I'm Alright / アイム・オールライト (Kenny Loggins / ケニー・ロギンス)1980



I'm alright and nobody worry 'bout me
Why you got to gimme a fight,
can't you just let it be?

俺は大丈夫ださ 心配ご無用だ
なぜケンカを吹っかけてくるんだい?
ただ放っておいてくれればいいのに

I'm alright don't nobody worry 'bout me
You got to gimme a fight,
why don't you just let me be?

俺は平気だよ 誰も構わないでいいさ
ケンカなんてしたくない
どうして放っておいてくれないんだ

Do what you like
doing it naturally
But if it's too easy,
they're gonna disagree

好きなことをやりなよ
自然に振る舞えばいいのさ
でももし それが簡単すぎちゃうと
あたってくる奴らがいるんだ

It's your life
and isn't it a mystery
If it's nobody's business
it's everybody's game

自分の人生なんだ
何もミステリーってわけじゃない
他人の出る幕じゃない
自分が主役のゲームなんだ

Gotta catch you later,
no, no, cannonball it right away
Some Cinderella kid
Get it up and get you a job
Dip dip dip dip dip dip dip dip

"後で追いついてやるぞ"
"いやいや 今すぐ
弾丸ショットを見舞ってやるさ"
"ラッキーなガキどもめ"
"真面目に仕事しろよ!"
Dip dip dip dip dip dip dip dip

I'm alright nobody worry 'bout me
Why you got to gimme a fight,
can't you just let it be?

俺は大丈夫ださ 心配ご無用だ
なぜケンカを吹っかけてくるんだい?
ただ放っておいてくれればいいのに

I'm alright
don't nobody worry 'bout me
You got to gimme a fight,
why don't you just let me be?

俺は平気だよ 誰も構わないでいいさ
ケンカなんてしたくない
どうして放っておいてくれないんだ

Who do you want
and who you gonna be today?
And who is it really
makin' up your mind?

誰を求めてるんだい?
今日誰になるっていうんだい?
本当に自分の心を決めるのは
一体全体誰なんだい?

You wanna listen to the man,
pay attention to the magistrate
And while I got you in the mood,
listen to your
Own heart beatin',
Own heart beatin'
Own heart beatin',
Own heart

アイツの言うことを聞きたいのかい
お偉いさんにゃ気をつけないとな
雰囲気に飲まれてきても
自分自身の心臓の鼓動を聞くんだ
自分自身の鼓動を
自分のハートビートを
自分の鼓動を…

Don't it get you movin', m-m-man
It make me feel good
Wow, Cinderella kid
Then give it up and give it the job
Dip dip dip dip dip dip dip dip

"さあ 踊りたくなってきたろう"
"とてもいい気分さ"
"ラッキーなシンデレラキッドさん"
"そしたらやりたいことやっちゃいますか!"
Dip dip dip dip dip dip dip dip

I'm,
I'm alright, nobody worry 'bout me
Why you got to gimme a fight,
Can't you just let it be?

そう俺
俺は大丈夫 構わないでくれよ
なんでケンカを吹っかけてくるんだい
放っておいてくれればいい

I'm alright don't nobody worry 'bout me
You got to gimme a fight,
why don't you just let me be?

俺は平気だよ 心配ご無用さ
ケンカの相手なんかしてる暇ないさ
どうして
そっとしておいてくれないんだ

I'm alright nobody worry 'bout me
Why you got to gimme a fight,
can't you just let it be?
I'm alright, I'm alright,
I'm alright, just let me be
I'm alright, I'm alright,
I'm alright, just let me be

俺は大丈夫さ 心配しないでくれ
俺のこと構わないでくれ
そっとしておいてくれよ
俺は平気だよ 大丈夫だから
俺は平気だよ 放っておいてくれ
俺は大丈夫 俺は問題ない
俺は大丈夫 そっとしておいてくれ

Songwriters Vassar, Phil
Lyrics © Sony/ATV Music Publishing LLC

disagree=意見が合わない,仲が悪い,あたる
magistrate=行政長官、元首、知事、市長

Released in 1980
US Billboard Hot100#7
From The Album"Caddyshack (soundtrack)"

fl05_convert_20130604000950.jpg

 ケニー・ロギンスの来日公演はラッキーにも3回行ったことがありますが、1番印象に残っているのが、もうなくなってしまいましたが「MZA有明(エムザ有明)」でやったオール・スタンディングのライヴ。そのとき印象的だったのがこの曲"I'm Alright"。楽しくてノリがよくて、あっという間に終わってしまいました!
 途中に掛け声をやり取りするとこと、歌詞を拾うと"Dip dip dip dip dip dip dip dip"となっていますが、耳では「ブンブンブンブン…」と聞こえましたね(笑)。これも楽しい。

