Baby,Come To Me / あまねく愛で (Patti Austin & James Ingram / パティ・オースチン&ジェイムス・イングラム)1983



(Patti)
Thinkin' back in time
When love was only in my mind,
I realize
Ain't no second chance
You've got to hold on to romance,
don't let it slide

振り返って考えてみると
愛はいつも私の頭のなかにあったわ
そう気づいたの
チャンスは二度とないから
ロマンスの機会を掴んで離さないで
逃しちゃダメよって言い聞かせてたの

There's a special kind of magic in the air
When you find
another heart that needs to share

特別な魔法がまわりの空気に漂うのよ
時を分かち合いたいと思える大切な人を
あなたが見つけたときにはね

Baby, come to me,
let me put my arms around you
This was meant to be
and I'm oh so glad I found you
Need you ev'ry day,
gotta have your love around me
Baby, always stay
'cause I can't go back
to livin' without you

ベイビー そばに来て
私の腕をあなたにまわさせて
こうなる運命なんだから
あなたに会えてとても嬉しいの
毎日あなたを求めているわ
あなたの愛で私を包んでほしいのよ
ベイビー いつもいてほしい
あなたなしで生きる毎日には
もう戻ることなんてできないから…

(James)
Spendin' ev'ry dime
To keep you talkin' on the line
That's how it was
And all those walks together out
in any kind of weather
Just because

小銭を積んで
きみとずっと電話で話していたんだ
いつもそうしてたよね
一緒に話してたことといえば
天気の話とかそんな話ばかりだった
理由なんて特にないけれど…

There's a brand-new way
of looking at your life
When you know that
they'll be standing by your side

でもきみの人生を変える
新しい生き方があるんだよ
そいつはきみのすぐそばに立ってることを
きみが気づけばいいだけなのさ

Baby, come to me,
let me put my arms around you
This was meant to be
and I'm oh so glad I found you
Need you ev'ry day,
gotta have your love around me
Baby, always stay
'cause I can't go back
to livin' without you

ベイビー そばに来てくれよ
僕の腕をきみに回させてくれ
これが僕ときみの運命なんだから
きみに会えてこんなにうれしいのさ
毎日きみが必要なのさ
きみの愛で僕を包んでほしいんだよ
ベイビー いつもそばにいて
もう僕はきみなしでは生きていけないんだ

(James)
The nights can be cold
There's a chill to ev'ry evenin'
when you're all alone

寒い夜が続いてるよ
ひとりでいると
毎晩寒さが身にしみるほどだよ

(Patti)
Don't talk anymore
'cause you know
that I'll be here to keep you warm
(Oh, darling keep me warm)

もう話さないでいいわ
だってわかるでしょ
あなたを暖めるために
私はここにいるんだから…
(ああ僕を暖めてよ…)

Baby, come to me,
let me put my arms around you
This was meant to be
and I'm oh so glad I found you
Need you ev'ry day,
gotta have your love around me
Baby, always stay
'cause I can't go back
to livin' without you

ベイビー そばに来て
私の腕をあなたにまわさせて
こうなる運命なんだから
あなたに会えてとても嬉しいの
毎日あなたを求めているわ
あなたの愛で私を包んでほしいのよ
ベイビー いつもいてほしい
あなたなしで生きる毎日には
もう戻ることなんてできないから…

Baby, come to me,
let me put my arms around you
This was meant to be
and I'm oh so glad I found you
Need you ev'ry day,
gotta have your love around me
Baby, always stay
'cause I can't go back
to livin' without you

ベイビー そばに来てくれよ
僕の腕をきみに回させてくれ
これが僕ときみの運命なんだから
きみに会えてこんなにうれしいのさ
毎日きみが必要なのさ
きみの愛で僕を包んでほしいんだよ
ベイビー いつもそばにいて
もう僕はきみなしでは生きていけないんだ

Baby, come to me,
let me put my arms around you
This was meant to be
and I'm oh so glad I found you
Need you ev'ry day,
gotta have your love around me…

ベイビー そばに来て
こうなる運命なんだから…
いつだってあなたを求めてる
あなたに会えてこんなに嬉しいんだから…

dime=10セント貨

Released in 1983
US Billboard Hot100#1(2)
From The Album"Every Home Should Have One"
(デイライトの香り)

patti-austin-and-james-ingram-baby-come-to-me-qwest-4.jpg

Patti Austinが来日します!
パティがジェイムス・イングラムとのデュエットで全米No1になった"あまねく愛で(Baby、Come To Me)"をお届けしました。

topPatti.jpg

パティ・オースティン 来日記念特集~未だ衰えないシルキー・ヴォイスとその多才な魅力~

◎ビルボードライブ東京:2016年2月28日(日)~29日(月)
◎ビルボードライブ大阪:2016年3月2日(水)

