Too Much Heaven / 失われた愛の世界 (Bee Gees / ビー・ジーズ)1979



Nobody gets too much heaven no more
It's much harder to come by
I'm waiting in line

Nobody gets too much love anymore
It's as high as a mountain
And harder to climb

これ以上 しあわせな天国には
誰もたどり着けないよ
手に入れるのはさらに難しい
僕は並んで順番を待っているんだ

これ以上大きな愛なんて
誰にも手に入らない
山のように高いところにあって
登るのはさらに難しい

Oh you and me girl
Got a lot of love in store
And it flows through you
And it flows through me
And I love you so much more
Then my life...
I can see beyond forever
Ev'rything we are will never die

ああ きみと僕
沢山の愛を手に入れたね
きみの心へと流れ込み
僕の心へと流れ込む
以前よりもっときみを愛してる
そして僕の人生・・・
僕は永遠の向こうまで見渡すことができ
あるがままの僕たちは死に絶えることはない

Loving's such a beautiful thing
Oh you make my world... a summer day
Are you just a dream to fade away

愛ってそんな素敵なものだろう?
ああ きみがいてくれるから僕の世界がある
それは素敵な夏の日のよう
それともただの夢なんだろうか?
霞んで消えてしまうだけの夢かい?

Nobody gets too much heaven no more
It's much harder to come by
I'm waiting in line
Nobody gets too much love anymore
It's as high as a mountain
And harder to climb

これ以上しあわせな天国には
誰もたどり着けないよ
手に入れるのはさらに難しい
僕は並んで順番を待っているんだ

これ以上大きな愛なんて
誰にも手に入らない
山のように高いところにあって
登るのはさらに難しい

You and me girl
got a highway to the sky
We can turn away from the night and day
And the tears you had to cry
You're my life...
I can see a new tomorrow
Ev'rything we are will never die

ああ きみと僕
空へ続くハイウェイに乗って
夜とか昼とか 泣いて流す涙なんかから
顔をそむけることができるんだ
きみは僕の人生のすべて・・・
きみがいれば新しい明日はやってくる
あるがままの僕たちは決して死んだりしない

Loving's such a beautiful thing
When you are to me, the light above
Made for all to see our precious love

愛ってそれほど美しいものなんだ
きみが僕を天から照らす光になってくれたら
みんな僕らの貴重な愛がわかるだろう

Nobody gets too much heaven no more
It's much harder to come by
I'm waiting in line
Nobody gets too much love anymore
It's as high as a mountain
And harder to climb

これ以上 しあわせな天国には
誰もたどり着けないよ
手に入れるのはさらに難しい
僕は順番を待っているんだ

これ以上 大きな愛なんて
誰にも手に入らない
山のように高いところにあって
登るのはさらに難しい

Love is such a beautiful thing
You make my world a summer day
Are you just a dream to fade away

愛ってそれほど美しいもの
きみが僕の世界を夏の日のようにしてくれる
それともただの夢なの?
消えていってしまう夢・・・

Nobody gets too much heaven no more
It's much harder to come by
I'm waiting in line
Nobody gets too much love anymore
It's as high as a mountain
And harder to climb

これ以上 しあわせな天国には
誰もたどり着けないよ
手に入れるのはさらに難しい
僕は順番を待っているんだ

これ以上 大きな愛なんて
誰にも手に入らない
山のように高いところにあって
登るのはさらに難しい

Nobody gets too much love anymore
It's as wide as a river
and harder to cross

誰もこれ以上の愛を手にすることなど
できはしない
それは川のように幅が広くて
渡りきるのは難しいんだ…

Songwriters: GIBB, BARRY ALAN/GIBB, MAURICE ERNEST/GIBB, ROBIN HUGH
lyrics c Warner/Chappell Music, Inc.

come by=やって来る、手に入れる
in store=蓄えて, 用意して.

Released in 1979
US Billboard Hot100#1
From The Album"Spirits Having Flown"

ToomuchHeaven.jpg

今日は"愛の日"=バレンタイン・デー。"男女の愛"だけじゃない、生きている人達みんなへの愛を歌った曲を取り上げてみました。

◆売れに売れた“Saturday Night Fever”の後ですので、次のアルバム作成とリリースはビー・ジーズのプレッシャーも相当なものだったんじゃないかと思いました。(レコーディングには10カ月要したといいます)
 でもこの“Too Much Heaven(失われた愛の世界)”を聴いたとき、レコードが売れた・売れないというショービジネスとは違った世界で作品を作ったんだなと思いました。それはそれで清々しい感じがする一方で、さすがバリー・ギブ!なんて思ったものです。(僕だけかな)

the-bee-gees-too-much-heaven-rso-3.jpg

◆1978年、ビー・ジーズのマネージャであったロバート・ステッィグウッドの古くからの友人であるデヴィッド・フロストは、ポップス・スターにユニセフ(UNICEF)のための歌を歌ってもらい、その利益をユニセフに役立ててはどうか、と国連のワルトハイム事務総長にアプローチしたといいます。ワルトハイムはその考えに賛同し、"ミュージック・フォー・ユニセフ"が実現の運びとなりました。
ビー・ジーズはフロストの計画を軌道に乗せるべく協力態勢に入りました。そして、彼らの次のシングルの著作権をすべてユニセフに寄付することを約束したのです。
バリーは言います。