◆この曲は1980年の映画「ボールズ・ボールズ(CaddyShack)」の主題歌になりました。

51CBsqH4UcL__SY445_.jpg
*allcinemaから「解説」

名門の誉れ高い“ブッシュウッド・ゴルフクラブ”を舞台に、キャディーのバイトに精を出す高校生達や、極めて濃い性格の金持ち会員達が繰り広げるギャグの数々。後に「ゴーストバスターズ」に俳優で出演したH・ライミスが監督した作品で、全体に散漫な印象は残るものの細かいギャグがかなり笑える。当時まだマイナーだったB・マーレイがコースの管理人に扮し、グリーンを地中から荒し回るモグラと死闘を展開、愛敬のあるモグラ相手に怪演を見せている。また、意外にもSFXが多用されており、「スター・ウォーズ」等のJ・ダイクストラが担当している。主題歌は「フットルース」で当てる前のケニー・ロギンス。

この映画は日本では振るいませんでしたが、「ゴルフ」大好きなアメリカではスゴイ人気で、今でもゴルフ映画としては人気がトップクラスのようですね。タイガーウッズなど著名人も、好きな映画に挙げているようです。「Ⅱ」も1988年に作成されていて、こちらもケニーが主題歌「Nobody's Fool」を歌ってます(^▽^;)

◆この曲のSongfactsから:

ケニーは曲を書く前に映画のラフ・カットを観たそうで、映画に出てくるダニー・ノーマン(Danny Noonan)~明るい未来を思い描いてるキャディ~についてインスピレーションを持ちました。ケニーはSt. Petersburg Times誌にこう語っています。
この人物は自分に合った何かを探そうとしていた。でも同じように、周りの人に自分を構わないでほしくて、自分の道を自分で探させてほしかった。だから僕は彼の性格をつかんで端的に表現しようとしたのさ、それが"I'm Alright"って曲になったんだ。


220px-Kenny_Loggins_Alive.jpg

◆途中の掛け声をかけあう部分、なんか聞いたことある声だなあと思っていたら、エディ・マネーが友情出演していました!彼の声だったんだ!でも、エディは不満なようです。このこともSongfactsに書いてありました。

ケニーのレコーディングスタジオのすぐそばで、エディ・マネーもレコーディングをしていました。ケニーはエディにコーラスを頼んだそうで、エディは了承。レコーディングでは後ろで叫んでいます。でもこの曲のクレジットに自分の名前が出なかったのでエディは不満でした。エディは2014年のテレビのモーニングショーで"僕はケニー・ロギンスのファンじゃないよ。何故って?本当のことを言ってくれないからさ。僕はブリッジ部分で歌ってるんだよ。僕らは同じレーベルの仲間なのにね"と言ったそうです。


エディくん、やっぱりきみはメイビーじゃなくて"Fool"(^▽^;)!? でも、ケニー、エディくんが可愛そうじゃないの!優しいめったさんの記事に登場させてあげますよ。
エディ・マネーさんで「メイビー・アイム・ア・フール」です

maybeimafool.jpg

◆ケニーの曲はしっとり歌う曲とノリのいいライヴ向きの曲も多いです。映画サントラの超有名曲も2曲ありますしね(こちらまだ和訳してないなあ)。ケニーも来日してほしいアーチストの1人です!

◆このライブ(屋外)はなかなかいいな。
↓↓↓↓↓


◆Kenny Loggins at 2007 show in Vancouver.
↓↓↓↓↓


◆映画「ボールズ・ボールズ(Caddyshack)」の予告編(Trailer)。ケニーが"I'm Alright"を書いた登場人物ダニーは主役ってわけじゃないんですね。あと、グリーンキーパーのカール役を演じたビル・マーレイの怪演も話題になったようです。カールはゴルフのホールを地下から荒らすホリネズミ?(Gopher)と知恵比べをしているようです!
↓↓↓↓↓


◆映画「Caddyshack Ⅱ」の主題歌はケニーの"Nobody's Fool"。こちらもノリがいい!
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・allcinema Caddyshack
・I'm Alright Songfacts

(この曲を購入)amazon.co.jp
The Essential Limited Edition, Import, Best of, Double CD
ケニー・ロギンス

81K1-Sh47OL__SX425_.jpg

(Kenny Loggins)
Danny's Song / ダニーの歌 1971 *Loggins & Messina
House At Pooh Corner / プー横丁の家 1972 *Loggins & Messina
Whenever I Call You “Friend ”/ 二人の誓い 1978 * with Stevie Nicks
This Is It / 明日に向かって 1979 
Keep The Fire / キープ・ザ・ファイア 1979
Don't Fight It / サンライズ・パーティー *with Steve Perry 1982
Return To Pooh Corner / プー横丁に帰る 1994
Your Heart Will Lead You Home / ユア・ハート・ウィル・リード・ユー・ホーム2000

関連記事

コメント

非公開コメント

ライブがいい

ぼくもこの曲好きです。特にライブのが良かったですね。
"ALIVE"はとっても好きなアルバムの一つです。
ところで野外ライブの映像で、ドラマーが読売ジャイアンツの帽子かぶってますね。
どうでもいいことですけど(笑)

よく気がつきましたね!

demaさん、確認しました!よく気がつきましたね。ドラマーさんが映るのは複数回あるけれど、どれも真横からなので、ジャイアンツの帽子だとは…!昔は小学生男子の大半はジャイアンツ帽子かぶってましたよね~(ほかの球団の帽子は売っていなかったのもある)。
"I'm Arlight"はバンドもケニーも観客もライヴでノレる曲ですよね。