BAND MEMBERS
パティ・オースティン / Patti Austin (Vocals)
アンディ・ウェイナー / Andy Weiner (Keyboards)
キム・ハンセン / Kim Hansen (Keyboards)
デル・アトキンス / Del Atkins (Bass)
トレヴァー・ローレンス / Trevor Lawrence (Drums, MD)

…パティ、なんか今が一番美しく見えますね…(^▽^;)

◆この曲"Baby、Come To Me"は1982年に1度シングルとして発売したのですが、全米ビルボードHot100では最高位73位を記録して圏外にダウンした曲でした。ところが翌年のTV番組「ゼネラル・ホスピタル」の挿入歌として取り上げられたことにより、再びチャートを上昇!18週かけてなんと全米No1になってしまいました(^▽^;)。
「ゼネラル・ホスピタル」は人気のTV番組なんですね(なんと今でも放映している)。この番組からヒットした曲はほかにも、ハーブ・アルパート「ライズ」、クリストファー・クロスの「忘れじのローラ」がありますし、出演していたリック・スプリングフィールドやジャック・ワグナー(全米2位になった"All I Need"を歌いましたね)もスターになりました。

generalrick.jpg

generarjack.jpg

◆パティとジェイムスの出会い?はクインシー・ジョーンズのバック・コーラス。あの「愛のコリーダ」での共演が最初だったようですね。ジェイムスはこの仕事について「ほんのバック・シンガーでしかないと思ってた」と言ってますが、その仕事が評価され全米No1ヒットを出すシンガーになるのですから本人もビックリしたことでしょうね…!
 上にあるビルボードライブのパティの来日記念ページの情報を読むと、マイケル・ジャクソンの「Off The Wall / オフ・ザ・ウォール」(1979年)での「It's The Falling In Love / それが恋だから」でデュエットや、ジョージ・ベンソンの「Give Me The Night / ギヴ・ミー・ザ・ナイト」(1980年)、またジェイムスの傑作「It's Your Night / ユア・ナイト」(1983年)でも重要な役割を担っているようです。

来日公演は「AOR Set」というタイトルがつけられていますが、このあたりの曲もやってくれるのかな。

◆この曲自体もプロデューサーはクインシー・ジョーンズ。そしてこの曲の大ヒットに繋がったおきな要因のもう一つは、、、やっぱり存在感のあるバックボーカル、この人が歌えばすぐわかるというあの声。そう、ドゥービーのマイケルマクドナルドさんの参加も大きいですな!

◆ところで"あまねく愛で"の"あまねく"ってどんな意味?

"あまねく"とは
〔形容詞「あまねし」の連用形から〕
すべてに広く行き渡るさま。すみずみまで。漏れなく。

という意味らいいですぞ(^▽^;)。漢字では「遍く」と書く。

この邦題をつけた方は日本語のボキャブラリーあるなあ。でもなんで「あまねく愛で」になったのかな。"gotta have your love around me"という歌詞で、愛を「遍く」=きみの万遍ない愛で僕を包んで…ってあたりでしょうか。

babycometome.jpg

◆"あまねく愛で"が最高位1位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles For The Week Ending February 19, 1983

"ダウンアンダー"に代わって首位に。翌週も1位を続けますが、次の週は、この週23→6→4位と急上昇のマイケル「ビリー・ジーン」に王座を譲ります。マイケルは7週間1位になります。
マイケルに1位を阻まれた「被害者の会」結成の動きがボブ・シーガーとカルチャー・クラブの間でありましたが、結成には至らず、両アーチストはそれぞれに努力を続け、その後、ボブ・シーガーは"シェイクダウン"、カルチャー・クラブは"カーマは気まぐれ"で全米No1ヒットを出しました!ちなみに「被害者の会」の話はフィクションですよ(^▽^;)。

