New York City, Here I Come / 憧れのニューヨーク・シティ (Albert Hammond / アルバート・ハモンド)1974



Give me a smile,
do you know what it's worth?
And if you give me an acre,
I'll give you the earth
And if you give me a start,
I ain't gonna stop
I'll be flying
from rooftop to rooftop to rooftop

僕に微笑んで
そのことに
どんな意味があるか わかるかい?
1エーカーの土地をくれるなら
僕は地球そのものをきみにあげる
スタートのチャンスをくれるなら
僕は決して立ち止まらない
僕は旅立つんだ
屋根から屋根を越えて空高く

If you give me your room,
I'll come home each night
And if you show me the switch,
baby, I'll turn on the light
And if you show me a tear,
I'll give you some hope
I'll have you climbing the walls,
if you give me the rope

きみの部屋に行ってもいいなら
僕は毎晩だって家に行く
きみがスイッチを教えてくれたら
ベイビー 僕が灯りを点けるさ
きみが泣いてるところを見たら
僕はちっちゃな希望をあげる
きみに壁を昇らせてあげるよ
きみが僕にロープをくれるなら

Hang on to your hat, ooh-ooh-ooh-ooh
New York City, here I come
Hang on to your hat, ooh-ooh-ooh-ooh
New York City, here I come

びっくりなんてしない
ニューヨーク・シティ 僕はやってきたよ
驚いたりしないよ
ニューヨーク・シティ 僕はやってきたよ

Show me the park Sunday after lunch
And we'll go back to your room
when it comes to the crunch
And if you give me the day,
I'll give you the night
If you pretend you are sleeping,
I'll put up a fight

日曜のランチの後には公園を案内してよ
いざというときには
きみの部屋に戻るとするかな
きみは昼間を僕にくれたら
僕はきみに夜をあげる
きみが眠ってるふりをするなら
僕も頑張ってそうするよ

Hang on to your hat, ooh-ooh-ooh-ooh
New York City, here I come
Hang on to your hat, ooh-ooh-ooh-ooh
New York City, here I come

驚いたりしない
ニューヨーク・シティ 僕は来たよ
飲み込まれたりしない
ニューヨーク・シティ 僕はここにいる

Hang on to your hat, ooh-ooh-ooh-ooh
New York City, here I come
Hang on to your hat, ooh-ooh-ooh-ooh
New York City, here I come

たじろいたりしない
ニューヨーク・シティ 僕は来たよ
ここで頑張ってみるよ
ニューヨーク・シティ 僕はここにいる

Hang on to your hat, ooh-ooh-ooh-ooh
New York City, here I come...

ここで頑張るのさ
ニュー・ヨーク・シティ
僕はここにいる やってやるさ!

(Albert Hammond and Mike Hazelwood)

acre=エーカー
put up a fight= (人)のために戦う、大いに頑張る
when it comes to the crunch=いざという時, いざと言う時,

Released in 1974
From The Album"Albert Hammond"
(アメリカ物語)

albert-hammond-new-york-city-here-i-come-epic-2.jpg

~本日1/30の東京公演、2/1の大阪公演に行かれる方、ネタばれが含まれてますので、知りたくない方は見ないでくださいね~

◆この曲"New York City,Here I Come"は3曲目に演ってくれました。正直、彼のベストを聴いて予習していったのですが、サビコーラスの部分を聞いて「あっあの曲だ」とわかったのですが、前半とサビコーラスとちょっと展開が変わった感じがするのものこの曲の面白さですね。

◆アルバートのライヴではアルバートがこんなことを話していました。"僕がL.Aに初めて来たときタクシーでハリウッドに向かおうとしたら、なんだか煙っていた(Smoke)のでドライバーに聞いたんだ。すると彼は"Polution(汚染)さ"と笑って答えたんだよ…"!
アルバートは笑いながらその話をして、"みんな一緒に歌ってね!"と2曲目の"ダウン・バイ・ザ・リバー"を歌い出しました。("ダウン・バイ・ザ・リバー"は環境汚染を歌った歌なので)

12573186_925143440887013_957859973988673261_n.jpg

"ダウン・バイ・ザ・リバー"はアルバートがL.Aに来た時書いた曲?
"カリフォルニアの青い空"はスペイン時代の厳しかった生活のことを歌った曲。
"New York City,Here I Come"は彼の体験を歌っているのかな?

R-1297722-1357981003-6074_jpeg.jpg

"Hold (on to) your hat."の意味は、びっくりしないでね 驚かないでね、
という意味だということ。
びっくり( ゚Д゚)!してショックで帽子が飛ばないように、"帽子をしっかり保持しておけ、という意味なんですね。

都会に出ようと決意した彼、そしていま、大都会(NYC)に負けまい、と虚勢を張る彼。でも心のよりどころはYou(彼女さん?)なんですよね。

◆2013年アムステルダムでのライヴ。
↓↓↓↓↓


◆アルバム「アメリカ物語(Albert Hammond)」よりスタジオヴァージョン。こうやって聴くと、若いときのアルバートの声は高く優しい感じですね。
↓↓↓↓↓



(この記事で参考にしたページ)
Albert Hammond Facebook

(この曲を購入)amazon.co.jp
Albert Hammond/99 Miles From La CD, Import
アルバート・ハモンド

61Gw3SbjkJL__SX425_.jpg


関連記事

コメント

非公開コメント