地球に住む人々のなかで、もっとも弱く保護するべきは子どもたちであり、その子どもたちのためにミュージック・フォー・ユニセフに参加したいと思うようになったんだ…


51SOXXbni3L.jpg

◆和訳ですが、
"Nobody gets too much heaven no more…"というフレーズがいきなりなかなか難しいですよね(^▽^;)。

直訳すると"誰もこれ以上の沢山の天国を得ることはできない"でしょうか。「天国を得る」というのは意味合いとしては「幸せになる」と言ってもいいかな。また当初は"Too Much Heaven"は、"沢山の天国"、"Too Much Love"を"沢山の愛"と訳し始めたのですが、中学英語を思い出すと、数を数えられるものは"Many"、数を数えられないものは"Much"、と教わったことを思い出しました。だから"Much"が使われているときの和訳は「沢山の」や「一つや二つ」など"数"を表す言葉で訳すと、テストでは×なんだろうなあと思いました(^▽^;)。そういうことから"これ以上 しあわせな天国にはたどり着けない"、"大きな愛は手にすることができない"と訳しました。もう少し洗練した日本語はないものか、という想いもありますが…。
 でも、邦題はなんで「失われた愛の世界」なんだろうな。"愛が失われてる"というようなことを歌った歌詞はないと思うのですが…。でもこの曲では、いましあわせを手にしている人はいるけれど、言外に手にしていない人もいる。しあわせや、こんなに素敵な愛は、この世の生きている人に平等に行き渡るべきじゃないか?と歌っているように思いました。歌の意味からすると…"愛をすべての人に"という邦題はどうでしょうか。(「愛はすべての人に」(Love Comes To Everyone)という邦題はすでにジョージ・ハリスンの歌であるので、「は」でなく「を」にしました…!)

◆"Too Much Heaven"が最高位1位を記録した週の全米チャートです。

US Top 40 Singles For The Week Ending January 6, 1979

シック「おしゃれフリーク」に代わって首位に立ちます。2週連続1位のあと、シックが1位に返り咲き!(強っ)。ビリーの"マイ・ライフ"は最高位3位で無念…(*_*;。6位のドクター・フック「めぐりあう夜」は優しい曲でした。10位リンダ"ウー・ベイビー・ベイビー"はしっとり。ミラクルズのカバーです。

-1 2 TOO MUCH HEAVEN –•– Bee Gees
-2 1 LE FREAK –•– Chic
-3 4 MY LIFE –•– Billy Joel
-4 3 YOU DON’T BRING ME FLOWERS –•– Barbra Streisand & Neil Diamond
-5 5 I LOVE THE NIGHT LIFE (Disco ‘Round) –•– Alicia Bridges
-6 7 SHARING THE NIGHT TOGETHER –•– Dr. Hook
-7 8 Y.M.C.A. –•– The Village People
-8 10 HOLD THE LINE –•– Toto
-9 9 (Our Love) DON’T THROW IT ALL AWAY –•– Andy Gibb
10 11 OOH BABY BABY –•– Linda Ronstadt

◆ああこのライヴ見たかったな・・・Too Much Heaven (Live in Las Vegas, 1997 - One Night Only)
↓↓↓↓


◆同上のライヴから...哀愁のトラジディ(Live in Las Vegas, 1997 - One Night Only)
↓↓↓↓


◆ビー・ジーズとは関係ありませんが、記事の流れから…(^▽^;)。ジョージの"愛はすべての人に(Loves Comes To Everyone)"。1979年のアルバム「慈愛の輝き(George Harrison)」のオープニング曲です。イントロのギターはクラプトン。間奏でのモーグ・シンセサイザーはスティーヴ・ウィンウッドです。
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Spirits Having Flown
・ビルボード・ナンバー1・ヒット1971-1985下(音楽之友社)

(この曲を購入)amazon.co.jp
Ultimate Bee Gees: The 50th Anniversary Collection CD, Import
ザ・ビージーズ

81TuyfFUT8L__SL1500_.jpg

(Bee Gees)
First Of May / 若葉のころ 1969
Melody Fair / メロディ・フェア 1971 
How Can You Mend a Broken Heart / 傷心の日々 1971
Jive Talkin' / ジャイヴ・トーキン 1975 
Love So Right / 偽りの愛 1976
How Deep Is Your Love / 愛はきらめきの中に 1978
Tragedy / 哀愁のトラジディ 1979
Love You Inside Out / ラヴ・ユー・インサイド・アウト 1979
You Win Again / ユー・ウィン・アゲイン 1987


関連記事

コメント

非公開コメント

Too Much Heaven

「Saturday Night Fever」のビージーズフィーバーに続く曲ですので、当然ディスコ系の曲だと思っていたのですが、美しいバラード曲の「Too Much Heaven」がチャートを上がってきた時には以外におもいました、が、やっぱりビージーズはバラードが良い、と妙に納得したのを覚えています。
「Melody Fair」の時代から素晴らしいバラードを生み出し続けたビージーズはほんとに偉大なミュージシャンですね。

奥が深いなあ

"Too Much Heaven"って言葉、しばし考えてみて、なかなか奥が深いなあと感心したりしています。"あふれるほどたくさんの天国(幸せ)"という意味なわけですよね。そしてこの言葉をタイトルにしたうえで、歌詞はこの言葉を否定しています。"Nobody …Too much heaven…no more"。誰も…あふれるほどの幸せ…をこれ以上持ちえない。仮に"Too Much Money"だとしたら、いくらでもお金持ちはいるけれど、特定の個人が持つ"幸せ"って、多ければ多いほど幸せなものなのでしょうか。そうではない、って歌っているように思います。"Heaven"の量は「適切」なのがいいのではないでしょうか。仮にあふれるほどの幸せを手にした人は、そうでない人のために分け与えないとダメだよ…UNICEFを意識した歌詞なのかもしれませんね!名曲です。