Let's Go / レッツ・ゴー (The Cars / カーズ) 1979



She's driving away
with the dim lights on
And she's making a play,
she can't go wrong
She never waits too long

あの娘は車で走り去っていく
灯りを薄暗くつけたまま
男をそうやって誘ってるんだ
あの娘は失敗しないよ
そんなに長く待つことも絶対にないよ

She's winding them down
on her clock machine
And she won't give up
'cause she's seventeen

時間通りに終わらせるのさ
あの娘の正確な時計でね
あの娘は疲れたりしないのさ
だってまだ17歳なんだから

She's a frozen fire,
She's my one desire
I don't want to hold her down
Don't want to break her crown

あの娘は凍った炎なんだ
あの娘は僕のたったひとつの望みなんだ
あの娘をガッカリさせたくないし
あの娘の頭の王冠を壊したくないんだ

When she says "let's go
I like the nightlife baby"
She says,
"I like the nightlife baby"
She says,
"let's go"

あの娘がこう言ってくれればね
"さあ行きましょ!"
アタシ 夜遊びが大好きよ"
あの娘が言うんだ
"アタシ夜遊びが好きなのよ ベイビー"
そうこう言うのさ
"レッツ・ゴー"ってね

She's laughing inside
'cause they can't refuse
She's so beautiful now,
She doesn't wear her shoes
She never likes to choose

あの娘は心のなかで笑ってるよ
だってみんな断れないんだ
とってもきれいだし
あの娘は素足なんだ
靴を選ぶのが嫌いなのさ

She's got wonderful eyes
and a risqué mouth
And when I asked her before
She said
She's holding out

あの娘は素敵な目をしてる
セクシーな口びるをしてる
前にあの娘に尋ねたときに
こう言ったよ
"アタシ ガマンしてるの"

She's a frozen fire,
She's my one desire
I don't want to hold her down
Don't want to break her crown

まるで凍った炎のようだ
僕が夢中なのはあの娘だけさ
あの娘をガッカリさせたくないし
女王の気持ちでいさせてあげたいのさ

When she says "let's go
I like the nightlife baby"
She says,
"I like the nightlife baby"
She says,
"let's go"

あの娘がこう言ってくれれば・・・

"さあ行きましょ!"
アタシ 夜遊びが大好きよ"

あの娘が言うんだ
"アタシ夜遊びが好きなのよ ベイビー"
そうこう言うのさ
"レッツ・ゴー"ってね

"I like the nightlife baby"
She says, "I like the nightlife baby"
She says, "let's go"

"アタシ夜遊びが好きなのよ ベイビー"
そうこう言うのさ
"レッツ・ゴー"ってね!

Songwriters RIC OCASEK
Lyrics © Universal Music Publishing Group

make a play =手練手管で誘惑しようとする
wind down=紆余曲折を経ながら収束する
risqué=きわどい

Released in 1979
US Billboard Hot100#14
From The Album"Candi-O"

R-190216-1400793245-7361_jpeg.jpg

たまにストレートでシンプルなポップ・ロックを聴きたくなることがあります。
そんなときには「カーズ」!途中にクラップ・ハンズも入って、最高です(^^)/

"シリアスなプラスティック・ドリームを描く魅惑のモダン・タイムズ・ロックン・ロール。
より高い次元へと昇華された知的なニュアンス、きらめくサウンド、タイトなビートが、今、きみの感性を刺激する"
 

・・・だそうです(^▽^;) (1979年作品:国内アナログ盤キャッチより)

◆この曲も"あの娘は○歳"シリーズの曲だなあ(笑) 捕まらないでください…。

"あの娘はたったの16歳"・・・ドクターフック
"セクシー&セブンティーン"・・・ストレイ・キャッツ
みたいに…。

◆カーズのセカンドアルバム「キャンディ・オーに捧ぐ(Candy-O)」。1枚目だけで終わらずによかったな。カーズはリック・オケイセックだけでなく、ベースのベンジャミンもボーカルをとるのが、ともすれば似たような曲になってしまうなかで印象を変えて、コーラスを入れられるのがよかったのかなと思ってます。
ベンジャミンが生前のこの頃のカーズのライヴ、行きたかったな。パン、パン、パパパン、"Let's Go!"って。

the-cars-lets-go-elektra-5.jpg

◆アルバムタイトル「キャンディ・オー」って何だろう?邦題は「キャンディ・オーに捧ぐ」となっている。このジャケットのセクシーな女の人の名前なのかな。調べてみたのですが、わかりませんでした…。リック・オケイセックの"O"(オー)なのかな?

The+Cars+Candy-O+519079b.jpg

◆"Let's Go"が最高位14位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles For The Week Ending September 8, 1979

マ、マ、マ、マイシャローナ!が1位。次の1位はこの週7位のロバート・ジョン。ゆっくりゆっくりと上昇してきています。9位のディオンヌ「涙の別れ道」。何度聴いてもいい曲だ。作者は「While You See A Chance」「Tears In Heaven」などの作者、ウィル・ジェニングス。プロデューサーはバリー・マニロウです。

-1 1 MY SHARONA –•– The Knack
-2 2 GOOD TIMES –•– Chic
-3 4 AFTER THE LOVE HAS GONE –•– Earth, Wind and Fire
-4 5 DON’T BRING ME DOWN –•– The Electric Light Orchestra
-5 6 THE DEVIL WENT DOWN TO GEORGIA –•– The Charlie Daniels Band
-6 7 LEAD ME ON –•– Maxine Nightingale
-7 8 SAD EYES –•– Robert John
-8 3 THE MAIN EVENT / FIGHT –•– Barbra Streisand
-9 10 I’LL NEVER LOVE THIS WAY AGAIN –•– Dionne Warwick
10 12 LONESOME LOSER –•– The Little River Band
11 9 MAMA CAN’T BUY YOU LOVE –•– Elton John
12 14 SAIL ON –•– The Commodores
13 13 SUSPICIONS –•– Eddie Rabbitt
14 15 LET’S GO –•– The Cars

◆The Cars - Let's Go (Live In Houston 1984)
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Candy-O

(この曲を購入)amazon.co.jp
The Cars 5CD ORIGINAL ALBUM SERIES BOX SET Import, CD, Box set
The Cars(カーズ)
71w-JCENYVL__SL1132_.jpg

*やっぱり5枚組でお買い得!

(The Cars)
Just What I Needed / 燃える欲望 1978
Shake It Up / シェイク・イット・アップ 1981
You Might Think / ユー・マイト・シンク 1984
Magic / マジック 1984
Drive / ドライヴ 1984

関連記事

コメント

非公開コメント