-1 2 BABY, COME TO ME ??? Patti Austin with James Ingram
-2 1 DOWN UNDER ??? Men At Work
-3 4 SHAME ON THE MOON ??? Bob Seger & The Silver Bullet Band
-4 9 STRAY CAT STRUT ??? The Stray Cats
-5 5 AFRICA ??? Toto
-6 23 BILLIE JEAN ??? Michael Jackson
-7 7 YOU AND I ??? Eddie Rabbitt with Crystal Gayle
-8 18 DO YOU REALLY WANT TO HURT ME ??? Culture Club
-9 19 HUNGRY LIKE THE WOLF ??? Duran Duran
10 10 YOU CAN’T HURRY LOVE ??? Phil Collins

◆こちらが当時のPVのようですね。
↓↓↓↓↓


◆Quincyが紹介!Patti Austin & James Ingram - Baby, Come To Me (Live in Korea 2014)
↓↓↓↓↓


◆パティとジェイムズは映画「結婚しない族(Best Friends)」の主題歌「君に捧げるメロディ(How Do You Keep The Music Playing)」(1983年最高位45位)もデュエットしているんですね。この曲もいい曲だ。
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Billboard Live Webサイト
・ビルボード・ナンバー1・ヒット1971-1985下(音楽之友社)

(この曲を購入)amazon.co.jp
Baby Come to Me Import
パティ・オースチン

pattibaby.jpg


関連記事

コメント

非公開コメント

クインシーの秘蔵っ子!?

クインシーはパティ・オースティンのことを‘彼にとっての理想のシンガー’的なこと言っていたような気がするのですが、最初は大して印象的じゃなかったのでしょうかね?

以前、久しぶりにパティオースティンの映像を見たとき(確か、クインシーの誕生祝い的コンサート)はビックリしました、痩せていて(・o・)

具合が悪くなって、痩せざるを得なかったようですが(苦笑)。

いいかげんでスミマセン(-_-;)

みけたまちびさん、コメントありがとうございます。みけたまちびさんの疑問を受けて、改めて僕が引用した本「ビルボード・ナンバー1・ヒット1971-1985下」(音楽之友社)の「あまねく愛で」のページを見返してみました。すると…僕が間違ってました(^▽^;)。
すでに本文を修正しましたが、「ほんのバックシンガーだと思っていた」という発言は、クインシーがパティに言ったのではなく、ジェイムスが(自分にたいして)つぶやいた言葉でした…!
 「愛のコリーダ」のバックコーラスにパティと一緒に参加した仕事が、当時は「ほんのバックコーラスの仕事」だと思って引き受けたら、これがクインシーとの出会いとなり、こんなに大きな仕事をもらえることになり、全米No1ヒットを歌うクラスのシンガーになれたんだ、というような趣旨の発言でした。(弁解をさせていただければ、原文の英語を訳した文章で、意味がわかりにくい文章だったので←完全な言い訳でしすね 汗)
ということで、クインシー、パティ、そしてジェイムスごめんなさい。みけたまちびさん、ご指摘に感謝。いいかげんな仕事をしてはいけませんね…m(__)m 反省しました。

ほんやくありがとうございます。

"Every Home Should Have One" (デイライトの香り) このCDもってます。なんで買ったのか思い出せないのですけど、
Pattiさんの声というか歌唱は、おどろきます。人間って こんなことできる楽器なんだ感
このアルバム以外に Pattiさんのアルバムがなくて
クイーシージョーンズ プロデユーサーの dude を買った気がします。当時
最近聴いてもPattiさんは なんでこんな歌唱ができるんだと考えてしまいます。
理屈はわからないけど、天才っているんだと思います。

このアルバムの Every Home Should Have One ってなぞかけでしゃれているので、
英語がわかる人にきいてみましたが、、、
日本人の感覚にはあわないとおもってましたけど、2017年の日本はそうでもないですね、、
このアルバムの最初の曲は、Do you love me ?
デビットフォスター師匠のキーボードも地味に主張してて
ルカサー師匠のギターは Patti姉様とはりあってて、ボーカルと互角なギターってたまらん。
1曲目で満腹感を感じるアルバムなので、ジェイムスイングラムスとのデユエットまできけないと思ってたので、
youtubeのビデオみると、Patti姉様がコーラスパートの方を歌ってることに驚きます。
音楽制作って、、、、

No title

kim99さん、アルバムオープニングの"Do You Love Me?"カッコいい、パティの魅力全開ですね。タイトル曲"Every Home Should Have One"はなかではPOPな一曲ですね。
ところで、この曲、日本で人気のあった某グループも歌っていましたね!近日中に記事にします。お楽しみに~。