Love Train / ラブ・トレイン (O'Jays / オージェイズ)1973



People all over the world
(everybody)
Join hands
(join)
Start a love train, love train

People all over the world
(all the world, now)
Join hands
(love ride)
Start a love train
(love ride),
Love train

世界中のみんな!
(みなさん)
手と手を合わせよう
(一緒に)
ラブ・トレインを走らせよう

世界中のみんな
(世界中 今こそ)
手と手を合わせるんだ
(愛を乗せて)
ラブ・トレインが発車するよ
(愛を乗せて)
ラブ・トレインさ

The next stop that we make will be soon
Tell all the folks
in Russia, and China, too

Don't you know
that it's time to get on board
And let this train keep on riding,
riding on through
Well, well

僕たち列車の停車駅はもうすぐさ
ロシアや中国の人たちに伝えてよ

さあ 列車に乗るときが来たんだよ
この列車を走らせ続けよう
ずっと ずっとだよ

People all over the world
(you don't need no money)
Join hands (come on)
Start a love train,
love train
(don't need no ticket, come on)

People all over the world
(Join in, ride this train)
Join in
(Ride this train, y'all)
Start a love train (Come on, train),
Love train

世界中のみんな!
(お金なんかいらないよ)
手と手を合わせよう
(さあ 乗って)
ラブ・トレインを走らせよう
ラブ・トレインさ
(切符もいらないよ さあ)

世界中のみんな!
(この列車に乗ろうよ)
さあ乗って
(この列車にみんな乗るんだ)
ラブ・トレインが発車するよ
(さあ 列車が来たよ)
ラブ・トレインさ

All of you brothers over in Africa
Tell all the folks
in Egypt, and Israel, too

Please don't miss
this train at the station
'Cause if you miss it,
I feel sorry, sorry for you
Well

アフリカ中の仲間たちみんな
エジプトや
イスラエルの人たちにも伝えてよ

どうか 駅で
この列車に乗り遅れないでね
だって乗り遅れることがあったら
申し訳ないなあと思うから
あなたたちみんなにね
そうさ

People all over the world
(Sisters and brothers)
Join hands
(join, come on)
Start a love train
(ride this train, y'all),
Love train
(Come on)

People all over the world
(Don't need no tickets)
Join hands
(come on, ride)
Start a love train,
Love train

世界中のみんな!
(女性も男性もみんな)
手と手を合わせよう
(さあ 乗って)
ラブ・トレインを走らせよう
(この列車に乗ろうよ)
ラブ・トレインさ
(さあ乗ろう)

世界中のみんな!
(チケットなんかいらないよ)
手と手を合わせて
(さあ乗って)
ラブ・トレインが発車するよ
ラブ・トレインさ

Ride, let it ride
Let it ride
Let it ride
People, ain't no war

乗ろう さあ乗ろう
ラブ・トレインへ
乗るんだよ
みんな 戦争は止めてね

People all over the world
(on this train)
Join in
(ride the train)
Start a love train, love train
(ride the train, y'all)

世界中のみんな
ラブ・トレインを走らせよう
(みんなで乗ろう)
ラブ・トレインに

People all over the world
(come on)
Join hands
(you can ride or stand, yeah)
Start a love train,
love train (makin' love)

世界中のみんな
手と手を合わせよう
ラブ・トレインが発車するよ
ラブ・トレインさ
(愛し合おう)

People all over the world
('round the world, y'all)
Join hands
(come on)
Start a love train, love train

世界中のみんな
"愛の列車"にみんなで乗ろう
"愛の列車"を走らせよう

Songwriters
GAMBLE, KENNETH / HUFF, LEON
Lyrics © Sony/ATV Music Publishing LLC, Warner/Chappell Music, Inc.

Released in 1973
US Billboard Hot100#1
From The Album"Back Stabbers"

LOVETRAIN.jpg

映画「オデッセイ」を見ました。

『オデッセイ』(原題: The Martian)は、2015年のアメリカ合衆国のSF映画である。アンディ・ウィアーの小説『火星の人(英語版)』(2011年出版)を原作としている。監督はリドリー・スコット、主演はマット・デイモンが務める。火星に一人置き去りにされた宇宙飛行士の生存をかけた孤独な奮闘と、彼を救いだそうとする周囲の努力を描く。




img-mainoddesay.jpg


◆ネタバレにならないよう、それ以上のストーリーは伏せておきますが、BGMの音楽が楽しかった!火星に取り残されたマークは、宇宙船の女性館長が残していったCDを気晴らしに聴きます。それが70年代ディスコ音楽で、マークは好きじゃないのですが、それしかないので気晴らしに流します。でもこれらの歌詞の意味がストーリーとマッチしてるので、70年代洋楽ファンの皆さんなら、なお楽しめるのではないでしょうか!特にこの「Love Train」と、ボウイの「Starman」!グロリア・ゲイナーの「I Will Survive」!

*こちらの記事に使われる曲が紹介されてます!なんと僕のブログにリンクも貼られているではないか。あざーす!
↓↓↓↓↓
【映画】オデッセイ劇中ディスコ曲は内容とリンクしてるが字幕ないかも。ならば勉強しておこう

◆この曲を歌ったオージェイズはアメリカのオハイオ州で1958年に結成されました。当初は5人組グループだったそうで、それが4人になり...「ラブ・トレイン」が1位になったときは3人!「裏切り者のテーマ(Back Stabbers)」が1972年夏に全米3位のヒットになり、この曲は待望の1位となりました。世界のみんな!と平和を呼びかけるこの歌は、時代的にも意味がありましたね。(映画「オデッセイ」でもこの歌詞にピッタリ合う場面で流れますよ) オージェイズは僕が「全米Top40」を聴き始めた頃にも「I Love Music」や「Use Ta Be My Girl」などのヒットを出してくれました。ヒットチャートに顔を出すことはなくなってしまいましたが、まだ現役のグループとしてライヴもやっているようですよ!

unsung_ojays_1.jpg

(1972)
"Back Stabbers"#3
(1973)
"Love Train" #1
"Time to Get Down"#33
"Put Your Hands Together"#10
(1974)
"For the Love of Money" #9
(1975)
"I Love Music (Part I)" #5
(1976)
"Livin' for the Weekend" #20
(1978)
"Use ta Be My Girl" #4
(1979)
"Forever Mine" #28

◆"Love Train"が最高位1位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles Week Ending 24th March, 1973

ロバータ「やさしく歌って」の4週No1を破り、オージェイズが1位に。しかーし、翌週はロバータが首位奪い返し!(5週目のNo1)。そして次の週は、この週16位だった"ジョージアの灯は消えて(THE NIGHT THE LIGHTS WENT OUT IN GEORGIA)が16→10→1位になります。8位アン・マレーはケニー・ロギンスのカバー「ダニーの歌」。9位スタイリステッィクス「Break Up To Make Up」は邦題「涙の試練」!

-1 3 LOVE TRAIN –•– The O’Jays
-2 1 KILLING ME SOFTLY WITH HIS SONG –•– Roberta Flack
-3 4 ALSO SPRACH ZARATHUSTRA (2001) –•– Deodato
-4 8 NEITHER ONE OF US –•– Gladys Knight and the Pips
-5 5 LAST SONG –•– Edward Bear
-6 6 THE COVER OF “ROLLING STONE” –•– Dr. Hook and the Medicine Show
-7 2 DUELING BANJOS –•– Deliverance
-8 10 DANNY’S SONG –•– Anne Murray
-9 11 BREAK UP TO MAKE UP –•– The Stylistics
10 14 AIN’T NO WOMAN (Like the One I Got) –•– The Four Tops

◆ウルフマン・ジャックの紹介から登場!THE O 'JAYS - LOVE TRAIN - THE MIDNIGHT SPECIAL - 1974
↓↓↓↓↓


O'Jays performing Love Train on the Late Show with David Letterman in 2006.
↓↓↓↓↓


◆映画「オデッセイ」の特別映像。火星に出発する前にヘルメス号のクルーの紹介をマークが行います。
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Love Train
・ウィキペディア オデッセイ(映画)
・ビルボード・ナンバー1・ヒット1971-1985下(音楽之友社)

(この曲を購入)amazon.co.jp
Very Best Of CD, Import
オージェイズ

51Itsdie6XL__SX425_.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント

リクエスト

いつも楽しく拝見させてもらってます
いきなりすみません
the crashのpony rideという曲を訳していただけませんか?自分で訳してみたんですけどうまくいかなくて。
train in vainという曲からめったさんのブログを知って、訳された雰囲気がとても好みです
めったさんのブログで紹介された曲でレパートリーがとても増えました!
学校やバイト先には洋楽好きな人がいなくて困っていたんです。
そんなときこのブログに出会ってもっと洋楽が好きになりました!
いきなり長文すみません。
コメントするのは初めてで。
いつも陰ながら応援しています!頑張って下さい!

Pony Ride

ふきさん、コメントありがとうございます!
"Train In Vain"のくだりもあったので、"クラッシュ"の曲を訳して…というお話が"The Clash"にそんな曲あったかなあとしばし考えたり、調べたのち、同じ"クラッシュ"でも綴りは"Crash"のフィンランドのバンドの"クラッシュ"であることにようやく気付きました(^▽^;)。
お恥ずかしながら知らないバンドでした…。でも"Pony Ride"聴きました。なかなか楽しい、そしてカッコいいPOPSですね。PVもオシャレな感じで…!和訳のリクエストは基本的に受け付けておりませんが、なかなか気に入りましたので、しばらく聴いていきたいと思います。
僕の場合、知らない英語の歌詞を訳せるほど、語学力がありませんです(-_-;)。しばし聴いたりするなかで、英訳の神が舞い降りたら…和訳ができることもあります(笑)。気長にお待ちください…!

音楽にも字幕を!

私も先日、「オデッセイ」観て来ました。たまたま「スター・ウォ―ズ」の時間が合わなくて、予備知識無く見たのですが、
ドナ・サマーやアバの曲がBGMで使われていて驚きました。ボウイの「スターマン」も雰囲気合ってましたね!
この曲とか、いくつか知らない曲もあってPCで調べたところでした。
さすが~ここは何でもありますね!(^o^)/
リンクも貼られていらして、すご~い!もうまず めったさんに聞け、な場所ですね♪
音楽も重要なポイントのスカッとする良い映画でした。
ホント、めったさんの訳で音楽も字幕付けばよかったのに!

ラスト一曲!?

mayさん、映画挿入曲で訳してない残り一曲“Turn the beat around”もお届けしましたよ(^o^)。オデッセイは鑑賞後スッキリ!できて良かったです。この“ラブトレイン”も、一人のために世界が協力しあう、いい場面に使われますね。僕はちょっとウルッときてしまいました。歌詞がわかるとなおさら、と思いますね。