Cracklin' Rosie / クラックリン・ロージー (Neil Diamond / ニール・ダイアモンド)1970


(Johnny Cashのショーに出演)

Cracklin' Rosie, get on board
We're gonna ride till there ain't no more to go
Taking it slow
Lord, don't you know
Have made me a time with a poor man's lady

魅力的なロージー 乗ろうじゃないか
二人で世界の果てまで乗っていこう
ゆっくりいこうじゃないか
神よ わかってるかい
しけた男に素敵な女性と過ごす時間を
いただけたことに感謝するよ

Hitchin' on a twilight train
Ain't nothing here that I care to take along
Maybe a song

To sing when I want
Don't need to say please
to no man for a happy tune

黄昏時の列車に飛び乗った
持ち歩く煩わしい荷物は何もない
持ち物は歌くらいさ

歌いたいとき歌う歌
楽しい歌だから
誰に頼んで歌ってもらう必要もないさ

Oh, I love my Rosie child
You got the way to make me happy
You and me, we go in style

Cracklin' Rose,
you're a store bought woman
You make me sing like a guitar hummin'
So hang on to me, girl
Our song keeps runnin' on


ああ 愛してるよ 俺の可愛いロージー
おまえは俺を幸せにする方法を知ってるのさ
おまえと俺 流行を先取りさ

"クラックリン・ロージー"
おまえは店で買える酒さ
おまえと一緒だとギターの爪弾きのように
俺は歌えるのさ
だから 俺と一緒にいろよ なあ
俺たちの歌はずっと続いていくのさ

Play it now
Play it now, my baby

さあ やろう
いま やろうぜ ベイビー

Cracklin' Rosie, make me a smile
Girl if it lasts for an hour,
that's all right
We got all night
To set the world right
Find us a dream
that don't ask no questions, yeah

"クラックリン・ロージー"
俺を笑顔にしてくれよ
なあ もし1時間 続けられるなら
それでバッチリさ
世界を楽しくするには
一晩中あるからな
うるさいことは聞いてこないような
夢をひとつだけ見つけようぜ yeah

Oh, I love my Rosie child
You got the way to make me happy
You and me, we go in style

Cracklin' Rose, you're a store-baught woman
You make me sing like a guitar hummin'
So hang on to me, girl
Our song keeps runnin' on

ああ 愛してるよ
俺の可愛いロージー
アイツは俺を幸せにする方法を知ってるの
おまえと俺 流行を先取りさ

"クラックリン・ロージー"
おまえは店で買える酒さ
おまえと一緒だとギターの爪弾きのように
俺は歌えるのさ
だから 俺と一緒にいろよ なあ
俺たちの歌はずっと続いていくのさ

Play it now
Play it now, my baby

さあ やろう
いま やろうぜ ベイビー

Cracklin' Rosie, make me a smile
Girl if it lasts for an hour,
that's all right
We got all night
To set the world right
Find us a dream
that don't ask no questions, yeah

"クラックリン・ロージー"
俺を笑顔にしてくれよ
なあ もし1時間 続けられるなら
それでバッチリさ
世界を楽しくするには
一晩中あるからな
うるさいことは聞いてこないような
夢をひとつだけ見つけようぜ yeah

Songwriters: DIAMOND, NEIL
lyrics c Universal Music Publishing Group

crackling=パチパチ音をたてること、魅力的な女性たち

Released in 1970
US Billboard Hot100#1(1)
From The Album"Tap Root Manuscript"

394-76-im-Cover-7298.jpg

ニール・ダイアモンドが初めて全米No1ヒットを出したのはソングライターとしてでした。19年のモンキーズの「I'm A Believer」です。そしてシンガーとしての最初のNo1ヒットがこの曲「Cracklin' Rosie」になります。

◆この曲を最初に聴いたのは、リアルタイムではなく、おそらく、ラジオ番組「全米トップ40」のスペシャルプログラムか何かで、時代を彩ってきた数々のヒット曲の一部が次々に流されるなかの1曲。" Play it now、Play it now, my baby…Cracklin' Rosie, make me a smile!"の部分~当時は"Play it now"ではなく"ヘイ、ナウ"だと思ってましたが(^▽^;)~少し歌の速度が落ち、タメを作ったうえで、"♪クラックリン・ロージー、メイクミーアスマイ…!"と歌うのがカッコイイと思いましたね!

neil-diamond-cracklin-rosie-uni-4.jpg

◆"ロージー"は女の子の名前なのですが、実はワインの名前です。この曲のSongfactsから引用します。
"クラックリン・ロージー"はあるタイプのワインの名前です。ニールは、カナダ原住民に伝わる話を聞いたとインタビューに答えました。原住民のなかには男も女も沢山いますが、相手のいない男は火の周りに座ってワインを一緒に飲むそうです。すると、飲んでるローズ・ワインの瓶が"女になる"という言い伝えだそうで、その話がこの曲のインスピレーションとなりました。
"Crackling"とは"パチパチ音を立てる"という意味で、転じて"魅力的な女性たち"という意味もあるようです。したがってこの曲"Cracking Rosie"は、"イカしたお酒"という意味と"パチパチ音のするような魅力的な女性"というダブルミーニングになってるのですね。

"イカしたロージー 俺を笑顔にしてくれ"
"1時間あれば バッチリさ"

は「彼女の笑顔があれば元気になれる」 と「お前(ワイン)があれば1時間楽しんで呑んで騒げるぜ」という2つの意味ですね(^▽^;)。そんな風に訳しました。

Neil+Diamond+Cracklin+Rosie+357138-991.jpg

◆"クラックリン・ロージー"が最高位1位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles Week Ending 10th October, 1970

"クラックリン・ロージー"はダイアナを蹴落して1位に!でも1週のみの天下で翌週は2位からジャクソン・ファイヴの"I'll Be There"に代わられます。こちらは翌週から5週連続No1の大ヒットになります。フリーの"All Right Now"が5位に。9位にはカーペンターズの"愛のプレリュード"が大躍進です。しかし、こちらは最高位2位という運命。"I'll Be There"の壁は厚く、ようやくカーペンターズが首位に…?と思ったところで、パートリッジ・ファミリーの「悲しき初恋(I Think I Love You)」に抜かれて2位のまま。(パートリッジ・ファミリーはこの週はホット100に75位で初登場でした)

-1 4 CRACKLIN’ ROSIE –•– Neil Diamond
-2 6 I’LL BE THERE –•– Jackson 5
-3 3 CANDIDA –•– Dawn
-4 1 AIN’T NO MOUNTAIN HIGH ENOUGH –•– Diana Ross
-5 10 ALL RIGHT NOW –•– Free
-6 5 JULIE, DO YA LOVE ME –•– Bobby Sherman
-7 2 LOOKIN’ OUT MY BACK DOOR –•– Creedence Clearwater Revival
-8 16 GREEN-EYED LADY –•– Sugarloaf
-9 18 WE’VE ONLY JUST BEGUN –•– The Carpenters
10 7 (I Know) I’M LOSING YOU –•– Rare Earth

◆スタジオヴァージョン。ちょっとゆっくりめな印象。
↓↓↓↓↓


◆2008年のライヴから。エンターテイナーのショーですね!ニールはワイルドな声もカッコイイな。
↓↓↓↓↓


◆ニールといえば素敵なこの曲を忘れられません。1983年全米5位のヒット"Heartlight"。キャロル・ベイヤー・セイガーとバート・バカラックとニールが3人で映画「E.T」を一緒に見て、当時結婚していたCarolとBurtのアパートにそのまま行ってそこでこの歌を書いたそうです…。
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Cracklin’Rosie
・Cracklin' Rosie Songfacts
・ビルボード・ナンバー1・ヒット1955-1970上(音楽之友社)

(この曲を購入)amazon.co.jp
グレイテスト・ヒッツ
ニール・ダイアモンド

61fp+KNxDgL__SX425_.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント