gotten used to bad news
(can't find me a reason for sure)

今まで何度も あちこち恋してきたよ
そのたび 僕のこのハートは何度も傷ついてきた
本当のところ 理由がわからないんだ
でも 悪い知らせにはもう慣れてしまったよ
(どうしてなのか理由がわからない)

Don't tell me why
Yes it's over I can see the end
But please don't lie
If you're leavin' me like a friend

どうしてかって聞かないで
そう もうおしまいなんだ 終わりが見えてるよ
でも お願いさ 嘘はつかないで
もしきみが友達のように去るつもりなら

I've been tossed around plenty of times
And I've read between all the lines
You're just another in the grand design
And I've gotten used to bad news

何度となく 恋をしては破れてきたよ
交わす言葉に込められた
別な思いを読むようにしてきたのさ
きみは他の壮大な夢を抱えてたんだ
でも僕は悪い知らせにはもう慣れっこなのさ

I know what you're sayin' is bad
It's not what I wanted but I'm ready for that
I'm ready for that, yea.

わかってるよ
きみの言おうとしてるのは良くないことだって
僕が望んでることじゃないんだって
でも 僕は心の準備はできている
そうさ 僕は心の準備はできているんだよ

I've been used
But I'm takin' it like a man
I'm confused
But I'm doin' the best that I can

これまでいいようにされてきたんだ
でも男らしく受け止めるんだ
頭は混乱してるけど
できる限りのことはするつもりだよ

I've been tossed around plenty before
I've had this heart of mine broken and more
I can't find a reason for sure
But I've gotten used to bad news
(can't find me a reason for sure)

But I've gotten used to bad news
But I've gotten used to bad news
But I've gotten used to bad news...

前に何度となく恋してはフラれてきたのさ
僕のこのハートは何度も傷ついてきた
本当は理由が思い当たらないんだよ
でも 悪い知らせにはもう慣れっこなんだ
(本当に理由がわからないんだ)

僕は 悪い知らせにはもう慣れているんだ
どんな話だって動じたりしない
僕はもう慣れてしまってるんだ…本当さ…

(Brad Delp)

like a man =男らしく、雄々しく

Released in 1978
From The Album"Don't Look Back"

51RFEYWKNRL__SX425_.jpg

今日の和訳曲はボストンのセカンドアルバム"Don't Look Back"から"Used To Bad News"。シングルにはなっていませんが、アルバムのB面のラス前で、ロック曲の間に挟まれてメロディラインがきれいな聴きやすいポップ・ソングでした。今日、3月9日はボストンのボーカリストだったブラッド・デルプ(Brad Delp,1951年6月12日 - 2007年3月9日)の命日になります。

brad_leaning2-201x300.jpg

◆アルバム"Don't Look Back"はその表題曲がオープニングで"振り返るな!"と呼びかけて元気づけてくれます。インストゥルメンタルの"The Journey"に続き、軽快な"It's Easy"。そしてそのあとがいきなりボーカルから始まるバラード"A Man I'll Never Be(遥かなる想い)"です。この曲は歌詞がせつないんだよなあ。
そしてB面。クラップハンズも楽しい"Feelin’Satisfied"、そして陽気な"Party"!とロック曲が続き、この"Used To Bad News"になり、ラストは"Don't Be Afraid"(Of Love)! 最初と最後の曲が「Don't~」という曲で絞めているのも特徴です!?
「物語のあるラヴ・ソング」という視点でこのアルバムの曲を見ると、"A Man I'll Never Be"と"Used To Bad News"なんですよね。両方とも主人公は自分に素直に生きたくて悩んでいる?男です。改めて和訳をして気がついたのは、両曲とも「A Man」という言葉が出てくること。両曲の主人公の男性は「男らしく」にこだわっています。昨今の男女共同参画社会のなかでは「男らしく」(女らしく)はナンセンスな用語かもしれませんが、こういう意識は古い人間である僕のなかにはやっぱりあるんですよね。だから心に響くのです…。

BOSTON_DontLookBack.jpg

なんかこの2曲の主人公は同じ人物だったりして?なんて妄想もしたのですが、作者が違っていますね。アルバム"Don't Look Back"の収録曲は2曲をのぞいてはトム・ショルツが作っています。その2曲ですが、"Party"はトムとブラッドの共作、そして"Used To Bad News"はクレジットはブラッドのみなんですね。
もう一度聴きながら、ブラッドを偲びましょう…R.I.P。

(PS)ボストンのオフィシャルサイトのメンバーには、ブラッドがいまだ名前を連ねています。泣かせますね…(*_*;

◆画像検索をしていたら"Shawn Wolfe"さんというアメリカのアーチストが面白い作品を描いてました。E.L.Oの"Out Of The Blue"、マイク・オールドフィールドの"Tubular Bells"、そして ボストンの"Don't Look Back"のアルバムアートがつながってる!(笑)

shawn-wolfe-elo-oldfield-boston.jpg

◆Boston, Used to Bad News. Aug 2012 110.MTS
↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Don't Look Back
・Boston Official Website

(この曲を購入)amazon.co.jp
X2: Boston / Don't Look Back Import
ボストン

51txUz13oVL__SX425_.jpg

僕はアルバムを全部持っているのでこの2in1のCDは聴いていないが、リマスターで音がいいという評もあるようです。持っていない方はお買い得かな。

(Boston)
More Than A Feelng / 宇宙の彼方へ 1976
Peace Of Mind / ピース・オブ・マインド 1976
Rock & Roll Band / ロックン・ロール・バンド 1976
Something About You / サムシング・アバウト・ユー 1976
Don't Look Back / ドント・ルック・バック 1977
A Man I'll Never Be / 遥かなる想い 1979
Feelin' Satisfied / フィーリン・サティスファイド 1979
Party / パーティ 1979
Don't Be Afraid / ドント・ビー・アフレイド 1979
Amanda / アマンダ 1986
To Be A Man / トゥ・ビー・ア・マン 1986
I Think I Like It / アイ・シンク・アイ・ライク・イット 1986
Surrender To Me / サレンダー・トゥ・ミー 1994
Walk On (Medley) / ウォーク・オン・メドレー 1994
I Had A Good Time / アイ・ハド・ア・グッド・タイム 2002
Life、Love&Hope / ライフ、ラブ&ホープ 2013

Bostonset.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント