All About That Bass / オール・アバウト・ザット・ベース (Meghan Trainor / メーガン・トレイナー)2014



Because you know
I'm all about that bass,
'Bout that bass
'bout that bass, no treble
I'm all 'bout that bass,
'bout that bass, no treble
I'm all 'bout that bass,
'bout that bass, no treble
I'm all 'bout that bass,
'bout that bass

わかるでしょ?
要するにアタシ あの重たい低音なの
体重も重たいわ
ズッシリ低音なの か細い高音じゃない
要するにアタシ あの重たい低音なの
ぽっちゃり体型なのよ
ズッシリ低音なの か細い高音じゃない
要するにアタシ あの重たい低音なの
すっかりそのまんまなの
ズッシリ低音なの か細い高音じゃない
それがアタシなの

Yeah it's pretty clear,
I ain't no size two
But I can shake it,
shake it like I'm supposed to do
'Cause I got that boom boom
that all the boys chase
All the right junk
in all the right places

そうよ はっきりしてるでしょ?
アタシはサイズ2じゃないの
でも アタシは揺すれるわ
思った通りに身体を揺すれる
ボーンとしたオシリなんか
男の子達みんな追いかけてくるわ
つくべきものだって
つくべきところに付いてるのよ

I see the magazines
working that Photoshop
We know that shit ain't real
Come on now, make it stop
If you got beauty
beauty just raise 'em up
'Cause every inch of you is perfect
From the bottom to the top

雑誌の写真はフォトショップで
修正したものばかり
誰だって知ってるわ ホントじゃないって
そうよ さあ やめましょ?
美しさがあるのなら
その美しさが自ら持ち上がってくるわ
だってあなたの全てがパーフェクト
つまさきから頭までぜんぶよ

Yeah, my momma she told me
don't worry about your size
She says,
boys they like a little more booty
to hold at night

そう ママが言ってたわ
"からだのサイズなんて気にするな"って
こうも言ってた
"男の子が好きなのは夜抱いて寝られる
ちょっと大きめのオシリなの"って

You know I won't be no stick-figure,
silicone Barbie doll,
So, if that's what's you're into
Then go ahead and move along

そうよ アタシは線で書いた絵じゃないの
シリコン製のバービー人形でもないわ
だから あなたそういうのに入れ込むのなら
あっちへどうぞ 他を探してね

Because you know
I'm all about that bass,
Bout that bass
'bout that bass, no treble
I'm all 'bout that bass,
'bout that bass, no treble
I'm all 'bout that bass,
'bout that bass, no treble
I'm all 'bout that bass,
'bout that bass

わかるでしょ?
要するにアタシ あの重たい低音なの
体重も重たいわ
ズッシリ低音なの か細い高音じゃない
要するにアタシ あの重たい低音なの
ぽっちゃり体型なのよ
ズッシリ低音なの か細い高音じゃない
要するにアタシ あの重たい低音なの
すっかりそのまんまなの
ズッシリ低音なの か細い高音じゃない
それがアタシよ

I'm bringing booty back
Go ahead and tell them
skinny bitches Hey
No, I'm just playing
I know you think you're fat,
But I'm here to tell you that,
Every inch of you is perfect
from the bottom to the top

アタシ 大きなオシリを
また流行させちゃうわ
あっちへ行って
痩せこけた女子たちに教えなさいよ
違うわ ふざけてみただけよ
自分が太ってるって
あなたも思ってるんでしょ?
でもあなたに教えてあげるわ
あなたは隅から隅までパーフェクトなの
つま先から頭のてっぺんまで全部よ

Yeah, my momma
she told me don't worry about your size
She says,
boys they like a little more booty
to hold at night

You know I won't be no stick-figure,
silicone Barbie doll,
So, if that's what's you're into
Then go ahead and move along

ママが言ってた
"からだのサイズなんて気にするな"って
こうも言ってた
"男の子が好きなのは夜抱いて寝られる
ちょっと大きめのオシリなの"って

そうよ アタシは線で書いた絵じゃない
シリコン製のバービー人形でもないわ
だから あなたそういうのに入れ込むのなら
あっちへどうぞ 他を探してね

Because you know
I'm all about that bass,
Bout that bass
'bout that bass, no treble
I'm all 'bout that bass,
'bout that bass, no treble
I'm all 'bout that bass,
'bout that bass, no treble
I'm all 'bout that bass,
'bout that bass

わかるでしょ?
要するにアタシ あの重たい低音なの
体重も重たいわ
ズッシリ低音なの か細い高音じゃない
要するにアタシ あの重たい低音なの
ぽっちゃり体型なのよ
ズッシリ低音なの か細い高音じゃない
要するにアタシ あの重たい低音なの
すっかりそのまんまなの
ズッシリ低音なの か細い高音じゃない
それがアタシなの

Because you know
I'm all about that bass,
Bout that bass
'bout that bass, no treble
I'm all 'bout that bass,
'bout that bass, no treble
I'm all 'bout that bass,
'bout that bass, no treble
I'm all 'bout that bass,
'bout that bass…

Songwriters: KADISH, KEVIN / TRAINOR, MEGHAN.
c Lyrics c Sony/ATV Music Publishing LLC

Bass=低音の
Treble=高音の
junk=がらくた,くず物
stick figure=棒線画:胴体・四肢をそれぞれ直線で,頭を円で描いた人物
bring back= (記憶を)呼び戻す,思い出させる,復活させる

Released in 2014
US Billboard Hot100#1(8)
From The Album"Title"

allabooutthatbass.jpg

この曲、2014年の9月30日から11月8日まで8週連続No1の大記録です!何といっても楽しい曲ですよね。
歌ってるメーガン・トレイナーはちょっぴりポッチャリ系の可愛らしい娘です。
その子が自分のことを「Bass」=低音=体重が重い=ぽっちゃり系、「treble」=高音=スレンダーな娘、って比較して歌ってる歌詞も面白いし、グラビアの女性はみなPhotoshopで加工済み、あなたはあなたのままで美しいのよ、と歌ってくれます!
サウンド的には、"Yeah, my momma she told me 、don't worry about your size…"の部分が、ドゥーワップ、ヴーレヴーレ、などポップでよいな。手拍子もいい。

462444393_all-about-that-bass-500x500.jpg

◆メーガンは、この曲をプロデューサー兼ソングライターのケヴィン・カディッシュと共作しました。どんな感じで一緒に作っていったのかというと…

初めて会うケヴィンと今までとちょっと違うことがやりたかったんだけど、そうしたら彼が"All Bass No Treble"というタイトルを挙げてきて、このタイトルから何に例えたらいいかわからないって言ったのよ。それで私は自分のボディに対するコンプレックスや自信の無さにまつわるテーマを思い出して"All About That Bass"にしようって提案したの。そして1時間後には曲が出来上がったわ。


やっぱり「現代娘」が自分や自分世代の女子たちの想いを曲にした、っていうのが良かったんでしょうね!But、国内盤の邦題には「オール・アバウト・ザット・ベース」に"わたしのぽちゃティブ宣言!"って副題がついてますね…ムムム、これはどうかなあ…(-_-;)。

◆デビューアルバムのタイトルがなんと"タイトル"!? メーガンがあっけらかんとして言います。

レコード会社の人から"タイトルが必要"ってずっとせっつかれていて、"Title"ってタイトルの曲がちょうどあったので"タイトルならあるわよ!"って言ってこのアルバムタイトルに決まったの。もう"放っておいて!"みたいな感じよね(笑)



510230-screenshot.jpg

◆アルバム「タイトル」の曲たちは、共作の作品は多いものの、メーガンが全曲作ったものです。メーガンが他のアイドル?シンガーとはやっぱり違う!のは、ソングライターとしての才能でしょうか。これからの活躍も期待したいですね。

2015年にはチャーリー・プースとのデュエットを聴かせてくれました!"Let's Marvin Gaye and get it on!"

◆和訳ですが、"I'm all about that bass"の"all about"をどう訳すかちょっと手こずりました。
“all about”
1.周囲をぐるりと
2.~に関する全て
3.~が全てで、全て~次第で、要は~で

なんて意味であることから、"要するにアタシはあの重たい低音なのよ""(それがアタシ自身)すっかりそのまんまなの"なんてニュアンスを入れて和訳をしました(^▽^;)

◆"All About That Bass"が1位を記録した週の全米チャートです。
全米ビルボード Hot100 2014年9月20日付

テイラー・スウィフトの1位に代わってメーガンが1位に。サム・スミス、MAGIC!、Maroon5とちょっと知ってる曲が多いな。

-1 2 All About That Bass / Meghan Trainor
-2 1 Shake It Off / Taylor Swift
-3 3 Anaconda / Nicki Minaj
-4 4 Bang Bang / Jessie J, Ariana Grande & Nicki Minaj
-5 6 Black Widow / Iggy Azalea Featuring Rita Ora
-6 5 Stay With Me / Sam Smith
-7 8 Rude / MAGIC!
-8 7 Break Free / Ariana Grande Featuring Zedd
-9 11 Maps / Maroon 5
10 9 Chandelier / Sia

◆2014年の年間チャート(Year End Chart)ではメーガンは堂々8位!(8週連続No1なんだからもう少し上?かと思ってました)

2014 yearend

◆Meghan Trainor - All About That Bass (2015 New Year's Rockin' Eve)
↓↓↓↓↓


◆メーガンはウクレレ、アコースティックバージョンです。なかなかいいな。
↓↓↓↓↓


◆"All About That Bass"の替え歌で"All About That Change"!メーガン本人とJames Corden(英国のコメディ俳優)です。
↓↓↓↓↓


◆おおっこれは SMAPxSMAP に出演したときのものだな。SMAPの番組にはプロモーション来日の洋楽アーチストがよく出るんだよな。(SMAP解散しないでね)
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・CD「タイトル」国内盤ライナーノーツ(新谷洋子さん)

(この曲を購入)amazon.co.jp
タイトル
Meghan Trainor

61gLDt2PU+L.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント