Simple As That / シンプル・アズ・ザット (Huey Lewis & The News / ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース)1986



You go to work, work hard all day
At the end of the week, you collect your pay
That's just where it's at
It's as simple as that

仕事に出かけ 一日中働いた
週末には 給料をもらいにいくのさ
ただそれだけのことなんだ
シンプルそのものなのさ

You pay your bills the best that you can
But the rising cost sure hurts a family man
While the rich man gets fat
it's as simple as that

請求書を精一杯頑張って払うんだ
でも物価が上がるから
そいつが一家の大黒柱にとっちゃキツイのさ
そしてその間に
お金持ちは太っていくんだ
ただそれだけのこと

And the money goes so fast
it ain't funny

金はものすごく出ていってしまうんだ
笑っちまうよな

Your mind's made up
to get that house on the hill
But you just don't know if you ever will
Because you can't get the cash
It's as simple as that

丘の上に家を建てるって決心した
でもそんなことできるのかそれすらもわからない
だって金が思うように入ってこないからさ
ただそれだけのことなんだ

Cause the man from the bank,
he won't give you a loan
Without putting a morgage on all that you own
A tit for a tat
It's a simple as that

銀行にお勤めの男は
ローンを組んでくれないんだ
財産すべてを抵当に入れない限りはね
しっぺ返しをくらったよ
でもそんなもんなんだ

And the money goes so fast
it ain't funny

金は貯まらずにすぐ出ていくのさ
笑っちまうくらいに・・・

Before you know it
the kids are all grown
And married off with kids of their own
And it's all in the past
It's as simple as that

そんなこと気づく前に
子どもたちはみな大きくなって
結婚しちまって自分たちの子どもを作るのさ
すべてが過ぎ去って過去になる
それだけ簡単なことなんだ

You've reached the autumn of your life
And all that's left is you and your wife
And a dog and a cat
It's as simple as that

人生の秋に届いちまったな
残ったものはお前さんとお前さんのかみさん
そして犬や猫ってとこかい
ただそれだけのことさ

And the money goes so fast
it ain't funny

金はあっという間になくなっていく
おかしくないかい・・・

Songwriters KUPKA, CASTILLO, BINER

mortgage=抵当,担保.
tit for tat=しっぺい返し
marry off=〈親が〉〈娘・息子を〉〔…に〕嫁[婿(むこ)]にやる

Released in 1986
From The Album"FORE!"

500x500.jpg

ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースの"FORE!"は本当によく聴いたアルバムでした。But、僕はレコードを輸入盤で買ってしまったので大ヒットした“Power Of Love”は入ってなかった!という失敗をしました(^_^;)。(映画「Back To The Future」の主題歌"The Power Of Love"は国内盤のみ収録なのです・・・)レコードはいつの間にか売ってしまっていて、CDで買い直した際には…同じ失敗は繰り返さなかったぞ。

アルバム「FORE!」では、この曲“Simple As That”はB面のラスト曲。アルバムの締めくくりとしてとても印象に残りました。やっぱりイントロのホーンセクション、ヒューイのリード・ボーカル、印象的なコーラス、最後に締めくくるヒューイの歌はわびしさ、もの悲しさを歌ってたなあと思いました。

◆ヒューイによると、「FORE!」は通常、彼らの大好きなゴルフの用語で、先に行くプレイヤーに対して後続のプレイヤーが"危ない!そっちにボールが飛んでいくぞ!"と警告をかける掛け声で、それとともに、"第1位""これから先"という意味をかけたとのことですよ。

