Only Wanna Be With You / オンリー・ウォナ・ビー・ウィズ・ユー (Hootie & The Blowfish / フーティー&ザ・ブロウフィッシュ)1995



You and me
We come from different worlds
You like to laugh at me
When I look at other girls
Sometimes you're crazy
And you wonder why
I'm such a baby
'Cause the dolphins make me cry

おまえと俺
それぞれ違った世界から来た二人
俺がほかの女の子を見てると
おまえは俺を見て笑うのが好きなのさ
ときどきものすごく面白がったり
ときには不思議がったりするのさ
だって俺はそんなガキだから
ドルフィンズのことで
泣いたりしちまうヤツなんだ

Well, there's nothing I can do
I've been looking for a girl like you

ああ 俺にできることは何もない
おまえみたいな女の子を
ずっと探していただんだよ

You look at me,
You got nothing left to say
I'm gonna pout at you
until I get my way
I won't dance,
You won't sing
I just wanna love you,
but you wanna wear my ring

俺のことを見ると
おまえはあきれてものが言えないんだ
俺は自分の思う通りじゃないと
おまえにふくれっ面だからさ
俺はダンスもしない
おまえは歌も歌わない
俺はおまえが純粋に好きなだけ
でもおまえは俺と結婚したがってる

Well, there's nothing I can do
I only wanna be with you
You can call me your fool
I only wanna be with you

ああ 俺のできることはないよ
おまえと一緒にいたいだけ
俺のことバカだって言ってかまわない
俺はおまえと一緒にいたいだけ

Put on a little Dylan
Sitting on a fence
I say, "That line is great."
You ask me what it meant by

ディランの曲をかけてみる
フェンスの上に腰掛けて
俺が"歌詞がいいんだよな"って言うと
おまえが意味を聞いてくる

"Said I shot a man named Gray
Took his wife to Italy
She inherited a million bucks
And when she died it came to me
I can't help it if I'm lucky"

「こんな話がある
グレイって男を撃ったんだ
そいつの妻をイタリアに連れてった
彼女は百万ドルを相続したけど
死んじまったんで
お金は俺のものになったのさ
幸運なヤツならそんなこともある」
ってそんな歌さ

I only wanna be with you
Ain't Bobby so cool?
I only wanna be with you

俺はおまえと一緒にいたいだけ
どうだいすごくクールだろ?
俺がおまえと一緒にいたいだけ

Yeah, I'm tangled up in blue
I only wanna be with you
You can call me your fool
Only wanna be with you

そうさ "ブルーにこんがらがって"
俺はおまえと一緒にいたいだけ
おまえには俺のこと
バカって呼んでもらってかまわない
おまえと一緒にいられるのなら

Sometimes I wonder
if it will ever end
You get so mad at me
when I go out with my friends
Sometimes you're crazy
And you wonder why
I'm such a baby,
yeah The dolphins make me cry

ときどき自分でも考えるのさ
終わりが来ることってあるのかな?
おまえはカンカンに怒ったよな
俺が仲間たちと外をふらついてた時
ときどきおまえをキレさせたり
ときには心配させたりしてしまう
俺はそんなガキだから
ドルフィンズのことで
泣いちまったりするヤツなんだ

Well, there's nothing I can do
Only wanna be with you
You can call me your fool
I only wanna be with you

ああ 俺のできることは何もない
俺はおまえと一緒にいたいだけ
バカだって言っていいよ
おまえと一緒にいたいだけなんだ

Yeah, I'm tangled up in blue
I only wanna be with you

ああ ブルーにこんがらがって
俺はおまえと一緒にいたいだけ

I only wanna be with you
I only wanna be with you
I only wanna be with you
I only wanna be with you

俺はおまえと一緒にいたいだけ
俺はおまえと一緒にいたいだけ

Songwriters
DARIUS RUCKER, DEAN FELBER, JIM SONEFELD, MARK BRYAN
Lyrics c Sony/ATV Music Publishing LLC

pout=口をとがらす,ふくれっ面をする
get one's way=〔わがままなどで〕やりたいようにする

Released in 1995
US Billboard Hot100#6
From The Album"Cracked Rear View"

hootieand157384.jpg

オープニングのPV、スポーツニュースが始まったと思ってビックリ(゚Д゚;)したでしょう。そういう作り、なのです。

◆フーティ&ザ・ブロウフィッシュは1996年のグラミー賞でBest New Artistを受賞。このときノミネートされていた他のアーチストはアラニス・モリセット、ブランディ、ジョーン・オズボーン、シャナイア・トウェイン。このメンバーからよく受賞したなあと思います。本命はシャナイアで、ダーク・ホースがアラニスって感じだったろうな。