HueyLewisFORE.jpg

◆ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースのホーン・セクションといえば“Tower Of Power”!ファンの方はご存じですね。
“Tower Of Power”は、アメリカのファンク、R&Bのバンド。ヒューイの全盛期には、レコーディングやライヴに同行。“タワー・オブ・パワー・ホーンズ”とも呼ばれていました。この曲は“タワー・オブ・パワー”の曲をヒューイが取り上げたものです。
 え~っ知らなかった。“タワー・オブ・パワー”のウィキペディアを見てたら、以下のような情報が。
・1974年末に来日した時には、かまやつひろしの「ゴロワーズを吸ったことがあるかい」や、RCサクセションのアルバム「シングル・マン」のバックをつとめた。
・1975年には朱里エイコのバックをつとめて、シングルが発売された。
・メンバーチェンジを繰り返しながらも1970年代はコンスタントにアルバムを発表していたが、1980年代前半はレコード会社との契約がなく不遇をかこっていた。しかし1980年代半ばに大人気となったサンフランシスコ出身のヒューイ・ルイス&ザ・ニュースがホーンセクションとして彼らを起用したことで再び注目が集まり、1987年に復活アルバムを発表する。また同年、中村あゆみのアルバム「Smalltown Girl」にもホーンセクションとして参加。

かまやつさんの「ゴロワーズを吸ったことがあるかい」は大ヒットした「我が良き友よ」のB面の曲ではないかい。また、朱里エイコさん「北国行きで」よかったなあ。中村あゆみさん「Smalltown Girl」も持ってたぞ。懐かしくなって。かまやつさんのアルバム「ああ我が良き友よ」(紙ジャケ仕様)をamazon中古で、いま頼んでしまった(^_^;)。

b0100078_12203577.jpg

ゴロワーズ

639220.jpg

513Sz1QcJKL__SL500_SX355_.jpg

◆歌詞は侘しい…でも、ヒューイが歌う普通の男たちの歌。ブルーカラーで働く男たちのワークソングとして哀愁を感じるなあ。子どもの教育費や家族の介護費用、そして自分自身の医療費や老後のことを考えても…。"Simple As That"…ただそれだけのこと。この曲はたまに無償に聞きたくなります…。

◆1987年のBBCライヴから。タワー・オブ・パワーのホーンセクション付!
↓↓↓↓


◆中村あゆみさん「Smalltown Girl」懐かしいなあ。でもTower Of Powerはこの曲には参加しておらず。彼らが参加したのは同名アルバム収録の「夜のディ・トリッパー」と「Thunder And Rain」の2曲の模様です。今度聴いてみよう。僕のCDラックのどこかにあるはず・・・(^_^;)。
↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia FORE!
・CD「FORE!」国内盤ライナーノーツ

(この曲を購入)amazon.co.jp
FORE! Limited Edition
ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース

R-8024754-1453723529-6233_jpeg.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント

おおー、大好きなヒューイの曲が。FOREはどれもいい感じですね!個人的にはdoing it for my babyが1番好きだったり…

シングルカット

かるさんは、Huey Lewisお好きなんですね!シングルにはなってないけど、よく聴いた想い出の曲、っていうあたりも取り上げていきたいと思ってます。”Doing It All For My Baby”は米6位、英93位と、米でヒットしましたね!いま、彼らのディスコグラフィーを確認したら…知らなかった!”Simple As That”は英国でシングルカットされて47位という記録でした。英国では”Jacob's Ladder”もシングルカットされていないようです。シングルカットはお国柄が出て面白いですね。
https://en.wikipedia.org/wiki/Huey_Lewis_and_the_News_discography

どのアルバムも…

いいですよねぇ~。このアルバム。1曲1曲聴くのもいいけど、アルバム通して聴くのがいいですよね~。ちなみにThe Power Of LoveはUK盤にも収録されてますよ!
いや~それにしても全部のアルバムいいですよね。
1stの若々しい感じ、2ndの爽やかさ、3rdの多様さ、4thの活気、5thの異色さ、Hard at Playの3rdや4thに近いけどまた違う感じ、バックトゥザルーツの懐古主義的カバー、Plan Bの全盛期とは違うゆるさ。
全てのアルバムに個性があって面白い。(Soulsvilleは値段が高くてまだ聴けてない…。(中学生で金が無い。)こんど、Small World以降のアルバムの曲の和訳をお願いします!
長文すみません。

ヒューイに教えたい

トラブルメイカーさん、各アルバムの特徴を一言でよく言い当ててるな!と思いました。日本にもこんなに聴き込んでる若者がいる!ってヒューイに教えたいですね(^^)/ ヒューイ作品の和訳は現状で"Fore!"までになっていますが、それ以降の作品もやっていこうかなとも思います。今後もよろしくお願いいたします。