Hootie__the_Blowfish_-_Cracked_Rear_View.jpg

◆この曲「Only Wanna Be With You」はデビューアルバムからの3枚めのシングル。"Hold My Hand"が全米10位、"Let Her Cry"が全米9位、そしてこの曲は最高位が全米6位と彼らの最大のヒットとなりました。

ボブ・ディランが歌詞に出てきます。ディランに詳しい人は曲を聴いて、ニヤリ(^^)。歌詞のなかでフェンスに腰掛けて流したディランの曲は、1975年のアルバム「Blood On The Tracks(血の轍)」だったのでしょうね。

1414687722529.jpg

彼女に意味を聞かれて彼が解説する"グレイという男を撃って…"はディランの「Idiot Wind(愚かな風)」からの一節。もともと「Idiot Wind」のなかでも、"They say…"と歌っており、"こんな話がある"という劇中劇のような引用をされています。
また"Tangled Up In Blue"は"ブルーにこんがらがって"…全米31位も記録した有名曲です。

僕はこの2つまではわかったのですが、ウィキペディアによるとsittin' on a fence"という箇所も「血の轍」収録の「You're A Big Girls Now(きみは大きな存在)」からの引用であるとのこと。えっそんな歌詞あったかなと思って調べてみたら、"Bird on a horizon sitting on a fence"とありました。この「地平線の鳥"がフェンスに止まっていて歌を歌うのですが、これがまるで俺みたいさ…とかなり詩的な歌詞です!気づきませんでした。

"The dolphins make me cry"は"イルカの話で泣いてしまう"って"優しすぎるヤツってことかな?と思ったのですが、これはフットボールチーム"マイアミ・ドルフィンズ"のこと!ボーカルのダリアスのお気に入りのチームで、冒頭のPVにはマイアミ・ドルフィンズのクォーターバックであるダン・マリーノが出演しているんだって。

dolphinzs.jpg

275px-Miamidolphins_uniforms13.png

ですので、この曲はメンバー、とくにボーカルのダリアスが好きなアーチストや曲、チームなどを詰め込んだ、ストレートなラブ・ソングってことなのかな。

◆えっこれは知らなかったな。「Only Wanna Be With You」でディランの曲を取り上げたことが「不正使用」ということでディラン側ともめたらしい(^▽^;)。確かに引用としては長いし、ディランをリスペクトした歌だといっても、ディランの作品はもう一人歩きしてレコード会社のものだからな…。(現在はもう和解しているとのこと)

◆"Only Wanna Be With You"が最高位6位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles For The Week Ending October 21, 1995

マライアの"ファンタジー"が1位。マイケルとジャネットの兄妹がランクイン。TLCの"Waterfalls"も問題作でした…。

-1 1 FANTASY –•– Mariah Carey
-2 2 GANGSTA’S PARADISE –•– Coolio Featuring L.V.
-3 4 RUNAWAY –•– Janet Jackson
-4 5 KISS FROM A ROSE –•– Seal
-5 3 YOU ARE NOT ALONE –•– Michael Jackson
-6 7 ONLY WANNA BE WITH YOU –•– Hootie & The Blowfish
-7 6 WATERFALLS –•– TLC
-8 8 AS I LAY ME DOWN –•– Sophie B. Hawkins
-9 9 BROKENHEARTED –•– Brandy
10 12 TELL ME –•– Groove Theory

◆途中でドリンクを飲んだりして…この気取らない感じで人気が出たんだろうな。"Only Wanna Be With You" Live performance from 1995
↓↓↓↓↓


◆彼らの最初のヒット"Hold My Hand"
↓↓↓↓↓


◆ディランの" Tangled Up In Blue"(ブルーにこんがらがって)。歌い出すだけで観客がギャッと叫びます。ローリングサンダーレビューのライヴから。
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Hootie & The Blowfish
・Wikipedia Only Wanna Be With You
・Wikipedia Blood On The Tracks(血の轍)
・Wikipedia Miami Dolphins

(この曲を購入)amazon.co.jp
Best of Hootie & The Blowfish 1993-2003 (Ocrd) Import
フーティー・アンド・ザ・ブロウフィッシュ

51Z2B4417FL.jpg
関連記事

コメント

非公開コメント